「ブログを見た」といえば・・・

さて明日は東京オペラシティの近江楽堂にて、声楽アンサンブル ラ・フォンテヴェルデクリスマスコンサートが行われます。
皆様お忙しいかと思いますが、明日になって時間ができたので「行ってみようかな?」と思われましたら、また「行ってみようかな」という気分になられましたら、是非お越し下さい!
ホシのブログを見た」と受付でお伝えいただきますと、前売の値段でチケットが購入できます!!
公演時間ですが、昼公演は14時~15時頃、夜公演は19時~20時半頃を予定しております。夜公演は曲目も増え、一段と華やかになります。ご来場お待ちしております。

12月11日は杉並公会堂で「ヨハネ受難曲」を歌ってきました。
d0047297_1785263.jpg
前トーマス教会カントールのロッチュ先生は、温かい表情と指揮で合唱やオケ、ソリストを素晴らしい世界へと誘ってくださり、一番最後のコラールはその温かさに感動して胸が熱くなりました。
同じ舞台に立たせていただき、ロッチュ先生の音楽に身をゆだねられることが出来たことを幸せに感じました。
もう何年もG先生率いる合唱団の皆様はロッチュ先生と一緒にバッハを演奏なさっているそうで、昨日は本番の前に合唱団からロッチュ先生へ、感謝の気持ちを込めてプレゼントが渡されました。
d0047297_17144485.jpg「特別なものを贈りたい!」という思いから、ロッチュ先生そっくりの日本人形が作られました!
トレードマークの眼鏡はもちろんのこと、手には指揮棒が!!
素晴らしい出来栄えにロッチュ先生も喜んでくださいました。

ソリストたちからは、終演後クリスマスカードをお贈りしました。ヨハネを歌うのは初めて、又は2-3回目という若いソリストを温かく支えてくださったロッチュ先生へ感謝の気持ちを込めて。

公演翌朝飛行機でライプチヒへお帰りになられたそうですが、ライプチヒでカードを見ながら今回の公演を思い出してくださると嬉しいです。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-12-12 17:23 | 演奏会報告