悲しみのダウランド@ハクジュホール

再び気候が3月に逆戻りしてしまいました。穏やかな春の温かさに慣れてしまった身体に冷たい雨と風が堪えます。風邪をひかないように今夜はお鍋に決まり!

4月19日(金)も冷たい風が吹く曇りのお天気でした。小雨もぱらつく中、会場には満員のお客様が!本当にありがとうございました。

La Fonteverdeがダウランドを歌うのは初めて(のはず・・・)。メンバーの中には何度も歌ったことがある人もいましたが、私は初めてで、まず英語の特訓から始まりました。穏やかに弾かれる子音と独特な母音に苦しみましたが、少しでも英語らしく歌いたい一心で頑張りました。

そして楽器の皆さん「ザ・ロイヤル・コンソート」(コンソートconsortは、楽器のアンサンブル、合奏)と一緒の練習がみっちり3日間あり、しごかれました(笑)。
歌の練習とはまた違った楽器によるアプローチが新鮮で、いつも気にしない箇所を指摘されたりととても勉強になりました。この経験を今後のLFVに生かしていきたいと思っています。

歌う曲は少しでしたが、とても充実した一週間となりました。

d0047297_17545985.jpg

[PR]
by Mihokohoshi | 2013-04-20 18:05 | 演奏会報告