10月:歌劇場開幕

ゲヴァントハウスが9月に開幕を向かえ、続いて10月にオペラハウスも開幕を迎える。
d0047297_227547.jpgベルリンやドレスデンのオペラハウスは8月末に開幕をし、毎日公演を行っているが、ちょっと田舎のライプチヒは遅めの開幕で、残念ながら公演は毎日とはいかない。
チケットも「魔笛」以外は売り切れ御免という公演もなく、当日時間が出来たから行こうかなと突然思い立っても、一番安い席(12~18ユーロ)が手に入る。

d0047297_22201166.jpgこんなライプチヒにもオペラ愛好会みたいなものもあるし、見たい演目を4種類選ぶとちょっと割引になるという回数券みたいなチケットもあるし、40ユーロ払って「オペラカード」というものを購入すると、1年間どの公演(プレミエ以外)も40%引きで購入できるというカードもある。
びっくりしたのは、27歳以下は10ユーロぐらい(だったと思う)で「ジュニアカード」なるものを購入すると、当日余った席をたった5ユーロで購入できるというシステム!残念ながらこの存在を知った時、私は28歳と1ヶ月だった・・・(泣)。

d0047297_22235655.jpg2004-5年シーズンは「オペラカード」を購入し、オペラを沢山見た。
気に入った公演は2~4回と足を運んだ。
右の写真はビゼー;「カルメン」のカーテンコール。
何年か前の演出は現代演出だったようで、「カルメンが毛皮のコートを着て出てきたのよ。」と歌の先生は悲しそうに話していたが、私が見たシーズンは伝統的な演出で、音楽と照明がよく合っており、堪能できた。

d0047297_22312953.jpgこちらはベッリーニ;「カプレッティ家とモンテッキ家」の公演。
衣裳が素敵だったし、なんと言ってもロメオを演じたメゾソプラノが長身で痩せていて、近くで見ても美少年に見える素敵な歌手が歌っていた。
ジュリエットは韓国人の女性。絹糸のような高音のピアニッシモを武器に、ライプチヒ歌劇場でプリマドンナを3シーズン続けている。

d0047297_22341119.jpg一番気に入ったのはモーツァルト;「フィガロの結婚」
これは演出も演奏も最高だった!!歌手のキャスティングも完璧で、みんな生き生きと演じ歌っていた。
フィガロを歌っていたバスの歌手は私のお気に入り。(左の写真の、一番右にあるのが「フィガロ」のプログラム)
彼お目当てに見に行く公演も少なくなかった。年中劇場に通っていると、ごひいきの歌手も出てくる。

d0047297_22451793.jpg夜はライトアップされ、劇場の目の前にある噴水に劇場が浮かび上がり美しい。
ゲヴァントハウスと共に2005-6年シーズンからはシャイーが公演監督に就任した。
きっとイタリアオペラが素敵になっていることだろう。


d0047297_22592420.jpgオペラ劇場とは別にミュージカル専用の劇場もある。
ちょうど私の住んでいた地域になったので、こちらにも足を運んだ。
役者が揃っていて、ドイツ語が分からなくても楽しめたし、感動して涙も流した。
印象に残っているのは「マイ・フェア・レディ」「微笑みの国」
休憩時、ロビーで売られるソーセージも楽しみの一つ。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-10-22 23:06 | 思い出ぽろぽろ in Leipzig