横須賀学院メサイヤと宗研合唱団定期演奏会

日に日に寒さが厳しくなっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

12/17は初めてよこすか芸術劇場大ホールにて歌わせていただきました。小ホールは以前LFVで演奏したことはありましたが、大ホールは現代的な雰囲気の小ホールと違って、まるでヨーロッパのオペラ劇場を彷彿とさせる赤絨毯と馬蹄形の空間。1700名のお客様が入場可能で、あまりの大きさにびっくりしましたが、声も音も心地よく伸びる素敵なホールでした。
四年ぶりのメサイヤでリハーサルから緊張しておりましたが、チェンバロに廣澤さんがいらっしゃり、テンポや音楽性に心を砕いてくださり、本番は気持ち良く歌うことが出来ました。あんなに楽しいRejoiceを歌ったのは初めてです。I knowはなかなか歌い上げることが難しく、多くの課題が見つかりました。
合唱は横須賀学院の学生が務める聖歌隊の皆さんと、OBの方々。暗譜で歌う曲もあり、練習を積んで本番を迎えてらっしゃいました。
今回で51回目を迎えるメサイヤ公演は、50回目まで憧れの先輩方がソロを歌ってらっしゃいました。今回からメンバーを一新して迎えたいとのことで、お話をいただきました。大変光栄なことで、先輩達が築かれた50年の重さを感じながら歌わせていただきました。

そして12/23は長年お世話になっている宗研合唱団定期演奏会@杉並公会堂にて、バッハ次男C.P.E.バッハのマニフィカートとお父様J.S.バッハのクリスマスオラトリオ4ー6部を歌ってきました。
C.P.E.バッハは来年生誕300年のメモリアルイヤーだそうで、多くの演奏会が予定されているとのことですが、一足お先にマニフィカートをお披露目いたしました。
歌うと難しいのですが、合唱も他のソロ曲も一度聴いたら口ずさむ事ができるくらい、美しく馴染みやすいメロディーでした。テノールはモーツァルトのオペラアリアのようでしたし、バスのアリアは高音が連発でかっこ良く、あれは田代さんにしか歌えない難曲でした!!
メモリアルイヤーですので多くのエマニュエル・バッハの曲と出会えたらいいなと思っています。

クリスマスオラトリオ4ー6部を歌うのは今回でまだ二回目でした。
4部のアリアにはエコーを歌う方が必要になるのですが、今回は他の合唱団で歌ってらっしゃる素敵な女性(大学生のママには見えない!!)を私が推薦させていただき、舞台上(舞台袖で歌う事が多い)でエコーを歌っていただきました。私が『Ja』 と歌うと、これまた澄んだ声でJaと応えて下さり、ものすごく気持ち良く歌わせていただきました!!
6部のアリアは2004年にStuttgartのバッハアカデミーを受けた時の課題曲で、楽譜の書き込みが懐かしく、あの時歌いにくかった部分が歌いやすくなっていたり、反対に考えすぎてうまくいかない部分もありと、成長と変化を感じることが出来ました。
合唱団は年々人数も増え、レベルも確実に上がって来ていて、一緒に歌っていて気持ちの良い合唱団です。いつもは主人も舞台に上がるのですが、仕事が忙しく練習に出られず、降板してしまいました。ちょっと残念… いつかは息子も一緒に歌えたらいいなと夢を描いています!!
[PR]
by Mihokohoshi | 2013-12-28 21:17 | 演奏会報告