スターバト・マーテル

先日名古屋で女声コーラスコーロ・エミナースの第11回定期演奏会にてペルゴレージの「スターバト・マーテル」を歌わせていただきました。

東京も暖かかったようですが、名古屋はそれ以上にホカホカ陽気で、会場内はクーラーが入っていたとか。まだ3月頭なのに・・・。

エミナースの皆さんとはすでに3回演奏会でご一緒させていただいて(「レクイエム」ラターとモーツァルトとフォーレ)いますので、初稽古でもすぐに溶け込み、楽しく歌わせて頂きました。

演奏会は前半にピアノ伴奏でドイツリートを5曲と合唱組曲「淡彩抄」を、後半に「スターバト・マーテル」をオーケストラ(中部フィル)でという充実したプログラムで、合唱団の方たちはすべて暗譜という積極的な姿勢で演奏会に望まれていました。
当日の稽古をちらっと拝見させていただきましたら、指揮者だけでなく、副指揮者(指揮者の奥様でアルトの一員としても歌われています)とも深い信頼関係で結ばれ、ほんわかと温かい雰囲気が舞台上に流れており、見学していて気持ちが和みました。

d0047297_2047930.jpg「スターバト・マーテル」をご一緒させていただいたゆう子さんと終演後にパチリ。

ここでちょっとオススメの演奏会情報を!

4月13日(金)19時から新大久保にある日本福音ルーテル東京教会にて三宮正満&アンサンブル・ヴィンサントによる演奏会があり、今回はゆう子さんと小笠原さんがゲストに招かれ、ゼレンカの「エレミアの哀歌」を演奏するそうです。
このゼレンカの「エレミアの哀歌」はまだ聴いたことがないのですが、とても美しい曲だとか。甘くて深い歌声をお持ちのお二人が歌ったらもっと素敵な曲になるのではないでしょうか?楽しみです。
チケットは前売4000円、学生3000円です。
(問い合わせ:アルケミスタ03-3901-1573)

mihokohossie@hotmail.com
↑こちらでも受け付けます。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-03-05 21:00 | 演奏会報告