マタイ受難曲@めぐろパーシモンホール

1月最後の演奏会は「マタイ受難曲」でした。
前日の天気予報では都心5センチの積雪か?!と言っていたので、ビクビクしながら早めに起きたのですが、雨も小雨、道路の凍結もなし!!気温が低いこと以外問題なし!!出演者全員が胸を撫で下ろしたことと思います。
この演奏会は、「東京ジングフェライン」「長岡混声合唱団」「厚木マタイを歌う会」の3団体が合同で行いました。児童合唱は「いな少年少女合唱団」。当日朝早くバスで上京し、終演後再びバスで長野へ帰って行きました。旅の疲れ感じさせない元気でピュアな歌声を披露してくれました。
この関東甲信越から集まった合唱団は100名以上!!大合唱が身体中で歌う群衆は迫力があり、大合唱が繊細に歌うコラールは沁みました。
オーケストラはピリオド楽器。1年ぶりのバロックピッチで少し不安でしたが、懐かしい方達と一緒に演奏できて楽しかったです。13番のオーボエ2本とのアリアは今まで歌った中で一番ゆったりとしたテンポでしたが、オーボエのサンちゃんがとても柔らかく美しく奏でて下さり、しっとりとした表現も素敵だなと感じながら歌うことが出来ました。そしてトラヴェルソとのアリア「Aus Liebe」。リリコさんのトラヴェルソが優しく儚く、故ロッチュ先生がこのアリアに関して「イエスを愛でるように」とおっしゃっていらしたことを思い出しました。また本番当日に知ったフルートのニコレ先生の死。たまたま小布施で開かれたニコレ先生の講習会に、フルートの後輩からAus Liebeで受講したいので歌ってもらえないかとオファーがあり、一度だけ先生の前で歌ったことがありました。温かいオーラで包まれていらして、歌い終わったらそっと私の手を握り、優しくキスして下さったことを覚えています。リリコさんのトラヴェルソの儚さと温かさに包まれながら、先生のことを思い歌いました。
合唱団は3月1日にライプチヒのトーマス教会で「マタイ受難曲」を演奏するんだとか!!トーマス教会でマタイ受難曲を歌えるだなんて、素敵すぎます!!ついて行きたい!!本当に。でも東京からご成功をお祈りしております。
写真は同級生あおちゃんと後輩やっちー。
d0047297_1558056.jpg


さて次は2/11宗研合唱団定期演奏会です!昨夏トーマス教会で歌ったカンタータとモテットに、1曲新しいカンタータを加えての演奏会です。場所は杉並公会堂です。まだまだチケットございますので、お時間ございましたらメールにてご注文いただければと思います。
[PR]
by Mihokohoshi | 2016-01-31 15:58 | 演奏会報告