4/5花まつりコンサートと4/11コーロヌォーヴォ定期演奏会

先日の四月の雪には驚かされました。せっかく咲いた桜も縮こまっていましたね。私たちも真冬に逆戻りした季節に身体が固まってしまいました。

4月はまず5日(日)に初めてお寺の本堂でのコンサートに出演致しました。こちらは桜上水にあります日蓮宗「宗源寺」が、花まつりコンサートと題して檀家さんたちをを招待する演奏会で、午前午後二回公演でした。
お寺でバロック音楽を演奏するとどうなるのかしら???と、不安半分楽しみ半分で伺いましたが、木の温もりとお香の香りに包まれ、気持ち良く歌うことが出来ました。ちょうど私が歌った場所の頭上には天蓋があり、その内側には飛天が三体描かれていて、優しく微笑みながら私たちの演奏を見守ってくださったからでしょう。
檀家さんたちもとっても喜んでくださり、演奏した私たちも幸せな気持ちで終えることが出来ました。

そして4月11日(土)はコーロ・ヌォーヴォの定期演奏会がティアラこうとう大ホールにて行われました。今回はヘンデル「Dixit Dominus」とバッハ「Magnificat」というカップリングで、ラテン語一色の演奏会でした。私は「Dixit」を歌うのは初めてだったのですが、これがソロも合唱も難曲で。。。合唱団の皆さんもかなりご苦労されたようでしたが、リハーサルよりもゲネプロ、ゲネプロよりも本番という具合にどんどん良くなって行くのが分かりました。最後まで緊張感を保ってしっかり歌ってらしたと思います。私も今できる精一杯ことができたかなと思っています。

5日も11日も雨の演奏会となりました。これはもしかしたら理由があるかも知れません。というのは3月31日に母が他界しました。私を音楽の世界へ導き、できる限りのサポートをし、時に厳しく時に優しく見守り続けてくれた母でした。入院中は私が歌っているCDを先生や看護婦さん、ボランティアスタッフさんにも聴かせていたようで、私がお見舞いに行くと「東京のお嬢さん?あのCDで歌ってたお嬢さん?」と言われました。音楽、特に歌が大好きで、最後の最後まで歌うことも聴くことも楽しんでいたと思います。この母が凄まじい雨女でした。夏は台風、冬は大雪を連れて演奏会に来てくれました!!今までは中々足が運べなかった演奏会にも、これからはいつでも好きな時に好きな演奏会を聴くことができるので、きっと私の演奏会も雨が多くなることでしょう。今までは傘をさしながら衣装を抱えて会場入りするのが億劫でしたが、演奏会当日の雨もこれからは私にとっては温かい雨に感じると思います。
母が好きだった歌をこれかも大切に歌ってまいりたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いいたします。
[PR]
by Mihokohoshi | 2015-04-12 21:45 | 演奏会報告