1歳9ヶ月

d0047297_22251395.jpg最近はべらべらしゃべるようになり、朝から晩まで叫んでいます。
もちろんまだ発音がはっきりしませんし、単語をならべているだけですが、一生懸命状況を説明しています。

週末パパと一緒にスペーシアに乗って日光に行ったら、スペーシアの中で頭をぶつけたようで、「ぱぱぱぱ、ぱぷぱぷ(スペーシアのことはパプパプなのです。)、ごっちん!!」と会う人すべてに話しています。

トイレに行くことは怖がらず水が流せることが楽しいようで、誘えばついて来て補助便座に座り、小が出ると「でーたー!」と拍手をして、誇らしげに水を流します。「パンチュ、パンチュ」とパパみたいにパンツが履けるようになることを夢見て頑張っています。

教育番組の音楽にお気に入りが出来て、それを何度も繰り返し聞いて踊っています。おかげで私の頭の中にもエンドレスで流れています・・・

ママの歌の練習は相変わらず嫌いで、歌い出すとたたたたっと近寄って来て「ママッ!」と怒ります。なぜに・・・。いつになったら慣れてくれるのかなぁ。

毎日クラビノーヴァにさわり、私が録音したアニメソングに合わせて「めーー(羊のまね)」と声を出したり、鍵盤を叩いて弾いているつもりになっています。弾く姿もだんだん形になってきました。

公園で遊ぶお友達も出来、「ばんばんこ(じゅんばんこ)」と言いながら滑り台を滑っています。意味は分かっていないみたいですが、滑り台に登ると「こーく、ばんばんこ」(コー君、順番こだね)と言います。

「かーしゃん、だいじ、とーしゅん」は、「お母さん、大好き、お父さん」という意味ではなく、「おかあさんと○○」で20秒流れる新幹線が見たい!トーマスも見たい!」ということなんです。残念なことに。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-04-11 22:25 | 結婚・妊娠・育児