ラ・フォンテヴェルデ ランチ&ティータイムコンサート~夏~

d0047297_1510477.jpg5月24日にラ・フォンテヴェルデの地方公演(名古屋)を終え、休む間もなく今回の「ランチ&ティータイムコンサート」の稽古に取り掛かり、7月11日(杉並公会堂)、12日(横浜人形の家)の連続演奏会を無事終了しました。

足元の悪い中、ご来場本当にありがとうございました。

天気予報では「昼から時折雷雨となるでしょう」とか「午後から激しい雨になるでしょう」といった、雨女にとって心痛む予報が流れておりましたが、横浜公演の帰りだけドシャブリの雨に襲われ、後は曇りとなり、なんとか雷雨は免れました。
そんな悪天候の中、横浜公演では当日券でいらしてくださったお客様が多く、なんとプログラムが足りなくなってしまうというアクシデントも・・・。大変失礼いたしました。後日郵送していただく予定になっておりますのでもうしばらくお待ち下さい。
当日券でいらしてくださったお客様の中には、「昨日の東京公演が良かったからってお友達が教えてくれたので来ました」という方も!!本当にありがとうございました。

この「ランチ&ティータイムコンサート」は、今年4月の「」から始まり、今回の「」が2回目。リーダーのミドリさんが「マドリガーレの素晴らしさを知ってもらうには、まず声楽アンサンブルの楽しさを味わって頂きたい。日本語や英語の言葉を生かした古い民謡にも挑戦して、お客様に楽しんでいただきたい」というコンセプトから、イタリアのマドリガーレだけでなく日本民謡、日本歌曲、アイルランド民謡、そして中世の声楽曲と、幅広いジャンルをア・カペラでお届けしています。約1時間のミニコンサートですが、ミドリさんによるお話&解説も分かりやすく、今回も大変好評でした。

今回の「」では、バスパートにオガちゃんをお願いして、チユ&オガのダブルバスによる、より安定したアンサンブルをお楽しみいただけたかと思います。
会場や曲に合わせて体形を組みなおすことにより、お互いの声が聞きやすくなったり、音楽の流れが変わったりすることも発見できました。

次回のランチ&ティータイムコンサートは12月13日(木)のクリスマス・ミニ・コンサートとなります。初台の東京オペラシティにある「近江楽堂」にて、14時~と19時~の2回公演です。クリスマス・キャロルを中心に世界中で親しまれている曲をお届けしますので、どうぞお楽しみに。

10月下旬にはラ・フォンテヴェルデ「定期演奏会」もございます。マドリガーレ全盛期に活躍したモンテヴェルディのマドリガーレ集第6巻「アリアンナの嘆き」を中心に、メンバーを増やしてお届けします。詳細が決まりましたらお知らせいたしますので、こちらもお楽しみに。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-07-13 15:44 | 演奏会報告