むちうち?!

祝日だった昨日。
か~のさんから「オススメの治療がありますよ」と連絡をいただき、か~のさんのお口添えもあって、お休みのところ夜お店を開けていただき、オステオパシーという治療を受けてきました。本当にありがとうございました。

結果、寝違いのようなかわいいものではなく、かなりひどく捻ったようで「首の捻挫・むちうちに近い症状」とのこと。昨晩から氷で首を冷やして炎症をなんとか取ろうとしているところです。

「オステオパシー治療法・誇張法」は身体全体の骨を正常な位置へゆっくり持って行き、身体の悪いところを治す治療法だそうで、2時間半じっくりじんわり動かしていただきました。
診察の結果、腰の土台となる部分と、頭の付け根が固かったことが分かり、多分この2箇所が大きな原因でふと加わった力が首に現れてしまったのではないかというお話でした。
母親に連絡すると、よく「ギックリ首」になるとのこと。母方の祖父が首の手術をした時レントゲンを見せてもらったら、母方の家系は頭の重さに比べて首が細いんだとか。よって首に負担がかかりやすいので、猫背にならないように姿勢に気をつけて下さいと言われたんだとか!!
うううっ・・・分かるような気がする。

この「ギックリ首」の特徴は、左右よりも前後に動かす時激痛が走ることです。今も頭を首の真上に乗せて、バランスを取っています。頭って本当に重い!!

さて「オステオパシー」という治療法、とても面白かったです。ただ手を置かれているだけかと思うぐらい全く治療師の手は動かないのですが、ちゃんと骨と骨をつないでいる靭帯をゆーーーーっくり動かしているとのこと。意識すると確かに分速1センチぐらいで動いていました。このぐらいゆっくり動かしていくため、治療時間が長めにかかってしまうんだそうです。
でも気持ちの良いお部屋でじーーんわりと動かしていただくので、あっという間に時間が過ぎていきました。

「一時呼吸」という言葉も治療の中で教わりました。いまだに信じられませんが、骨はそれぞれ独自の動きを持っていて(頭蓋骨も23個の骨から出来ていて、それぞれ23個が独自の動きをするんだとか)、それが1分間に8~10サイクルでゆっくり動いていることを「一時呼吸」と言い、この動きがなくなってしまうと身体に支障が出てきてしまうんだそうです。幸い私はかなり良く動いているとお褒め頂きました。これも歌を歌っているからなのかな。

とにかく早く治って欲しい!それまでは我慢して安静です。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-02-12 13:47 | つれづれ写真日記