健康第一

今週は初雪が降ったりと、かなり寒くなりました。寒さの中本番が続くと、体力を余計消耗するような気がします。疲れを溜めてしまうと風邪にかかりやすくなってしまいますので、疲れはその日のうちに取ってしまいましょう。

「ジュリアス・シーザー」の時、合唱の子から教えてもらった疲れの取り方は、「まるごとニンニク」です。ニンニクを皮付きのまま1-2つオーブントースターの中に入れ、6-8分焼くとほくほくのニンニク焼きの出来上がり。「なんか今日は疲れているなぁ」とか「風邪引きそう」または「風邪の初期症状」にぴったりです。私も先日BCJの本番の後ニンニクを2つ食べて寝たら、ノドの違和感がなくなっていました。気になる臭いは16時間で消えるそうですが、気になる方は食べた後牛乳か野菜ジュースを飲むといいらしいです。

もう一つ、疲れではありませんが、鍼の先生が教えてくださった胃腸不良の見分け方は「人差し指、中指、薬指をチェック」です。この指に「ささくれ」が出来ていたら胃腸が弱っている証拠なんだそうです。調子が悪くなってから6時間後ぐらいに現れるそうなので、ささくれを発見したら消化の良い食事を取りましょう。先生のおすすめは野菜スープだそうです。ささくれは乾燥が原因だと思っていましたが、違うんですね。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-12-14 16:19 | つれづれ写真日記