<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

栄養補給

暑い梅雨の中休みが続いています。今週は頭痛に悩まされ、お稽古を少しお休みさせていただきました。ゆっくり休み、水曜日の午後から頭痛はなくなり、また元気に稽古に通っています。
何人かの方に「ちょっとぽっちゃりした?」と言われますが、ハイ!おかげさまで少し太りました。これで今年の夏はバテずに乗り切れそうです。

昨晩は「夏を乗り切るためのお食事会」を路地裏の貴公子さまが主催してくださり、路地裏の貴公子さまの合唱仲間でらっしゃる女性(アルト)2人と私、合わせて4人でイタリアンを堪能してきました。

オステリアヴィンチェロというこじんまりとした隠れ家的お店。新宿文化センターの近くにあり、「水~土は午前2時まで開いているので、演奏会の後にいらしてもゆっくりしていただけます」と斎藤克英シェフ。予約した方がよさそうです。

それでは写真でお楽しみください。
d0047297_14433486.jpgまずは前菜。
奥左が馬肉のタルタル。
奥右は金目鯛のサラダ。
手前右は私が食べたトマトとモッツァレラとルッコラのサラダ。
手前左がカブとホタテのサラダ。

d0047297_14451972.jpgパスタはお店ご自慢のカルボナーラ。色がオレンジっぽくなっていますが、オレンジ色だったんです!!
卵の黄身(かなりオレンジ色の黄身のはず)とちょっとクリーム(チーズかも)を使っただけのようで、とってもさっぱりしていて、これはカルボナーラではないカルボナーラでした。
d0047297_14453395.jpg
そして斎藤シェフ自ら「白トリュフ」をスライスして散らしはじめました。
ご覧のようにパスタが見えなくなるほど。
こ、こ、これがトリュフの匂い・・・

d0047297_14455785.jpgこちらはアンチョビのパスタ。

d0047297_14461632.jpgメインは鶏肉(だったかな?)

d0047297_14463674.jpgこちらは鴨料理
d0047297_14465490.jpg私はイベリコ豚じゃなくって○○○豚のロースト、はちみつとマスタードつき。
柔らかくてはちみつの甘さが丁度よく、ちょっとエビのような味がしました。

d0047297_1447208.jpgワインは左が赤で2002年。いろんなコンクールで1位を取っているんだとか。私はぺろっとなめただけですが、渋くて舌が少しピリピリしました。
右は2005年の白。香りはアルコールが強そうだなと感じましたが、なめると意外とさっぱり。

d0047297_14473992.jpgデザートは奥がティラミス、
右がパンナコッタ、
手前が私のチョコムース、
左はプリンを凍らせたようなものだったそうです。

かなりおなか一杯になりました。ご馳走さまでした!
[PR]
by mihokohoshi | 2006-06-30 15:07 | つれづれ写真日記

ルンデあしながクラブ

d0047297_2324391.jpg愛知県芸術劇場コンサートホール。
私がソプラノソリストとしてのデビューをこのホールで迎えたのは11年前(ひょえーー!そんなに昔だったなんて・・・)。
曲目はフォーレの「レクイエム」。確か阪神大震災の応援コンサートでした。
その後2度ほど芸劇コンサートホールで歌わせていただき(歌うだけでなく語りもしました)、今回は5回目の登場。何度見ても美しくそびえるオルガンにため息し、少し横に広がる大きな会場に圧倒されます。写真からも美しさが伝わるかと思います。

d0047297_0151012.jpg今回の演奏会はルンデあしながクラブの多大なるご後援を頂き、開くことができました。
ありがとうございました。

原田さんの力強いピアノソロに続き、オルガンとの3曲はステージではなく、2階へ上がり、オルガンのパイプの下に立っての演奏となりました。高い所は好きな方ですが、意外に照明が強く、客席が真っ暗に見えてちょっと怖かった・・・。
ラングレイのピエ・イエズは素敵な曲なんですけど自分が歌いたい声でどうしても歌えず音楽的にも不完全燃焼でした。いつか素敵に歌えるようになりたい曲です。
休憩20分でドレスを着替えて後半は1階ステージでの日本歌曲3曲。ピアノの原田さんは室内楽の経験が豊富ということもあり、アンサンブルがウマイ!音色もきれいで私を支えてくれました。
日本語が美しく歌えるようになるにはまだまだ・・・。聴きにきてくださった名古屋の先生は「日本歌曲は40歳ぐらいにならないと味がねぇ」と。そっかぁ、気長が頑張ろう!
最後は吉田さんのオルガンソロでヴィエルネ作曲のめちゃくちゃカッコイイ「交響曲3番」でしめていただきました。

ルンデあしながクラブとはなんぞや?
名古屋の丸の内に「スタジオ・ルンデ」という音楽ホールがあります。小さなホールですが、演奏者の音と空間を十分に味わうことができ、お客さんも音楽の一部になってしまう素敵なホールです。こちらの社長さんが「未来を目指す若い音楽家たちに是非とも必要な試練の場(公開演奏の機会)を与え、時に暖かく時に厳しく長い目で見守っていこう」という思いを込めて、1992年4月ルンデあしながクラブを発足させました。
一度きりの支援ではなく、長期的視野で支援し続けることを主眼とし、この14年間ソロリサイタルに留まらず、弦楽四重奏団なども支援も行っていました。
こうした支援に賛同してくださった「あしながおじさん、あしながおばさん」は関東、中部、関西と広範囲からなんと約160名以上!ご協力により多くの若い音楽家たちが多くの演奏の場を与えていただき、意欲的なプログラムで応えてきました。私は1999年5月にオルガンの吉田文さんが企画した「オルガンの国のアリス」で語りを担当、そして2002年6月のルンデあしながクラブ10周年ガラコンサート 、2005年10月のボロメーオ・ストリングス・クァルテットにソプラノとして出演させていただきました。これらは貴重な財産となると同時に、新たな発見そして課題を見つけることができました。こうした機会を与えていただいたことに感謝しております。

今年で25周年を迎えたスタジオ・ルンデは、これまで数多くの素晴らしい演奏家を招いていた例会にピリオドを打つことになり、同じくしてルンデあしながクラブも今回の「三人のリサイタル」をもって閉会することになりました。
ですが、オルガンの吉田文さんが「育てていただいただけでなく、これからは育てていただいた私たちが次の若い音楽家の世代へ「ルンデあしながクラブ」の意思を継いでいきたい」と旗を揚げてくださいました。まだアイデアが挙がったばかりで、活動内容の詳細などはお知らせできませんが、「個性と意欲のある若い音楽家の世代を、一回きりのコンサート支援ではなく、長期的に見守り続けられる、今までの「ルンデあしながクラブ」のような体制を続けていけたら」と考えてらっしゃいます。
今回の演奏会場では、「今後も若い音楽家に多くのコンサートの機会を与えたいと思っていただけるあしながおじさん、あしながおばさん、そしてこのような趣旨に新しくご賛同いただける方がいらっしゃいましたらアンケート用紙のその旨と連絡先をご記入いただきますよう」とお願いがありました。私もどのぐらい力になれるか分かりませんが、なんらかの形で関わっていきたいと思っています。もしこのブログをご覧になり、ご賛同いただける方、またはもう少し詳しく知りたいという方は
musik@pippo-jp.com
または
mihokohossie@hotmail.com
までご連絡いただきたく存じます。

今日は長い長~い記事となってしまいました。最後まで読んでいただきありがとうございました。
[PR]
by mihokohoshi | 2006-06-24 00:06 | 演奏会報告

実家に泊まると蚊取り線香に燻されることから朝が始まります・・・。9時まで寝ている私が蚊に刺されないように母が気を使って線香を焚いてくれるのか、姪のりっちゃんが遊びにくるからその前に蚊を退治するからかは不明。お陰で体中が煙り臭く、ドレスまでしっかり燻されます(泣)。

昨日は愛知県芸術劇場コンサートホールという広い舞台で演奏するという貴重な経験をさせていただきました。あれだけ広い舞台でソロを歌うということはあまり経験がないので、ドレスやアクセサリーのチョイス、髪型、化粧まで、母と一緒に頭を悩ませて考えました。もちろん演奏にも神経をそそぎ、今日はかなりお疲れです。
今日東京へ戻りますが、夜はマッサージへ行き、金曜から日曜までは昼から夜まで稽古が詰まっているため、コンサートの報告と写真は来週になってしまうかもしれません。「ルンデあしながクラブ」のお話などもしたいので、時間が出来た時にゆっくり書きたいと思います。お楽しみに。
[PR]
by mihokohoshi | 2006-06-22 11:17 | つれづれ写真日記

充実した名古屋滞在

22時間だけ名古屋へ帰ってきました。

メインは6月21日に名古屋で行う演奏会の合わせです。
オルガンとの曲はもう少し慣れないと!!オルガンが歌と全然関係のない音を弾く箇所が多いので、一体どの音を歌えばよいのか分からなくなるんです。19世紀の曲って一筋縄ではいきません。
日本歌曲の方は伴奏者とイメージの話し合いをじっくりしながら作り上げることができました。細かい音楽表現を確認しないと音楽が荒く仕上がってしまいそうなので、もう一度楽譜を見直そうと思います。
来週までにそれぞれ個々で練り上げて、19日に本番に向けて最終稽古をします。

後は家族に会って、一緒にW杯を応援して(残念でしたね。でも川口選手のスーパーセーブには感動!)、姪のりっちゃんと仲良く遊んできました。

名古屋へ行ったら八丁味噌ですよね!帰りの新幹線ではいつもの「ミソカツ弁当」を!
d0047297_21133041.jpg

でも名古屋はムシ暑かった・・・。
[PR]
by mihokohoshi | 2006-06-13 21:17 | つれづれ写真日記

パスタ

とうとう梅雨入りしました!!コレコレ!!このむしむし感が日本の梅雨です。例年と同じく洗濯物が乾きません・・・。

ここ2-3日はPCとにらめっこ中。何をしているのかというと、6月21日に名古屋でコンサートを行うので、(詳しくはコチラ)、プログラムに載せる解説と対訳を書いています。日本歌曲の方は終了しましたが、オルガンとの曲はこれから・・・。
それから7月に「ゲヴァントハウス・バッハ・オーケストラ」が来日し、名古屋で演奏会を行うにあたり、ライプチヒに留学していた私が今回のプログラムで留学中の思い出を書くという大役を仰せつかってしまい、楽理科の友達に添削してもらったりして書いているところです。留学の思い出をバッハとゲヴァントハウス・オーケストラに絞って書いているのですが、アレも書きたい、コレも書きたいと、キーを打つ手が止まらず、お菓子の話しまで書いてしまいました。

6月21日に歌う曲の中でドイツ語の歌詞があるのですが、詩を訳すということはどうも私の語学力では・・・。上手く訳せないので、今回も大島夫人に助けていただきました。お陰で曲のイメージがばっちり浮かび、明日オルガンと稽古することがとても楽しみです。

d0047297_034511.jpg大島夫人から「赤カブ」のお土産を頂いたので、今日は赤カブとタマネギのサラダ。
赤カブの赤い色はポリフェノールなんだそうです。
本当に赤ワイン色で綺麗でした。
パスタも大島夫人に教わったエビと野菜のパスタ。
野菜はブロッコリーとソラマメを使ってみました。
[PR]
by mihokohoshi | 2006-06-12 00:10 | つれづれ写真日記

オリヅルラン

d0047297_21474039.jpg昨年のこの時期、後輩からもらったオリヅルラン。
昨年は水と太陽が十分でなかったようで、花芽は出たものの咲いてくれませんでした。
しかし!!
今年は6月に入ってから毎日のように2~4つの可憐な白い花を咲かせてくれています。
黄色い花粉はユリの花粉のようにしっかりしているので、洗濯物につかないように注意。


d0047297_21495282.jpg9月7日木曜日19時から、かつしかシンフォニーヒルズの小ホール(アイリスホール)にて、La Fonteverdeラ・フォンテヴェルデが第5回定期演奏会を行います。
出来立てほやほやのチラシがこちらです。
今回のテーマはグァリーニの牧歌劇「忠実な羊飼い」
16世紀後半に活躍したグァリーニによって書かれた「忠実な羊飼い」という牧歌劇は当時最も人気の高かった作品であり、多くの作曲家がこの詩をもとにマドリガーレを作曲しています。その数500曲以上!
今回の公演では、その詩の中から人気の高かった4つを選び、それに作曲した幾人かの作品を取り上げています。同じ詩でも作曲家のインスピレーションの違い、個性の違いが反映されていて歌っていてとても面白いです。
チケットは前売り3000円、学生は2000円です。
お時間ありましたらよろしくお願い致します。
[PR]
by mihokohoshi | 2006-06-08 22:04 | つれづれ写真日記

宗研演奏会

d0047297_22591397.jpg今日は朝からカザルスホールへ向かい、宗研の演奏会に出演してきました。
3月1日以来の演奏会。そして昨年の夏が思い出されるカザルスホール。
曇り空の下、ちょっと不安を抱えつつ会場へ向かいましたが、とっても気持ちのよい演奏会となりました。
合唱団のメンバーが楽しく歌う顔を見ていて、歌うことの楽しさを再認識できたようです。
またこうして楽しく演奏会で気持ちよく歌えるように、頑張っていきます。
[PR]
by mihokohoshi | 2006-06-04 23:57 | 演奏会報告

エビパテ

d0047297_2057445.jpg6月になりました。

洋服のサイズは一つあげたくて、数日前から1日4回ご飯を食べています(笑)。
それでもきっと普通の人の3回分と同じ量なんだと思いますけどね。一度に沢山食べられないので、回数増やさないと量が食べられないんですよ。
舞台に出た時にどうしても「マッチ棒」のように痩せて見えてしまって、存在感ないので。
シンクロの選手や力士が「食べることも仕事だ」とおっしゃっていますが、歌手も同じですね。
無理せず半年後を楽しみに食べています。

今日のお昼は、大島夫人(私のドイツ語の先生でもあり、料理の師匠でもあります)が教えてくれたパテ(パンの上にのせて食べるもの)を作ってみました。
材料は、エビ、みじん切りニンニク、オリーブ油、ディル(ハーブ)、塩、胡椒、マヨネーズです。
①エビとニンニクをオリーブオイルで炒め、塩&胡椒で味付けします。
②ディルをみじん切りにします。
③エビをみじん切りにします。そしてエビとニンニクとディルをマヨネーズで和えます。

以上です。これをかりっと焼いたパンにのせて食べると美味!
[PR]
by mihokohoshi | 2006-06-01 21:09 | つれづれ写真日記