博多へ

荒れた天気が続いています。歌の指導をしていても、なんだか皆さん気候に身体が合わせられないせいか、私も含めて身体がなかなか言うことを聞いてくれず、「嵐がおさまるのをじっと待ちたい」と言っているようです。

明日は晴れるようですね。
明日から博多へ飛び、17日に行われる「ラ・フォンテヴェルデ」の福岡公演に向けて準備をします。時間が限られていますが、美味しいものを沢山食べてこようと思っています。
あと、イワシのお腹に明太子が詰まっているお土産も手に入れなくては。コレ、すごく美味しいんですよ。

さて本のご紹介。
d0047297_2316338.jpg演出家、歌手と幅広くご活躍で、カウンターテノールとしてラ・フォンテヴェルデでもご一緒させていただいている先輩、彌勒さん。
彼がこのたび(といってももう半年ぐらい前になりますが)、「イタリア貴族養成講座」という本を出版されました!!
早速読んでみたのですが、これだけ濃い内容を書くために、一体どのぐらい数多くの、そして中世イタリアの難しい本を図書館で読んだのだろうか・・・と想像しようにも出来ないぐらい充実した内容になっています。
章は餐宴、ダンス、音楽と分かれていて、章が終わるごとに「宮廷人」になるための練習問題がついており、カルチャースクールを受けている感覚になりました。そして最後にはちゃんと公爵の称号をいただけるようになってます。
私が気に入ったのは餐宴のコーナー。ルネサンスの貴族の方たちって!!!と驚かされます。是非皆様もルネサンスの「宮廷人」になってみませんか??
[PR]
by mihokohoshi | 2009-03-14 23:28 | つれづれ写真日記