今年最後のお仕事は・・・

バッハ・コレギウム・ジャパン「メサイヤ」です。さすがはBCJ!24日のサントリーホール公演はすでに完売だとか。23日の埼玉公演(詳しくはこちら)はまだありますので、興味のある方は下記のメールまでご連絡くださいね。チケットをご用意いたします。
mihokohossie@hotmail.com

稽古は昨日から開始。この大寒波(大袈裟さな?)の中、昨日今日と合計6時間の合唱練習を行いました。12月上旬に演奏したバッハの大作「ロ短調ミサ」の後ではどんな曲もかすんでしまいます。が、ヘンデルらしい明るく親しみやすい「メサイヤ」は、これはこれでいい味出している曲だなーと思って楽しく歌っています。
大学の3年間は毎年、そしてBCJで1回メサイヤを歌っていますがコレがいつまで経ってもちゃんと歌いこなせるようにならない難曲なんですよ!!今日も何曲か苦しめられました。
バッハのマニフィカートもロ短調も難しいけど、何度か歌っているうちに体に入ってくるのですが、ヘンデルの場合はまずオペラ並の高~~いテンションが必要のようで、バッハを歌う時のテンションと種類が違うように思われます。「よーし、歌うぞ!」みたいな覚悟が必要なんでしょうね。ロ短調の冒頭もハイテンションが要求されるように思うのですが、何か違うんです。ロ短調もヨハネもマタイもテンションが体内に溜まってジワジワっとしたところからじゅわーーっと出てくる感じ。でもヘンデルは突然噴水のように噴出すテンションが必要。ラテン系のノリに近いかも知れません。
明日からはオケ合わせ。ソリストの稽古もあるようなので、ソプラノのレイチェルさんを見学しようと思っています。一流の方の稽古をタダで見学できるって本当に嬉しい特権!!何か発見できたらいいですけど、欲張らず何か感じられたらと思っています。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-12-20 00:03 | 稽古風景