結婚カンタータ@東京文化会館小ホール

d0047297_22402054.jpg最後は12月21日(水)19時〜、東京文化会館小ホールにてアンサンブルロココのクリスマスコンサートでバッハのソロカンタータ「結婚カンタータ」を歌わせていただきました!

結婚カンタータを歌うのは2005年12月2日以来2度目。初めて歌った時の素直な感想が、コンサート「わが魂は頌め讃う」に残っていました・・・
留学を終えて、プロの歌手としてもがき出した頃です。若かったなぁ。

2005年の時、ご一緒させていただいたオケのメンバーが「アンサンブルロココ」の方々でした。
それがきっかけで、6年経った今回、「アンサンブルロココ25周年記念のクリスマスコンサートで、また一緒に結婚カンタータを演奏しませんか?」とお声をかけていただきました。
お話をいただいたのが丁度1年前で、生後5ヶ月のふにゃふにゃな息子を左手に抱え、携帯を肩と耳に挟みながらあまりの嬉しさに「是非お願いいたします!!」と叫んでしまい、息子がぎゃーーっと泣いたと記憶しています。そのぐらい嬉しかったのです。

気合いが入っていたにも関わらず、なかなか練習できなくてイライラしたことも・・・。主人はそんな私を見ていたのか、「練習するために5日間だけ実家に帰りたい」という無茶な申し出も、「行っておいで」と気持ちよく送り出してくれ、おかげで11月下旬は実家でじっくり練習をして音楽のイメージを膨らませることが出来ました。
練習したいという思いが強かったのは、6年ぶりにご一緒してオケの皆さんに「変わっていない、成長していない」と思われたくなかったのかも知れません・・・

そんな不安は最初の練習で消されました。「先生」と呼ばれる方々ばかりのアンサンブルロココのメンバーですが、過去とか上手下手なんて関係ないんです!「今」そこにある音楽をしようという思いがとても強くて、私もあっという間に引き込まれました。「今」を大切にして、毎回違う音楽が流れていて、決まり事なんてほとんどないんです。「あーしなくては、こーしなくては」がなくて、毎回一通り歌って、「いいですよね。問題ないね」で終わり。各自がやりたい音楽を思う存分することが大切なんだと感じました。

本番は思いっきりやりたいことを全部歌って来ました。もちろん思いが空回りして声のコントロールが出来ずに自爆した箇所もありましたけど、気持ちよく歌うことができました。
アンサンブルロココの皆様、本当にありがとうございました。

6年前と比べて、ちょっとは成長できて嬉しかった!!
[PR]
by Mihokohoshi | 2011-12-22 22:40 | 演奏会報告