ロバの王子 in 武蔵野市民文化会館

子供たち向けの演奏会は朝が早いですよね。
午前中のほうが、子供って集中力があるんだそうで。

日曜、武蔵野市民文化会館小ホールで行われた「ロバの王子」は4歳以上から入場できるファミリーコンサートでしたので、10時半~と15時~の2回公演でした。

可愛い子供たちが楽しみにしているんだったら、朝6時起きであろうと、10時半から演奏会であろうと、2回公演であろうと、ノドと体が疲れていようと、子供たちの笑顔のために頑張ろうって思えます!

d0047297_17275178.jpg8時半に会場入りして、子供たちに喜んでもらえるように、まずはお姫様に変身~!
ドレスはもちろんのこと、お姫様アイテムに欠かせないティアラと巻き毛もトッピング。
ついこの間までは10時頃ムクっと起きる生活を名古屋のホテルでしており、完全に夜型だったので、午前の公演に身体を合わせることが大変でした。
でも子供たちの顔を見れば、なんだって頑張れるのです。


d0047297_17303419.jpg私の姪っ子たちに聞かせるつもりで、ゆっくり丁寧に語り、選曲も昨年の公演より有名で親しみやすい曲にしました。

写真は午後の部の様子。
大パイプオルガンの演奏で演奏会がスタートしましたが、オルガニストのM居さんが足鍵盤のみで弾く箇所になると、会場からは「足、足!」と驚く声も!
オルガンの横にある2つのスクリーンには、ぬくもりのある手書きのイラストが20枚映し出されました。
子供たちは静かにお行儀良く物語と演奏を聴いてくれ、中には連日の熱帯夜で眠れないお父さんや子供たちがスヤスヤ眠っている姿も。リラックスしていただけたようでよかったです。

今まで2回公演はどうしても集中力が切れてしまい、難しいなと思っていたのですが、最近いろんな方たちが公演の前に体を横にして休ませるという話を聞いていたので、思い切って公演と公演の間、ソファーに横になってみました。少しウトウトっとしましたが、これがすっきりして効果覿面!これからもやってみようと思います。

d0047297_17492529.jpg演奏会の後は、子供たちのみオルガンに触れるという体験コーナーが!!
鍵盤に触れて音が出ると、笑顔になってアシスタントのお兄さんを見る子もいれば、恐る恐る鍵盤をなでる子、知っている曲を弾いてみる子・・・と様々でした。
舞台袖でその様子を見守っていると、「大きくなってお姫様になったらこのドレス着たい!」なんて言ってくれた女の子もいましたし、ちゃんと「一緒に写真撮ってください」って自分でお願いできる子もいました。

無事に公演を終え、帰宅してリラックスしていたら、緊張の糸が切れたのと同時に声帯も切れてしまったのか声が出なくなってしまいました!!よかった、公演中に起こらなくて・・・。

今朝耳鼻科に行って診ていただいたら、症状は軽いのに声の嗄れ具合が酷いので、よく休むように言われました。やっぱり強行スケジュールすぎました。今週は心と体をゆっくり休めます!!
[PR]
by mihokohoshi | 2009-07-27 17:58 | 演奏会報告