解凍はまだ先みたいです。

ライプチヒはまだまだ寒ーーい冬で、毎日曇り。さすがに雪もだんだん融けてきましたが、まだまだ白い息をはきながらみんなダウンコートに包まって歩いています。

14日にライプチヒへ戻り、15日から18日までの4日間毎日歌のレッスンを受けてきました。
Wartenberg先生は50代後半のとってもチャーミングなソプラノの先生で、忙しい日でも私のために時間を作ってくださり熱心に指導してくださいました。ドイツで習ったことと、日本で勉強していることが一緒に出来るようになるときっといいんだと思うんですけど、難しそうです。
この4日間はWartenberug先生を紹介してくださった日本人のピアニストのお宅に宿泊させていただき、レッスンに集中し、早寝早起きで頑張りました。音大の先生をされている三露先生はライプチヒから電車で15分のところにある小さな街Beuchaに住んでいらして、素敵なお庭をもってらっしゃるのですが、残念ながらすべて雪の下に・・・。
今週末は街中のホテルに移動して18日はバラの騎士、19日は後宮からの逃走を見ます。今朝はニコライ教会で礼拝に参加してきました。ニコライ教会はオルガンと共に新しくなったばかりで、トーマス教会とはまた違った雰囲気を味わうことができます。

そして20日はケルンへ!まだ行ったことがないので、あの立派な大聖堂を見るのが楽しみです。

ライプチヒより
[PR]
by mihokohoshi | 2006-03-19 21:38 | つれづれ写真日記