支援金など

d0047297_117347.jpg

(コンサート最後に聖歌隊の皆さんと一緒に「主よ人の望みよ喜びよ」を歌いました。)


今朝はドイツの夏の朝を思わせるように、涼しくすがすがしい空気でした。
むしむし暑さは一時お休みといったところでしょうか。クーラーなしでも暮らせる気温、空気は気持ちがよいです。

東北では記録的な猛暑の中、クーラーもない生活をしていらっしゃると報道されています。
「クーラーが効かない」「蒸し暑い」などと言うことも罪のように感じられます。

先日の「海の日」、教会には約200名のお客様が聴きにいらしてくださり、支援金も27万円ほど集まりました。
支援金は全額「日本キリスト教団東北教区東日本大震災支援センター」へと送らせていただきます。
ありがとうございました。

東北教区には約70の教会が所属しており、その中の半数以上約40の教会が被災にあいました。そして約20の教会が甚大な被害を被ったと伺いました。この支援金が少しでもお役に立てればと思います。

さて、次は7月27日、29日に初台・オペラシティ内にあります近江楽堂にてラ・フォンテヴェルデのチャリティーコンサートが行われます。
80席限定、1公演1000円ということもあり、ほぼ完売ですが、29日15時~の公演はまだチケットがあるようです。

ビクトリアの「レクイエム」は45分歌い続けるハードな曲。それを1日2回、合計4回公演を行います。
息子がご飯に集中して食べられる時間は5-10分なんだとか。大人になったから45分は集中できそうなものですが、1日2回公演となるとはたしてどうなることか・・・
拍手もなく、途切れることのない「レクイエム」は儚いほど美しい音楽ですが、アカペラに要する集中力は計り知れません。

ラ・フォンテヴェルデがアカペラのみで4回公演に挑戦することが、被災地へのエールにもなるように思われました。被災地を思い、被災地のために、がんばります。
今日もこれから練習です。

主人→息子とうつった鼻風邪は期待を裏切らず私にもうつりました・・・
[PR]
by mihokohoshi | 2011-07-21 11:11 | 演奏会報告