Early Summer Concert@東洋英和女学院

5月25日は雨が降りそうな曇り空でしたが、幸い涼しい一日となりました。

LFVの録音を終え、身体と喉がモンテヴェルディ使用になっているので1日ゆっくり休息して、次の日カンタータの練習をして、いざ本番・・・となるところが、息子が発熱!!きっと4月末から続いた私の仕事を引き受け続けていたのでしょう。3日間私と離れてちょっと頑張ったのかも知れません(大好きなパパと一緒にいられたのですが・・・)。

当日のリハーサルでは、「あれ??ビブラートのかけ方、わからなくなった??」というぐらい16世紀マドリガーレに没頭していたんだなと実感。イタリア語の発音にも注意していたので、ドイツ語の発音もピンとこなくなっていました。
それでも丁寧にリハーサルをしていただき、本番を迎えることができました。

ただ、練習できなかったという不安を抱えながら舞台に立つと、「大丈夫。」と言い聞かせても、緊張して体が震えてしまいます。今回は久しぶりに楽譜を持つ手が震えてしまうぐらい緊張してしまいました。
もっと楽しんで歌いたかったと反省しています。

というのは、GW最終日に特別に練習を組んでいただき、約3年ぶりにバッハのカンタータを楽器とともに歌いました。一人で練習している時は感じなかったのですが、ふと心が緩んだというか、ふわっとやわらかくなったような感覚がありました。やっぱり私はバッハのカンタータが好きなんだと感じた瞬間でした。モンテヴェルディなどのマドリガーレをアンサンブルすることも好きですが、それよりもバッハのカンタータが好きなんだと。
この幸せな感覚を本番で味わえなかったことが残念でなりません。次回は10月にカンタータを2曲歌わせていただけるので、その時は幸せ感を味わえるように準備していきたいと思います。

この後は6月29日が鹿児島、30日が戸畑とラ・フォンテヴェルデ九州公演があります。
プログラムは今年没後400年にあたるジェズアルドのマドリガーレと、フェスタの宗教曲、そしてモンテヴェルディのマドリガーレをすべてアカペラでアンサンブルいたします。アカペラでの演奏は集中力、技術、そして余裕がないと思わぬところでミスをしてしまうのですが、これも一歩前進するための貴重な演奏会となると思いますので、メンバー全員しっかりと準備して、歌っていきたいと思います。どうぞお楽しみに。

7.8月はしばしお休みなので、秋冬の演奏会の準備をしてまいります!あとはママ業も頑張ります!!
[PR]
by Mihokohoshi | 2013-05-28 23:51 | 演奏会報告