ベルギー:ご飯の写真館

デジカメが盗られてしまったので、ドイツの美しくて素晴らしかった大雪の風景をご紹介できませんが、残り2日で楽しんだアントワープとブリュッセルの写真を友達が撮ってくれたので是非ご覧下さい。

フライドポテトはベルギーの主食?って思うぐらいどんな食事にも付いてきました。
これはアントワープのフライドポテト屋さんの前で。
d0047297_11511072.jpg


こちらはアントワープのデルレイというチョコレート屋さんで。
上の「ダイヤモンドチョコ」は日本で一粒400円、下の「マロングラッセ」は一粒1000円で売られているそうです。確かに美味しいけど日本の値段では高すぎかな。
d0047297_20324088.jpg


ムール貝!!多分100個は食べました。でもさっぱり白ワイン蒸しで完食。
ル・クルーゼのお鍋で蒸しているから美味しいのかも。
d0047297_1025147.jpg


トマトと小エビのサラダ。これもベルギー名物らしい。
d0047297_1027423.jpg


ベルギーといえばワッフルでしょう!!今回はブルージュワッフルというパリパリのワッフルにバナナとチョコと生クリームをトッピングで。
d0047297_10281478.jpg


最終日は友人宅で手料理。
d0047297_10293695.jpg

[PR]
by mihokohoshi | 2006-03-29 20:22 | つれづれ写真日記

ガゼびぎまじだぁ・・・

すごい鼻声です。飛行機の中でもノドが痛かったので風邪をひいたようです。耳鼻科に行ったらまたまた先生に「鼻はアレルギーを起こしてるなぁ」と言われていつものお薬を頂いてきました。時差ボケが治る頃には鼻声も治っているでしょう。

旅行へ行く前に植物を預けた後輩の家へ行き、植物を持って帰ってきました。後輩のお陰でポインセチアは元気、サボテンはぐんぐん生長し、大根の花も立派に咲いたそうです。こちらがその時の写真です。
d0047297_11492336.jpg


それから先日のカード盗難保証に関してですが、<郵△●ールドキャッ○ュ>のHPを見たら盗難の規約にちゃんと保証しますって書いてありましたので、ただいま審査を受けている最中です。1ヶ月ぐらい審査に時間がかかるようですが希望が出てきました。
いろいろ読んでみると私がいけなかったのは暗証番号を生年月日にしていたところですね。でも確か「例えば3月21日(バッハさんですね)でしたら0321にしなければ大丈夫ですよ」って言われたので、昭和とかの数字を駆使して暗証番号を造ったし、第一生年月日が分かるようなものは取られていないし、一緒に携帯していなかったので、簡単には分からないはずなんですよ。何かの機械で簡単に読み取られてしまうのであれば、暗証番号の意味がなくなっちゃいますね。とにかく盗られないようにしなくてはですね。

ベルギーを一人旅する際はじゅーーーーーぶんご注意下さい。特にブリュッセル北駅!私の友人の中にも一人は着替えの入っていたリュックを盗られ、一人はサイフを盗られそうになり、コメントを書いてくれた方のご両親も何か盗られているようですし、そして私がカードとデジカメを盗られてお金まで出されていますから、駅には泥棒さんがうじゃうじゃいるんでしょうね。本当に気をつけましょう!
[PR]
by mihokohoshi | 2006-03-29 19:48 | つれづれ写真日記

ライプチヒはまだまだ寒ーーい冬で、毎日曇り。さすがに雪もだんだん融けてきましたが、まだまだ白い息をはきながらみんなダウンコートに包まって歩いています。

14日にライプチヒへ戻り、15日から18日までの4日間毎日歌のレッスンを受けてきました。
Wartenberg先生は50代後半のとってもチャーミングなソプラノの先生で、忙しい日でも私のために時間を作ってくださり熱心に指導してくださいました。ドイツで習ったことと、日本で勉強していることが一緒に出来るようになるときっといいんだと思うんですけど、難しそうです。
この4日間はWartenberug先生を紹介してくださった日本人のピアニストのお宅に宿泊させていただき、レッスンに集中し、早寝早起きで頑張りました。音大の先生をされている三露先生はライプチヒから電車で15分のところにある小さな街Beuchaに住んでいらして、素敵なお庭をもってらっしゃるのですが、残念ながらすべて雪の下に・・・。
今週末は街中のホテルに移動して18日はバラの騎士、19日は後宮からの逃走を見ます。今朝はニコライ教会で礼拝に参加してきました。ニコライ教会はオルガンと共に新しくなったばかりで、トーマス教会とはまた違った雰囲気を味わうことができます。

そして20日はケルンへ!まだ行ったことがないので、あの立派な大聖堂を見るのが楽しみです。

ライプチヒより
[PR]
by mihokohoshi | 2006-03-19 21:38 | つれづれ写真日記

冷凍保存中。

3月3日にライプチヒへ無事到着。雪が降りとっても寒いなーと思いながらも「ココに来たらやっぱり散歩でしょ!」と、森へ出かけ、雪を踏みしめてお散歩を楽しみました。ソリに乗っている子やスキーを楽しむ子もいましたよ。
5日にホフマン物語、7日にウィンザーの陽気な女房たちをライプチヒで聴き、8日からドレスデンへ。ドレスデンはちょっと暖かいようで雨が降ったりもしました。8日にオイリアンテ、9日に平和の日をゼンパーオーパーで聴き、10日からベルリンに来ています。ベルリンは特に寒く、今朝なんかはマイナス8度まで下がり、きっと今もマイナスです。このマイナスのおかげでお肌はバリバリ・・・。よくもまぁこんな寒いドイツに留学していたなぁと驚き感心しています!!
10日は立ち見でベルリンフィルハーモニーでヨハネ受難曲、11日はドイチェオーパーでランメルモールのルチアを、12日はStaatsoperでドン・ジョヴァン二を、そして今夜マクベスを聴いてライプチヒに戻ります。
感想などはまた帰国してから書こうと思っていますが、どの公演も素敵で心地がよいです。本場の音楽をたくさん聴いて帰ろうと思っています。
きっと日本はもう暖かい春を迎え、桜が咲こうとしている頃でしょう。かなり暖かい春が待ち遠しいです。
ベルリンより
[PR]
by mihokohoshi | 2006-03-13 19:48 | つれづれ写真日記

昨日は天気予報通り雨が降りまくりました!
そんな大雨の中、明治学院の記念館(都の重要文化財指定)へお客様が沢山足を運んでくださいました。「雨の中、聴きに来てよかったわ」と感想を聞くことができ、演奏者全員大変嬉しく思っています。本当にありがとうございました。
ではちょこっとご報告を。

こちらが会場となりました記念館。島崎藤村の小説に登場しているそうで、時代を感じさせます。
d0047297_1414476.jpg

d0047297_1475588.jpgチャペルの中は蛍光灯ではなく、オレンジ色の光を温かく発するランプがほんわかと部屋を明るくし、素敵な雰囲気を演出してくれていました。
オルガンはオランダ人がこだわって造ったポジティヴオルガン。
味のある音を響かせてくれました。
まず明治学院のオルガニストの長谷川さんから記念館とオルガンの説明があり、普通の演奏会よりもアットホームな雰囲気がプラスされました。
モンテヴェルディの「Salve Regina」(二重唱)から始まり、大塚さんのお話を挟んで、私のソロ「Jubilet」。これは1月の彩の国で初めて歌った曲で、あの時はすごく緊張して体が言うことを聞いてくれず、もがいて終わったという感じでしたが今回は余裕が少しあったのか落ち着いて演奏できたと思います。
前半最後の「Pulchra es」は私が初めてモンテヴェルディを歌った時の曲で、当時は頭に「?マーク」が踊っていましたが今回はLa Fonteverdeで多くを学んだお陰で楽しく歌えました。美登里さんと一緒に演奏できたことも心の安心に繋がったと思います。
前半はイタリアバロックをテーマにモンテヴェルディ、メールラ、フレスコバルディを、後半はドイツバロックをテーマにバッハ、シュッツ、ブクステフーデを演奏しました。こうして聞くとドイツはイタリア音楽の影響を受けていたとはいえ、キャラクターの差がはっきりと分かります。
後半では「ヨハネ受難曲」から「Ich folge dir gleichfalls」を歌いました。ミスはありましたが何人かのお客さんから「ヨハネがよかったです」と感想を聞くことができました。この曲の最後の最後に救急車が素敵なオブリガートを入れてくれたからかな?
後半最後はシュッツの「Habe deine Lust」を二重唱し、約1時間20分の演奏会が終了しました。

さぁぁぁぁぁて、この後はヨーロッパ旅行が待っています!!
荷造りもほぼ終了し、後は冷蔵庫を整理して、ごみを片付けて、ポインセチアとサボテンと大根の頭を近くに住む後輩の家へ届けるだけ。
d0047297_14545497.jpg大根の頭はこちら。
ニンジンはよくやっていたのですが、大根は初めて。
そしたら元気に葉を伸ばし、なんとつぼみまで顔を出したんです!
どんな花が咲くのか見られないのは寂しいので、後輩に花の写真をお願いする予定。

オリヅルランとバジルは自力で頑張ってもらうことにしました。

今回は東と西ドイツ、ベルギーとデンハーグ(オランダ)と旅行してきます。9~10個のオペラを見る予定です。まだドイツは雪が降って寒いそうですが、ヨーロッパの空気を吸って元気をチャージしてきます。パソコンを持っていかないので更新は早くて3月末になるかと思います。
では行って来ます!
[PR]
by mihokohoshi | 2006-03-02 15:06 | 演奏会報告