豪華な一夜

豪華な一夜と出演者が言うのはおかしいかも知れませんが、本当に豪華で、最後はステージに立っていることが幸せで、幸福感に満たされておりました。
一夜限りなんて本当にもったいなくて、九州&名古屋公演もできたらよかったなぁ。
d0047297_213417100.jpg

昨日の舞台は杉並公会堂小ホール。
このホールの舞台が黒っぽいということと、今回は男性陣が多く出演するということもあり、今回の衣裳は今までのモノトーンと雰囲気を変えて、ちょっと華やかにしてみました。

少しでもお客様に楽しんでいただけるようにと、みんなで知恵を出し合い、照明の工夫、曲に合わせた雰囲気など作ってみたところ、お客様から大変嬉しい感想を沢山頂きました。
こうした知恵もイタリア帰りのミロクさんとちぇりーさんのセンスの良さが光ったからだと思います。

もちろん演奏の方も直前まで妥協をせず、「あそこはこのほうがよいんじゃないか」と楽屋で意見を出し合い、私たちが演奏できる最善のものを提供できるように頑張りました。
おかげさまで終演後ロビーでご挨拶したお客様の顔が、いつもよりも嬉しそうに感じられました。
沢山のご来場ありがとうございました。

次回のラ・フォンテヴェルデ演奏会は、ランチ&ティータイムコンサートシリーズ「冬」でクリスマスコンサートをお届けします。

ペラで聴くクスマス
12月13日(木)←またまた木曜ですね・・・
昼公演 14時開演 夜公演 19時開演
場所:近江楽堂 東京オペラシティ3階
チケット:全席自由 昼公演2000円(当日2500円)
            夜公演2500円(当日3000円)

1時間ぐらいのミニコンサートで、グレゴリオ聖歌やクリスマスキャロルなどを演奏いたします。
どうぞお楽しみに!!
[PR]
by mihokohoshi | 2007-10-26 22:02 | 演奏会報告