追悼礼拝

d0047297_18115535.jpg
高校3年生から音楽に関することをすべて教わり、頼り切っていた恩師が3月28日、静かに天国へと旅立たれました。
門下生やご友人も葬儀を知らされず、先生の訃報を受けたのは4月1日。日が日でしたので、騙されているかのようでした。ほとんどの方が、とってもお元気な先生のお姿しか覚えてらっしゃらなかったので、受け入れることが出来なかったことと思います。

6月9日(日)、先生が洗礼を受けられた教会にお願いして、追悼礼拝をしていただきました。祭壇のお花は、先生の好きだった赤いバラを散りばめ、赤系のお花を用意していただきました。お陰様で、鮮やかで先生の笑顔にぴったりのお花となりました。

ほとんどの参列者が声楽家でしたので、讃美歌もフォーレのレクイエム「In Paradisum」も、小さな教会に響き渡りました。ご友人の先生方3名による思い出のお話も、チャーミングな先生を思い浮かべることが出来、いたずらをした話では教会が笑いで一杯になりました。

参列された方から「よい礼拝でした。先生とちゃんとお別れできました」とおっしゃっていただことが出来、幹事として頑張ってよかったなと嬉しいです。私自身落ち着いてお別れできたようなできなかったような・・・。また教会へ伺って、静かにお祈りしたいと思います。

一日神経と体力を消耗してしまったので、今日は1日お休み。きっとお手伝いくださった教会関係者の方々もお疲れになられたと思います。未熟な私たちを支えてくださって、本当にありがたかったです。感謝。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-06-11 18:24 | つれづれ写真日記