祈りとともに

d0047297_134112.jpg雨女の私ですが、昨日の片倉教会での演奏会は快晴!!傘を持たずに演奏会へ行くなんて本当に稀なんです。お天と様に感謝。
昨日の演奏会にも沢山のお客様が聴きにいらして下さいました。本当にありがとうございました。
この教会では以前から数々の演奏会が開かれているのですが、歌が入る演奏会は今回が初めてだったとか。今までの演奏会のアンケートにも「次回はソプラノが聴きたい」と書いてくださったお客様も多かったそうで、きっと楽しみに足を運んでくださったんだと思います。オルガンの徳岡さんと相談して、親しみやすい曲を選んだこともよかったようで、特に日本歌曲の名曲にはお客様が心から楽しんでくださっている様子が伝わってきました。
徳岡さんと演奏会をする時はなるべくお話を入れて、お客様には少しでもリラックスして、曲のイメージを持って聞いていただこうと思っていて、今回もマイクを使用してお話しました。まだまだ人前で話すということに慣れていないので、訓練が必要ですが、最初の頃よりはどんなエピソードをお話したらいいのかなど、ちょっとは慣れてきたような気がします。
昨日の演奏会では、開演5分前に牧師先生と演奏者でお祈りをしました。お祈りのおかげでいつもの緊張がなかったというワケではありませんが、わざわざ聞きに来てくださったお客様が楽しんでいただけるように、心を込めて歌うことの大切さを実感できました。本当に素敵な時間だったと思います。

d0047297_13193767.jpg→演奏会で素敵なお花を頂きました。
演奏会終了後は、ドイツに留学中の友人と、友人の同級生という歯医者さんと一緒に八王子でお茶をしました。についてって意外と知らないし、それほど大切に考えていないと思いません?私は留学中に酷くなった虫歯治療に懲りて、年に1度は検診に行くようにし始めましたが、この歯医者さんによると、年に2回、出来れば3ヶ月に1度は歯のお掃除をしに歯医者さんへ行くことがベストだとお話されていました。美容院に行って髪を手入れするように、歯も愛情を込めてケアしてあげないとダメということなんですね。一生自分の歯で食べたいし、歌いたいですし。
このお茶会で印象的だったお話は「ミケランジェロ(だったかな?)が、1に知識、2に技術、3が鍛錬、4は心」と言ったということ。やはり大切なのはなんですね。
さて今日は10月15日の演奏会の稽古です。
[PR]
by mihokohoshi | 2006-10-01 13:29 | 演奏会報告