LFV九州公演 6月29,30日

梅雨明けしていない九州は小雨が降り、時には強くなり、1時間すると止み、快晴になったりと変わりやすいお天気でした。

東京を中心に活動している声楽アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ」がこの度九州の鹿児島と戸畑で演奏会をさせていただくこととなり、演奏会を支えてくださいました「鹿児島ジングアカデミー」の皆様、ザビエル教会関係者の皆様、戸畑教会関係者の皆様、そして聖研合唱団の皆様に心から感謝しております。ありがとうございました。

おかげさまでメンバー一同、気持よく歌うことができました。少し演奏会についてご報告させていただきます。

まずは鹿児島公演から。
d0047297_23241792.jpg
d0047297_23245594.jpg
ザビエル教会は10年ほど前に新しく建て替えられたそうで、近代的で立派な教会でした。
目の前には「ザビエル公園」があり、記念碑も見られました。由緒ある教会でした。

d0047297_2329563.jpgd0047297_23273222.jpg
d0047297_23271535.jpg
教会正面には青いステンドグラス、後方の2階席にはパイプオルガンが配置され、赤いステンドグラスに照らされていました。
フェスタの中の1曲はソプラノが2階席から歌うという演出もいたしました。
心地よい響きに包まれながら、メンバー一同とても良い集中力と緊張感を持って演奏することができました。
またたくさんのお客様が目を閉じ、私たちのハーモニーに耳を傾けて下さり、本当に感謝いたしております。

終演後は鹿児島中央駅から新幹線「さくら」に乗り、小倉へ移動しました。中央駅では隣のホームに「つばめ」が停車中で、ちょっとドキドキ!!九州新幹線が大好きな息子のために「つばめ」の形をした箱のお菓子を購入しました。私も初めて「さくら」に乗車して、興奮気味でした。

次は戸畑公演。
d0047297_23384887.jpgカトリック戸畑教会は縦長で天井がとても高く、美しい雰囲気の漂う教会でした。
ザビエル教会と同じく心地よい響きに包まれました。
当日のリハーサル中に豪雨がありましたがすぐに止み、快晴になったため気温が急上昇。教会内の空調の音が気になるということで消してしまったため、演奏者にとってもお客様にとっても暑い暑いコンサートとなってしまいました。

また教会ならではの外から聞こえる音。
今回は救急車とお豆腐売り!!どちらも味のある音程で通り過ぎていったので、アカペラで歌う私たちはものすごく集中!!
意外にも携帯のマナーモードが次に歌う曲の最初の音程にそっくりなのだけどちょっと低めで、ドキッとしました。やはり演奏会では電源をOFFにしたほうがよいですね。思った以上に響いてしまいますので、私自身も気をつけなくては!

戸畑公演終了後は会場を後にされるお客様とあいさつをすることができました。皆様のとてもよい笑顔が印象に残っています。

今回はフェスタ、モンテヴェルディ、ジェズアルドという3人の作曲家をアカペラで歌うという、一見普通のプログラムですが、歌ってみるとチャレンジのプログラムで、メンバー全員が音楽と向き合い、技術だけに終わらないよう、様式と音楽を歌い分けて練習を積んできました。「これだ!」と確信を持って九州へ飛び、またそこでも満足せず、生きた音楽を目指して演奏することができました。また今回ひとつ成長することができたと感じております。

九州公演へ足をお運びくださった皆様、本当にありがとうございました。

次回は九州でいただいた美味しい物をUPできたらと思っています!!
[PR]
by Mihokohoshi | 2013-07-01 23:24 | 演奏会報告