この3日間

ラ・フォンテヴェルデの3回連続公演が終了してからは、12月2日の演奏会用に、プログラムノートをせっせと書いておりました。

d0047297_133202.jpgまずは訳詞から。土曜日に自分で訳してみて、難しいところや良く意味が分からない箇所、うまく日本語に直せない部分があったので、日曜日にドイツ語の先生のお宅へお邪魔して、二人して約3時間、あーでもない、こーでもないと悪戦苦闘しました。
3冊の大きな辞書だけでは足りず、百科事典も使って植物を写真で確認したり・・・。
なんせ18世紀頃のドイツ語なので、まるで江戸時代の日本語を読むようなもの。
単語によっては現代の意味と全く違うものもありますし、つづりが違ったりもするのです。植物の名前も違うし。
そして詩は韻を踏むので文法がややこしくなっていて、「一体この関係代名詞はどこにかかってくるのじゃろう??」といろんなパターンを想像しつつ、一番ベストなものを選んでいきました。
ぴたっとくる日本語が見当たらない言葉もあり、私が「こんな感じ?」というと、「ホシらしい言葉の表現だねぇ。訳詞ってその人の人間性が出るんだよ」と言われて、ちょっと恥ずかしくなりました。
カストラートがバリバリ活躍していた時代のイタリアでは、「カストラート養成所」みたい学校があり(と何かの本で読んだ記憶が遥か遠くに~~)、そこでは優秀な歌手を育てるプログラムがみっちりと組まれ、プログラムには歌詞を理解するための国語の授業が入っていたそうな。私ももっと文学を勉強しておくべきだったのだ・・・。感受性を豊かにしておくべきだったのだ・・・。

訳詞の次は曲の解説。
月曜、大学の図書館へ行って参考文献を探したのですが、バッハの曲は「オリジナル楽譜がない。おそらくこの時代に作曲されたであろう」としか載っていないし、ヘンデルの曲なんかは作曲された年号ぐらいしか見当たりません。これでどうやって解説書けっていうのよ!!と半泣きになっていたら、なんとそこへ天使が現れたのです!!
天使さんは、同級生の楽理科で、ヘンデルを専門に研究しているエッチャン。「ジュリアス・シーザー」の時も講義を開いてくれたエッチャンが向こうから歩いてきたではありませんか!!彼女に助けを求めると、家にある資料を見てみるねと言ってくれ、夜電話をして情報を教えてくれました。彼女が持っていた英語の解説書には、かなり興味深いことが書かれていたのでとても勉強になりました。エッチャン、夜中まで付き合ってくれてありがとう。
1時間かけて教わった資料を400字にまとめ、書ききれなかったことは当日簡単にお話することにしました。
調べて面白いことが分かるのは楽しいけど、分かるまでが大変!!修士論文を書いた時もそうでした。CDの解説とか書いている人って尊敬するなぁ。

よし、後は歌うだけ!!残り3日間集中して頑張ります。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-29 13:32 | つれづれ写真日記

感動が再び!

d0047297_0323443.jpg

矢口さまに教えていただかなかったら、私はきっと気づかずに見過ごしていたでしょう。
たった今、「ライプチヒ音楽祭」のロ短調ミサを映像でしっかりと見ました。そしてしっかりと録画しました。
なんでこんなに熱くなっているかと申しますと、この演奏会が私の留学期間の最後の演奏会であり、大好きなブロムシュテットの最後のロ短調ミサだったからです。
この日私は演奏者の真下の席にいたので、なーーーんにも見えず、ただ柱に写ったブロムシュテットの影を追い、音を聴いていただけでした。でも今日はしっかりと指揮者もソリストもオケも合唱も映像で見ることが出来、再びあの感動を味わうことが出来ました。
今のライプチヒは、ブロムシュテットの後に常任指揮者となったシャイーがオペラハウスで「仮面舞踏会」を振り、ものすごい話題となっているようで、帰国してしまった者としてはかなり残念ですが、留学期間中、ブロムシュテットの指揮と彼の音楽に触れることが出来て、本当によかったなぁと思います。
「ロ短調」は大曲!!今年はBCJのメンバーとしてドイツで2回演奏をし、12月9日は大阪、11日は東京で演奏しますが、体力と精神力が必要とされる大曲だと思います。
今日の映像を見ていて、何箇所か辛い場面を乗り越えるヒントをブロムシュテットの笑顔から得られました!!12月の公演はいつも辛い場面を彼の笑顔を思い出して乗り切ろうと思います。

d0047297_0423761.jpgっとその前に、12月2日(金)19時より、JR新大久保駅から徒歩5分ほどのところにある日本福音ルーテル東京教会にて、バッハの「結婚カンタータ」などを歌うコンサートがあります。
ちょっとお客さんが少ないようなので、もう一度宣伝させて下さい・・・。
テノールの大島博さんはホフマンとテレマンのカンタータを、私はヘンデルの小品と「結婚カンタータ202番」を歌います。
お時間ある方は是非!!チケットの申し込みはこちらへ。
mihokohossie@hotmail.com
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-28 00:46 | つれづれ写真日記

d0047297_1403635.jpg

昨日、横浜公演が終了し、ラ・フォンテヴェルデの今年の公演が全て終了いたしました。毎回足をお運びいただいた方、偶然チラシを見つけて聴きに来て下さった方、本当にありがとうございました。
日程やプログラムが大変でいろいろありましたが、今年からラ・フォンテヴェルデで歌い、美登里さんの下で仲間と一緒に勉強することができ、モンテヴェルディの素晴らしさ、ジェズアルドの巧みさ、何よりも声楽アンサンブルの真髄を体験できたことは、私の音楽生活にとって宝物となりました。
週末は体と喉を休めつつ、12月2日のコンサートに向けて、対訳作りに励みます。この日(12月2日)は、全国各地で演奏会が催されるようで、なかなかお客様が集まらないのですが、「いつか歌ってみたいな」と思っていた曲を選びましたので、楽しんで演奏できたらと思っています。

さてラ・フォンテヴェルデでの今週を振り返ってみましょう。写真も豊富にUPしますし、文章も長くなるかと思います。写真だけでも覗いて行って下さい。

d0047297_1494652.jpg11月21日に小倉へ向かい、2日みっちりとジェズアルドを歌い込みました。
九州はお天気でしたが夜になると寒くなり、暖を取りながらの稽古となりました。

d0047297_1410220.jpg午前中はお散歩がてら小倉城まで。
青空に白い城壁が映えて美しかったです。
ヨーロッパの古城も美しいですが、日本のお城も白鳥のような繊細さを感じます。


d0047297_14105880.jpgコンサート前日は、焼肉をおなか一杯食べて、エネルギーをチャージしました。


d0047297_14111360.jpg右端の方が、小倉公演を取り仕切ってくださったノグチさん。


d0047297_14155085.jpgそして本番。東京からわざわざ聴きに来て下さった方が一番前の席に座っていらして、この写真を撮ってくださいました。
公演自体はまだ手探りでジェズアルドを演奏しているという感じ。小倉カトリック教会は素敵な響きで、ジェズアルドの音楽にぴったりの場所でした。

演奏会のあった日のうちに、飛行機で東京へ。
d0047297_14314322.jpg空港では明太子が山積みに!!
やまやの明太子を購入し、早速次の日の朝食に頂きました。

d0047297_1430308.jpg2日目の公演は東京・祐天寺にある聖パウロ教会でのコンサートでした。
正方形に近い形の教会で、正面には白いパイプオルガンが。

d0047297_14331978.jpgなるべく良く響くようにと、教会の角に立って歌いました。
この日のコンサートは100名弱のお客様が寒い中聴きに来て下さいました。
メンバーはちゆちゃんを除く4名がめっちゃくちゃ緊張してしまい(何故だか不明)、守りの体勢に入って、伸びやかな音楽が出来なかった・・・と、公演終了後みんなで反省。


そして最終日は、横浜・上大岡にあるひまわりの郷での「クリスマスコンサート」。
d0047297_14383379.jpgジェズアルドばかり練習していたため、クリスマス用のプログラムを久しぶりに歌う私たち。
1時間半の稽古をしてから、1時間半のGPをこなし、3時間みっちり歌いこみました。
体も喉も精神もくたくたになりましたが、2時間の休憩で復活。
会場には180人近いお客様がいらしてくださり、美登里さんの解説や、ウエオさんの飛び入り「ミュゼット」演奏、一生懸命練習したジェズアルドからクリスマスソングまで、温かく見守り、耳を傾けて下さいました。アンコールはお客様も一緒に賛美歌「荒野のはてに」を合唱。一足早いクリスマスを味わっていただけたようです。

d0047297_144492.jpg谷口ママのアイデアで、舞台はポインセチアで飾られました。
公演終了後、一鉢頂きました。カワイイ!!

金曜の夜だからか、街には人・人・人!
打ち上げ会場も見つからず、結局「ロッ○リア」に入り、お茶やスープで乾杯。反省会と来年の方針など話しました。

帰りの電車も人・人・人!!ギューギュー詰めの電車にもみくちゃにされ、ポインセチアも傷だらけ・・・。元気になってくれるかしら?
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-26 14:52 | 演奏会報告

写真で速報。

昨日の夜九州から戻ってまいりました。いろいろとトラブルがありましたが、それはまた後日書くことにして、写真にて小倉での活動を報告します。

まずはコンサート会場として使用させていただいた「小倉カトリック教会」。素敵な響きでした。
d0047297_1219567.jpg

教会内の様子。
d0047297_12193785.jpg

リハーサル風景。
d0047297_12202092.jpg


本番終了後、オルガンを弾いてくださった福田さん、美登里さんと一緒に。
d0047297_12203875.jpg


さて今から祐天寺にあります、聖パウロ教会にて2回目のコンサートです。昨日の経験を生かしてもっと良い演奏をしなくては!!
ではまた後ほど。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-24 12:23 | 演奏会報告

最近良いお天気に恵まれていますね。気持ちの良い気候です。少し寒いですけど・・・。
d0047297_2181223.jpg

昨日は歌の先生に誘われて、真鶴まで、美味しいお魚を食べに行ってきました。お誘いの理由は「ジュリアス・シーザー」公演成功です。また私の目標としている大好きな先輩「増田先輩」も、夏に行われたオーディションに合格されましたので、そのお祝いも兼ねて、3名で行ってきました!!
私の歌の先生はすでに78歳なのですが、とーーーってもお元気。ドライブがお好きのようで、往復4時間の運転を楽々こなし、免許を持っていない私たちを真鶴まで連れて行ってくださいました。
高速を「二宮」で降りてから、海岸沿いの道を通ったのですが、海の美しいこと。お天気に恵まれたので、富士山もちらっと顔を出してくれました。

自然を満喫し、真鶴へ到着。
先生の御用達のお店「うに清」(ウニセイ)へ向かい、新鮮なお魚をおなか一杯食べてきました。ではお写真でお楽しみ下さい。
まずはカンパチのお刺身。甘い!!厚さ1センチっていうのも嬉しい!!
d0047297_21191634.jpg


三角形の貝。爪楊枝を刺してクルクル回すとツルンと中身が出てきます。が、なかなか上手くできないんです・・・。
私はたった2つしか成功しませんでした。後の多くは途中で途切れてしまいました。もったいない。
d0047297_21201391.jpg


金目鯛の煮物。これまた美味。頬の身から目玉のトロトロまで食べました。
d0047297_21215029.jpg


海鮮酢のもの。イカ、海老、サバ、キュウリ、くらげ・・・と盛り沢山でした。
d0047297_21225384.jpg


綺麗に残さず頂きました。
d0047297_21242029.jpg



夕方17時半からは、12月2日の初稽古。真鶴のお魚パワーで頑張ろうと思ったのですが、やはり「結婚カンタータ202番」は難しい。来週はジェズアルドで手一杯ですが、それが終わったらしっかり取り組まなくては・・・。

来週は九州・小倉へ行ってきます。Blogの更新は・・・ジェズアルドの公演が終わらないと無理かも知れません。1週間ほど留守にします。
ですが、チケットのお申し込みは直前まで受け付けておりますので、メールをいただければ前売り券をご用意いたします。
24日も25日も当日お昼12時までにメールを受け付けています。
どうぞよろしくお願い致します。
mihokohossie@hotmail.com
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-19 21:33 | つれづれ写真日記

頑張ったぁ!

d0047297_2032345.jpg

La Fonteverdeの集中練習3日間が終わりました!!連日長時間の稽古となり、最終日の今日はもうみんなくたくた・・・。集中力が3時間で途切れてしまい、バタバタと床に倒れこみました。ちなみにその床は床暖房です。

今日で東京での稽古は終わり。私以外のメンバー4人は土曜に九州入りし、日曜に「メサイヤ」を歌います。私は月曜に独りで九州入りし、メンバーと合流。月・火曜と九州・小倉にて最終稽古をし、本番に望みます。

今日はジェズアルドを中心に稽古をしたのですが、本当に「何が言いたいのよ!?全然分からん・・・」という音楽。これはある意味聞く価値大ですよ。彼の音楽はあまり演奏されることもないですし、今回はモテットをチョイスしてありますので、もっともっと希少なコンサートになること間違いなしです。

彼の音楽は5本の音のリボンがぐるぐると宙を舞うのですが、絡まりそうで絡まらず、絶えずウニウニ揺れ動いているイメージです。立ての線がぴたっと5本揃うことは少なく、揃っているのか揃っていないのかも微妙になっているので、アンサンブルがとても難しいのです。

問題は声域。5声というと、「ソプラノⅠとⅡ、アルト、テノールそしてバス」という組み合わせがほとんどなのですが、このジェズアルドさんの場合、一体どんな組み合わせで歌っていたのか想像が付かないのです。今日もこの話題になり、きっと「ボーイソプラノアルトテノールⅠテノールⅡそしてバス」となっていたのではないかという結論に達しました。
私たちはソプラノ二人、アルト、テノール、バスというメンバーなので、ソプラノの一人がアルトのパートを受け持ち、アルトがテノールの1つを受け持つという形を取るわけです。そうなるとどうしても声域の無理が生じてしまいます。
そこで今回取った対策は移調。音を3度上げて、全部を歌います。音が高くなって大変なのはソプラノとテノール。所々声のバランスを良くするためにトリックを使い、音楽が丸くなるように工夫をしています。
きっと私たちの苦労の成果が教会に美しく響くことと思います。どうぞどうぞコンサートに足をお運び下さいますよう、お願い致します。

最後は赤く実ったムベ(郁子)。アケビ(木通)の一種で、稽古場に使わせていただいているお宅に実っていました。
d0047297_2141592.jpg


d0047297_21134285.jpgまだ7月は青い実でした。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-17 21:10 | 稽古風景

d0047297_21151178.jpg

今日の気温は12月中旬並みだったそうで、私もドイツで購入したダウンコートに包まって稽古へ行って来ました。

今日から3日間はLa Fonteverdeの集中稽古です。24.25日にオルガンを担当してくださるウエオさん宅に集まり、稽古をしてきました。
今回の公演は3日で2種類のプログラムを演奏します。ということは稽古も2倍大変ということ!!夏から少しずつ練習して来ましたが、その記憶は夏と共に去っていたりして・・・。とにかく効率良く稽古を進めようと、みんな必死です。
今日と明日は横浜公演のプログラムを中心に稽古することになりました。
横浜公演はクリスマスも近いということで、キャロルなどを含んだ親しみのある曲が満載です。ただ有名な曲を歌うというだけにならないようにと、いろいろ考え、皆さんにアンサンブルの醍醐味を味わってもらおうと計画中です。どうぞお楽しみに!!
今から英語の早口を練習です。またお風呂に入りながらになるかしら・・・。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-15 21:27 | 稽古風景

Party!

d0047297_23151427.jpg

第47回日本音楽コンクール(通称毎コン)で見事2位に輝いたアッコちゃんが、昨日美味しいケーキと共に我が部屋を訪れてくれました。
私の「ジュリアス・シーザー」とアッコちゃんのコンクール入賞を祝う祝賀会を狭い部屋で行ったのです。
お料理はイマイチでしたので、こちらには美しいケーキのみUPさせていただきます。二人の祝賀会なのにケーキをホールで購入するあたりが大量に食べる声楽家ならではですよね(笑)。
甘酸っぱいフルーツタルトは、食後のデザートにぴったりでした!!

話もお互いの苦労話から年齢の話、家族の話、音楽の話、今後の話、留学中の話(アッコちゃんはイタリアへ留学していました)・・・と、尽きませんでした。嬉しい発表もあったりして(まだ内緒ね)二人して泣いたり鼻かんだり。んーー、気の合う同級生っていいですねぇ。お酒も入って饒舌になったアッコちゃんはいつもより輝いていましたよ。
またみんなでご飯食べたいです。今度はゆきえちゃんも一緒にね。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-13 23:33 | つれづれ写真日記

入浴Time!!

東京で独り暮らしを始めてから覚えた下半身入浴。夏は時々しか行いませんが、冬は毎日のように30分以上お湯に浸かり、お水を飲み、汗をダラダラかいて、リフレッシュします。この時でる汗は体内に溜まっていた悪い物なんだそうです。(ちなみに体を動かしてかく汗はミネラルなどが出てしまうんだとか・・・)

その30分の間、リラックスタイムにすればよいのでしょうが、本番が詰まってくると風呂場も稽古場と化すのです。今日も12月2日に歌うヘンデルの「9つのドイツアリア」を持ち込み、ブツブツと歌詞を唱えて勉強していました。

ヘンデルといえば、ドイツ人(Halleというライプチヒから電車で40分ぐらいの場所出身)なんですけどイタリア語のオペラを沢山書いて、最終的にはイギリスに帰化し、英語の曲も書いた人という印象では?
なのにこの「9つのドイツアリア」はドイツ語の歌詞に曲がつけられている、妙な・・・(などと書いたら怒られるでしょうね。ごめんなさい)曲なのです。

今回私が選んだ3曲のうちの1つ、”揺れ動く波の輝きは”という曲は、なぜかいつまで経ってもちゃんと発音出来ない・・・。なんでかなぁと考えてみたら、ドイツ語文法で難しい形容詞語尾変化が沢山出ているし、しかも韻を踏みまくっているからおんなじ様な単語が山のようにあり、ちっとも頭に入ってこなかったからでした(泣)。

この形容詞語尾変化!表にすれば簡単なんだけど、なかなか覚えられない曲者なのであります。留学中、語学学校でも苦労しました。
朝8時から13時までこの形容詞語尾変化を勉強してから歌のレッスンに行った時、あまりにも私の顔がどんよーりしていたからか先生が「今日は何を勉強したの?」と質問しました。私は「形容詞語尾変化」と答えると、「あらまぁ大変だったわねぇ。でも適当でいいのよ、あははっ」と・・・。ドイツ人でも難しいのだそう。
この形容詞語尾変化のお陰で、30分の楽しい入浴タイムが文法の整理をしつつブツブツ呪文のように繰り返し繰り返し歌詞を唱えるハメに。ちょっとはマシに舌が回るようになったみたいですが、音と一緒になったらどうなることか。頑張らなくっちゃ。

入浴後メールを開いてみると、シェーンベルグ2番で共演したボロメーオSQのウィルくん(第2ヴァイオリン)からメールが届いていました。もちろん英語で・・・。6年間勉強したはずの英語はすっかり納屋に脳味噌ごと置いてきてしまったので、辞書をひきひき読むと・・・
「ドイツ語出来なくてごめんね。君のなんちゃって英語に感謝だよ。今回のコンサートで素晴らしいパフォーマンスが出来たことに感謝!いつも驚くのは、音楽を通してコミュニケーションが取れることと、コンサートで世界中の音楽家が一緒に演奏できること。次回の来日までに、日本語が上達したいよ。」みたいなことが書かれているようです。
返事を書きたいのだけど、ごめんウィルくん、私一人ではとてもじゃないけど書けない・・・。お友達に助けてもらうから待ってて!!
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-12 00:50 | つれづれ写真日記

乾燥・・・

最近部屋の空気がカピカピして息苦しいなと思ったら、湿度がたったの30パーセント!早速昨日から加湿器を出動させました。
ドイツの夏はカラッとし、反対に冬はしめっとします。なので「ドイツの冬は乾燥しないから、風邪とか流行らないんだろうな」と思っていたら、歌の先生が「空気が湿っているから風邪が流行るわ。気をつけてね」と注意してくださったのです!!きっと日本とドイツの風邪菌は種類が違うのでしょうね。

先日、後輩からもらったオリヅルランに可愛い花芽が2つ出てきました。
d0047297_16274423.jpg

d0047297_16281470.jpg鉢植えはどのぐらいお水をあげてよいのか分からず、土が乾くまで待っていたら・・・葉が茶色くなってしまいました。
マイナスイオンが出るとも聞いたので、ずーーと部屋に入れておいたのもダメだったようです。後輩に相談したところ「太陽とお水が大好きです!」と聞き、あわててベランダに出し、こまめに水をあげて、ようやく元気になりました。よかったです。白い花が咲くそうなので、楽しみ。

11・12月の曲を練習していますが、ちょっと悪戦苦闘中。バッハもヘンデルも好きだけど、かなり手強いのです。
[PR]
by mihokohoshi | 2005-11-10 16:37 | つれづれ写真日記