羊飼い

d0047297_22145883.jpg6月13日に杉並公会堂小ホールにて大橋佳世子
クラリネットリサイタル
が行われます。
私はシューベルト:「岩上の羊飼い」を歌わせて頂くことになりました。

今日はこの稽古が護国寺でありました。
大橋さんとは初共演。
「宗研合唱団」という私が毎年定期演奏会でソロをさせていただいている合唱団で、大橋さんのご両親が歌ってらっしゃることがきっかけとなり、今回の共演が決まりました。

この曲は「クラリネットと歌とピアノ」という組み合わせなので、こうしたクラリネットのリサイタル、または歌手のリサイタルで時々しか取り上げられない曲のような気がします。

今回の共演者(歌、ピアノ、クラリネット)は、3人とも同じ年生まれですが、出身大学も留学先も楽器も違うのに、こうして一緒に演奏できるって不思議な縁だなぁと思います。
お二人とも人間的に素敵で寛容で音楽センスも素晴らしいので、とても楽しく稽古をさせていただいています。

今日は曲や音に対するイメージが違うとここまで演奏にあわられるのか!という驚きの連続でした。面白かったのは、果たしてこの羊飼いは仕事中なのか休憩中なのか。これだけでアクティヴに演奏したいか、漂うように演奏したいかの違いになるのです。
三連音符の連なりも、そよ風なのか歩みなのか恋人への思いなのか・・・。話し合いはきっと本番まで続くことでしょう。こうして意見を出し合っていいものを作っていけたらと思っています。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-05-29 22:30 | 稽古風景