さすが!

12月22日の演奏会「X'maro」の練習は、なんと夜の9時半から開始。というのも、ホールで練習をするため、その日行われた演奏会が終了しないとホールが空かず、練習ができないからなんです。練習とはいえ、王子ホールで3回も歌えるなんて、ちょっとラッキー!

この間の月曜日が練習初日。王子ホールへドキドキしながら行って来ました。受付にはマロさんことヴァイオリンの篠崎さんが仁王立ちしてお迎え。さすがオーラ出てました。マロさんはいつもオシャレ。洋服だけでなく、ヴァイオリンケースもいろいろお持ちのようです。

今回は電子オルガンを使用するため、音響チェックに時間がかかり、練習開始は多分10時半近くだったかと思います。12時までの約1時間半、オルガンとのバランスを見ながら山口さん(オルガン)の編曲によるミュージカルやキャロルのメドレーを練習。当日頂いた楽譜もあったりして緊張しましたが、楽しく練習してきました。

山口さんの編曲の才能はもちろん、マロさんのパワーもすごい。お二人とも「そこはどのようにでも弾けますよ。ではこんなのはいかがでしょう!」「いいねぇ、じゃぁこう弾こうかな」なんて会話がバンバン飛んで、私は必死でお二人についていったという感じでした。
とても対等に演奏なんて出来ないのですが、この演奏会を機会に自分にプラスになる何かが得られたらいいなって思っています。この1週間はサンタさんからの嬉しいプレゼントなのかも。幸せ~!
[PR]
by mihokohoshi | 2006-12-19 22:10 | 稽古風景