GW

気温差の激しい日が続いています。気をつけてはいるものの、少し身体が温度変化についていけていないようで・・・。

d0047297_13524697.jpg今年のGWは念願だった家庭菜園に挑戦してみました。
昨年は適当にタネを撒いたら、バジルしか育たず・・・。しかもパセリとシソという、簡単なタネを選んだのに、芽すら出なかったので、かなりショックでした。

でも今年はちゃんと土選びから慎重に行い、無事4種の芽が出ました。
ほうれん草、バジル、ルッコラそしてラディッシュです。
収穫できるように頑張って育ててみます・・・。
そのためにも後日最初の間引きを行わなくては!!
全部の芽がかわいいので、間引くのが可哀そうですが、間引いた芽はサラダにしていただくことにします。

今週は、「6月13日(水)杉並公会堂で行われる大橋さんクラリネットリサイタルの稽古」と、「5月20日小倉&24日名古屋で歌うラ・フォンテヴェルデ演奏会の稽古」と、「5月13日(日)東音会創作会の稽古」がみっちりはいっています。

クラリネットの大橋佳世子さんとは、昨日初めてお会いして、シューベルトの“岩上の羊飼い”の合わせをしてきました。
約10年前にも歌ったことがあるのですが、あの頃は若さと気力で歌いきっていたみたいで、改めて音域が広いことと、様々な技術を駆使しないと歌えないということを実感。大曲です。
合わせでは、ピアノの関さんと3人で「こうしようか、あーしようか、こうがいいな」などと話し合いをしながら進み、あっという間の1時間半でした。
初対面ですとなかなかどういう風に稽古を進めていったらいいのかとお互いに迷うこともありますが、大橋さんの巧みなリードのお陰で、スムーズに進むことができました。
稽古前に3人が同じ年生まれだということが判ったこともよかったのかな。
ちなみに元大関栃東も同じなんですよねぇ。早すぎる引退にびっくりしました。若乃花に似て、小兵ながら相手に頭からぶつかって、おっつけていく相撲が好きで応援していたのですが、残念です。お疲れ様でした。

・・・話しがずれました・・・
リサイタルでは、シューベルトのほか、ガーシュインやピアソラなど、オシャレでカッコいい曲が並んでいて、クラリネットの魅力をしっかりと味わえるのではないかなと思います。
お時間ございましたら是非!

d0047297_143298.jpg稽古の後は和菓子で一服。

先日お気に入りの「甘泉庵」でこれまたお気に入りの「三色だんご」と美しく形が整えられたバラと鯉のぼりの「上生菓子」を購入したところ、偶然777円に。
何かいいことあるといいなぁ・・・。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-05-09 14:32 | 稽古風景