オルガン

ばたばたばたーーーっと過ぎた今週でした。いろんな演奏会にも足を運びましたが、一番は木曜日に伺ったW.ツェラーさんのオルガンコンサートでしょう。

ライプチヒに留学していた時、友人が「有名なオルガニストがニコライ教会で演奏会するみたいだよ」と教えてくれ、ふら~りと一人で聞きに行き、そこでバッハから現代曲まで流れるようにオルガンを扱い、第一曲目から釘付けにさせてくれたのが、ツェラーさんだったのです。

昨年3月も来日なさっていたそうですが、残念ながら私は日本におらず聞くことができませんでした。今年も予定がいろいろ入ってしまい、公開レッスンを見に行きたかったのですが、断念。そこへ木曜に渋谷で演奏会があるという情報を入手し、心ウキウキで行ってきました。

さすが期待以上の素晴らしい演奏会でした。彼のオルガンはまるで弦楽器のボーイングが目に浮かぶような音なのです。足鍵盤はコントラバスのようですし、延ばしている音が止まらず進むようで、「私もこう歌いたい!」と心底思いました。夢のような時間でした。また機会があったら是非伺いたいです。


週末は名古屋でモーツァルトの「レクイエム」です。
3月上旬に名古屋へ帰った時は20度を超すぽかぽか陽気だったので、「今度来る時は桜が咲いているかもね」と思っていたのですが、今回は冬に逆戻り・・・。
風邪ひかないように・・・。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-03-16 16:14 | つれづれ写真日記