第13回La Fonteverde定期演奏会

ハクジュホールにて、「ルカ・マレンツィオの芸術」を歌ってきました。

最初にミドリさんから「演奏会を開くべきか迷い悩みました。でも私たち歌手は歌い続けていくことが大切だと思い、開催を決定しました」とのメッセージがアナウンスされました。

お客さんからは「たくさんの演奏会がキャンセルになってしまって・・・今日はとても楽しみに来ました。ありがとうございました」という言葉をいただき、私たちこそ、この状況の中、ホールまで足を運んでくださったお客様に、心より感謝いたしております。
今回のチケット収益、TシャツやCDの収益の中から一部を義援金として被災地へ送ることになっております。また詳しく分かりましたらご報告させていただきます。

d0047297_16583837.jpgさて6月のような暑い中、メンバーは汗を流しながらホールへ到着。
さっそくリハーサルを行いました。

本番でも一番よかったのが、この男性のみのアンサンブルです!!
舞台上で聴いていても震えました。素晴らしかったです。男性だけの声の魅力ってお互いの声が共鳴しあって、女性だけでは出せない響きがすることですね。感激しました。

今回はしっかり練習したつもりでしたが、もっと歌いこみが必要だったのかなと思います。
同じ曲を何度も何度も舞台にかけて、回数を追うごとに音楽が深みを増していくこともあります。モンテヴェルディのマドリガーレは何度も歌い、毎回新しい発見をしながらCD録音に臨み、録音の後もアイディアが尽きることなく、より新しい音楽へと変化していっているので、マレンツィオも機会があれば何度も歌って行きたい曲だと思いました。

たくさんのお客さまのご来場、本当にありがとうございました。

そして朝岡さんの楽しいお話もお客様をマドリガーレの世界へと引っ張ってくださいました。ありがとうございました。


さて次回のLFVは6月5日の横須賀芸術劇場での「男祭り」再演です。私も聴きに行きたいと思っています。

そして7月27日と29日には、初台の近江楽堂にて「チャリティーコンサート」を行うこととなりました。曲目はヴィクトリアの「レクイエム」です。1日2回公演の合計4回の公演を行います。ハードスケジュールですが、1人でも多くのお客様に聴いていただき、少しでも多くの義援金を送ることができるのなら!!と、LFV全員が思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by Mihokohoshi | 2011-04-29 16:58 | 演奏会報告