《フィデリオ》終了!

d0047297_2295034.jpg

d0047297_2295011.jpg

ドイツから帰国してこの3週間、「フィデリオ」がとりついたかのように、半分狂ってBeethovenと戦い続けました…

ようやく先程解放されたところです。

ホテルで荷造りを済ませ、やっとほっと一息つきました。


今回の公演はシングルキャストで、たった1週間しか稽古がなく、ほとんどの方が初役…

暗譜はもちろんのこと、台詞も体に入るまでの稽古時間がなく、本当に血眼になって覚えてました。

こんな状態では、寝たくても頭の中で台詞や音楽がノンストップで廻ってしまい…布団の中でうだうだなんて夜も。


本番当日しかホールで練習出来ないということで、当日衣裳を着けて通し稽古をしてから、夜本番というキャストだけでなく、オケも合唱も指揮者も裏方さんにとっても、ハードな一日でした。

私にとってマルツェッリーヌは大変な役で、本番ではついつい力んで頑張りすぎてしまいましたが、ドイツでレッスンを受けている時は、アリア一つ歌うだけで汗だくフラフラになっていたことを思い出すと、なんとか前半30分歌い切れて本当によかった~


レオノーレ役のN河さんには、稽古場でのアドバイスだけでなく、地方巡業にはどのような準備が必要なのかといったことまで教わりました!

地方巡業は慣れているつもりでしたが、まだまだ詰めが甘かったです!

マエストロは大学時代の同級生、S藤さん。
彼の指揮で歌うのは10年以上振り!!不安をなるべく取り除くように配慮してくれたりして、技術の進歩はもちろんのこと、マエストロとしての人間性に温かみがより増していて、私もこのように成長したいと刺激を受けました。


さて、明日東京へ戻り、日曜は「ロバの王子」です。
Beethovenが体から抜けるといいけど…
[PR]
by Mihokohoshi | 2009-07-25 02:29 | 演奏会報告