ホシのおすすめのコンサート

d0047297_21221380.jpgこちらはディドとエネアスのGPの様子。本当に心から楽しむことができた公演でした。毎日のように保谷へ稽古のために通っていたので、西武池袋線の「保谷行き」を見るとなんだか寂しいです。
公演終了の次の日は元気だったのですが、二日目の今日は何だか身体が重~~い・・・。疲れがどっと出てきたようです。筋肉痛は翌日出なくなると歳を取った証拠といいますが、疲れもそうなのでしょうか・・・。
d0047297_21213888.jpg保谷・こもれびホールの駐車場に桜の木があり、その葉っぱが無残にも虫たちに食べられ、レースのようにスケスケになっていたのですが、私の家の近くにある桜の木もご覧のような姿に・・・。今年は毛虫が多いのでしょうか?道路をふさふさの毛虫がくねくね歩いていました。

では本題に入りましょう!!オススメのコンサートのご案内です!
d0047297_21294149.jpg8月1日(火)に千代田区九段にあるイタリア文化会館アニェッリ・ホールにて「水の都の聖母マリア」という演奏会が行われます。
指揮に昨年来日して好評を博した
ジャンルーカ・カプアーノ氏を向かえ、バロック時代初期にヴェネツィアのサンマルコ寺院の楽長を務めたモンテヴェルディカヴァッリの宗教曲が楽しめる演奏会です。
出演者はこれまた素晴らしいキャストが揃っております!!
ソプラノの櫻田智子さんはテノールの櫻田亮さんの奥様でらして、イタリアで研鑽を積み、ご夫婦でイタリアバロ
d0047297_21303543.jpgックのエキスパートとしてご活躍されています。コチラのブログで演奏会の詳しい情報が見られます。
メゾソプラノは穴澤ゆう子さん。以前ブログでもゆう子さんのリサイタルをご紹介しましたが、水あめのように柔らかくつややかな声が私は大好きです。
アルトの弥勒忠史さんもイタリアに留学され、歌だけでなく演出もお勉強されたカウンターテノール。エンターテイナーとしても素晴らしい才能をお持ちです。
テノールはBCJだけでなく世界中でご活躍の櫻田亮さんとラ・フォンテヴェルデのメンバーとしても重要な位置を担っている谷口洋介くん。すでにBCJでも同じみのお二方。共にイタリアをこよなく愛し、チョイ悪親父を目指しているようです。
バスは巨人を愛して止まない萩原潤さんと、今日スーパーの2階にある缶詰売り場でばったり会った小田川哲也さん。このお二人は一緒に歌うことを宿命をされたかのように、音楽が共鳴しあうんです。
以上の声楽メンバーをご覧になってお分かりのように、イタリア現地での生活をされた方が半分以上いらっしゃいます。ということはどういうことかというと、イタリア語の歌詞を直接的に感じて、イタリア人のように発音し、歌うことが出来るってことなんです!!これはとーーーっても大事なことで、外国語の歌詞を頭で理解しただけで歌うことと、身体にしみこんだ言葉として歌うことは大きく違ってしまいます。よってこの演奏会は本物を聴くことができると言っても過言ではないのです。
オケのメンバーはバロックバイオリンが荒木優子さんと佐藤泉さん。テオルボは櫻田亨さん。バロックチェロは西澤央子さん、ヴィオローネは西澤誠治さん。こちらのメンバーも素晴らしい。
なのにチケットは前売り4500円(当日5000円)!!8月1日のきっと蒸し暑い夜、ヴェネツィアの音楽に耳を傾けて涼みませんか?
チケットの申し込みはアルケミスタ03-3901-1573、電子チケットぴあ0560-02-9990、チケット・クラシック03-3376-1919です。
もちろんホシも聴きに行きますし、チケットの手配も致しますので、こちらのメールもご利用下さい。
mihokohossie@hotmail.com
[PR]
by mihokohoshi | 2006-07-11 21:58 | つれづれ写真日記