舞台復帰コンサート@稲沢

d0047297_00786.jpg10月30日、私の故郷であります愛知県稲沢市にて、無事に舞台復帰をしてまいりました。
産後3か月半での舞台復帰はいろいろな意味でちょっと早かったかな、と感じておりましたが、地元稲沢で、いつも歌手としての私の成長を温かく見守ってくださる稲沢混声合唱団の皆様との舞台を復帰に選んで、本当によかったなと思っております。

2年に1回の定期演奏会を楽しみにしてくださるお客様も本当に温かく客席から見守ってくださり、笑顔で耳を傾けてくださいますので、今年もまた気持ちよく歌うことができました。

前日までTVでは「大型台風の直撃が〜〜!大雨と強風には注意を!!」と叫んでいました。
私も父も「明日大丈夫かな。ちょうど本番の時間あたりが一番危険なんじゃないの?お客さん減っちゃうね」と心配していました。
しかし母親だけは天気図を見て、「なにがなにが!このコースなら風も雨のないわ!」と平然と構えておりました。

すると、当日は本当に風も雨もほとんどなく、台風はどこに行っちゃったの?というぐらい穏やかな天気に!!!おかげさまで満員のお客様の前で歌うことができました。恐るべし母の経験と勘。

息子も結構晴れ男なんです。お食い初めの時も前日まで雨の予報だったのですが、快晴で気温急上昇でしたし、今回も台風を寄せ付けないこの強さ。うらやましい。新幹線で東京から名古屋へ息子と一緒に移動するのは大変(特に今回は雨が降っていましたし・・・)ですが、これからも息子の「晴れ男力」に頼ることとしましょう。

さて半年振りの演奏会。
・・・ということは、ドレスを着るのも、髪をセットするのも、舞台用の化粧をするのも半年ぶりというわけで、ちょっとその辺、勘が鈍っておりました。特にドレスの裾さばきがダメになってしまって、歩くと裾を踏みそうになってしまうので、舞台袖では動物園のライオンさんのように、左右行ったり来たりと歩く練習。意外と忘れてしまうものなんですね。

お客さんの前で歌う感覚は、9月に一度発表会で歌っていたこともあり、すぐに取り戻すことができました。これも温かく見守ってくださる稲沢の皆様だったからだと思います。本当にありがとうございました。

次の演奏会は12月5日、東京・杉並公会堂です。1ヶ月ありますので、今回の演奏会の反省を踏まえて臨みたいと思います。曲目はふたたびモーツァルトで「レクイエム」ほかミサ曲など盛りだくさんです。

また12月5日は、ラ・フォンテヴェルデのファーストCDが発売される日でもあります。こちらもどうぞお楽しみに!!
[PR]
by Mihokohoshi | 2010-10-31 00:00 | 演奏会報告