ライプチヒより

突然ですが、10ヶ月ぶりにライプチヒへ来ています。

滞在先はPolenzというライプチヒから電車で1時間の村。そこに「○露先生」というピアニストの方がイギリス人のご主人と一緒に住んでいらっしゃるので、ホームステイさせていただいています。
ライプチヒにはバスと電車を乗り継いでレッスンを受けに通うのですが、ライプチヒは東京よりも空気が悪いというか、私に合わないというか。。。ただ半日街を歩いただけて喉が痛くなってしまいます。
留学していた頃はそんなことなかったのですが、帰国直前にアレルギーになったことも影響しているようで、公園にいてもくしゃみがでたり、ライプチヒとの空気の相性が悪くなってしまいました。残念。
その点、ポーレンツという村は空気は澄んでいるし、のどかだし、静かだし。すばらしい環境です。ただ今○露先生宅には子猫3匹とボーダーコリーの赤ちゃんが1匹いるので、動物園のようでもあります。

昨日は貴重な体験をしました。
ナメクジ駆除です!!ドイツのナメクジは、日本よりも大きくて、レンガ色をしていてとても不気味なのです。。。
Gewitterという1-2時間の嵐が去った後、夕方からじゅわーーーっと庭にあふれ出てきて、レタスやネギ、トマトなどの野菜の葉にぴとっと引っ付いて、若い葉を食べ始めます。
昨日はコップ2杯を捕まえて、イギリス人のご主人のところへ持って行き、ご主人は、そのナメクジを。。。。。あっという間にある方法で駆除するのです。
コップ一杯のナメクジはちょっと気持ちが悪く、夢に出てきそう。

今日はこれからレッスンです。楽しみ!素敵な先生との出会いをサポートしてくださったのも○露先生でした。留学後もいろいろ力になってくださいます。感謝です。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-06-26 22:28 | つれづれ写真日記