抜歯

今日からぐぐーーんと暑さが増し、これでようやく夏到来です。
そんな中思い切って親知らずを1本抜いてきました!!7月はじめ、年に一度の定期健診のため歯医者に行った際、無事虫歯はなかったのですが、その代わりに左上の親知らずが顔を出していることが発見されました。歯医者さんは「痛くなったら来て下さいねぇ」とやさしく微笑んだのですが、もーーしも本番直前に痛くなったら歌えないし、アゴが開かなかったら困るし・・・と悩み、抜くなら本番のない8月かも知れないと思って医者さんに相談しに行ったのでした。

私が質問した内容はこちらです。
方向が悪い親知らずを抜くと後が大変なのか?←いろんな人が「大変だった」と言うので不安になったのでした。
いつになったらご飯が食べられるのか?←せっかく胃腸の調子が戻り、美味しいものがたべられるようになったのに、再びおかゆ生活に戻りたくない一心で。
夏の暑い時期に抜いたりすると化膿しやすいのか?←これも知り合いが言っていた。
消毒に通わなくてはならないのか?←以前右上の親知らずを抜いた時の経験から。
6日後には稽古があって歌わなくてはならないが可能か?←9月7日に公演があるラ・フォンテヴェルデの稽古が始まるため。

答えはコチラ。
①それほど悪い方向に生えていないので大丈夫でしょう。
②抜いてから30分後にはご飯が食べられますよ。
体力的に今問題がなければ大丈夫ですよ(笑)。
抜いた次の日に消毒に来てもらって問題がなければ終わりです。
⑤問題なしです。

この返答を受け、5秒迷って抜くことを決めました。本当はもうちょっと心を落ち着かせたかったのですが、先生のやさしい微笑みに負けました。
では抜歯開始。まずは麻酔から。幼少の頃歯医者さんで麻酔をした時は歯ぐきがぎゅーーっと縮む感じがして嫌いでしたが、今はそれ程痛くありません。5-6箇所ブズブズ刺されました。
うがいをしてからレントゲン室へ。これも一瞬で終了。麻酔が効くまで30秒程待ちました。その後歯の周りをゴリゴリ押して麻酔が効いているかチェック。今日は一箇所まだ感覚が残っていたのでもう一度麻酔を打ち、万全の状態へ。
先生が歯を引っこ抜く道具を持ち出し、「では行きますね」とバギバギ始めました。何度かバギッと歯が砕けるような音がしたので、涙目に・・・。それを見て先生が「痛いですか?」と心配そうに聞いてくれましたが、「ただ怖いだけです・・・スミマセン」。
それからまた何度かムギュムギュと抜こうとしますがイマイチ抜けきりません。先生も「もうほとんど抜けているんですけど、何か引っかかっているのかな?」と頭を捻ります。するとすぽっときれいに抜けました。抜けた歯を見て「根っこが3つもあったからですね」と先生も納得。説明によると、普通歯は3本の根によって支えられているのですが、親知らずは発達しないため2本なんだとか。なのに私は親知らずまでしっかり3本の根が生えていたため引っかかって抜きづらかったとのこと。ほっと一安心。全部で15分もかかりませんでした。さすが抜歯が上手な先生です。
血が止まるまでガーゼを30分噛んでいるように注意を受け、痛くなった時の痛み止めと化膿止めを頂きました。抜いてから2時間が経ちましたらまだ麻酔が切れていないようで痛くありません。このまま無事乗り越えられるように今日は安静にしています。
[PR]
by mihokohoshi | 2006-08-04 16:37 | つれづれ写真日記