明日の演奏会

明日は19時から日本福音ルーテル東京教会というJR新大久保駅から山の手線内の方向(JR大久保駅とは逆)へ徒歩10分ぐらいのところにある素敵な教会で、コーヒーカンタータを歌います。
天気が心配でしたが、今夜の天気予報では曇りのち晴で、気温も今日より温かくなるそうです。
平日ですが、もしもお仕事が早く切り上げられた方は、当日券もまだございますので、どうぞ聴きにいらして下さい。
「コーヒーカンタータ」のほかにも、唯一現存するテノールソロカンタータ55番や、ブクステフーデの三重唱、器楽曲も演奏いたします。

さて昨日の稽古後、大島夫人の手料理をご馳走になりました。
d0047297_21261215.jpg「滋養が付くよ」と進められたのが生牡蠣!
身がとても大きくて、食べごたえありました。

d0047297_21271788.jpgそしてお手製塩豚が入ったポトフ。
これは冷えた体を温めるのに最適です。

d0047297_21291963.jpg食後に頂いた紅茶がめちゃくちゃ美味しかったので、銘柄などチェックさせていただきました。
とても高級な紅茶なんだそうです。
一口飲んで、すぐに普通の紅茶とは違うと分かりました!!
[PR]
by mihokohoshi | 2007-11-29 21:31 | つれづれ写真日記

富岡:ロ短調ミサ

d0047297_0233664.jpg「やっぱりバッハって天才だなぁ」

毎回 ロ短調ミサを歌ったり聴いたりするたびに感じるこの一言。

今日も気持ちの良い快晴の中、群馬県富岡市の小高い山の上にぽつんと建っている「かぶら文化ホール」でバッハのロ短調ミサを歌ってきました。
ちなみにこの「かぶら」は、野菜の蕪ではなく、富岡市中心を流れる「鏑川」から来ているそうです。

特に今回はマエストロ・TOTSUKAさんの熱い音楽にオケも合唱も重厚に応えて、出たしのKyrieから火山が噴火してマグマが流れ出ているようで、圧巻でした!
これまで様々な指揮者とこのロ短調ミサを演奏していますが(ソロとしても合唱としても)、指揮者の解釈によって、これだけ音楽が変わるのだなとしみじみ感じます。きっと演奏するということは「音楽を奏でる」のではなく、「思いを聴衆に伝える」という作業なんでしょうね。

帰宅後母と久しぶりに音楽の話しをしました。そして気が付いたことは、音楽を聴くというより、もしかしたら音楽を感じるというほうが正しいかも知れないということ。演奏者から発信されたメッセージを「感じる」!
先日TOCでナタリー・デセイの演奏を聴きましたが、彼女の声や音楽を聴いたというより、彼女の体から発せられるオーラと彼女の感覚を「感じる」ことができたというほうが正しいかも。
d0047297_0454272.jpg

↑富岡の合唱団から頂いた立派なバラの花束。ありがとうございました。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-11-26 00:44 | 演奏会報告

ゆず風呂

d0047297_22473557.jpg

今日は宗研合唱団女声のための特別練習日。
この特別練習は今年から始まり、通常練習だけでは不安だというソプラノさんがWさんのお宅にある素敵なスタジオに集まって3時間みっちり練習するというもの。
最近はアルトさんも参加するようになり、毎回15名以上が集まります。
皆さん熱心なので、指導する側もしっかりランチを食べてエネルギーをチャージしてからスタジオへ向かわないと皆さんのパワーに負けてしまうくらい。
それでも終わる頃はヘトヘトに…

でも今夜はWさんの庭で収穫された無農薬の立派な柚を頂いたので、お風呂に入れて香りを楽しみながら疲れを吹き飛ばそうと思います!
[PR]
by Mihokohoshi | 2007-11-18 22:47 | つれづれ写真日記

イルミネーション

d0047297_22471075.jpg街はオレンジ色のかぼちゃから赤白緑のリースに飾りが変わり、いたるところでクリスマスソングが流れ始めました。
気温も一気に下がり、本格的な冬の訪れです。

父の還暦祝いと姪の誕生祝いを東京ディズニーランドにある某ホテルで行うこととなり、久しぶりに舞浜まで行ってきました。
そこにはなんとミッキーの形をしたリースも!!もちろんディズニーランドとシーはクリスマスイルミネーション一色になっていて、夢のひと時を家族と一緒に過ごすことが出来ました。

これからクリスマスまで演奏会がたくさんありますので、風邪をひかないように外出時のマスクは必需品。ディズニーシーでもマスク姿で楽しみました・・・。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-11-16 23:00 | つれづれ写真日記

d0047297_23564739.jpg11月11日日曜日、名古屋で「メサイヤ」の本番でした。
朝起きたら雨が降っていて・・・・他のキャストから「流石ホシちゃん、見事に降らせたね」と・・・。
しかし午後には雨が上がり、お客様の足には影響がなかったようなので、ほっと一安心です。

「ヘンデル協会」のメサイヤは今回で43回目を向かえ、合唱団の方たちは、ほぼ暗譜しており、秀美先生の軽快なテンポにも、するどい音楽的アプローチにも、ぴしっとついて歌いきっていらっしゃいました。
感心したのは演奏だけではなく、メサイヤ全曲を一度も座ることなく立ったままで歌いきったこと。3時間ですよ。楽譜を持っているだけでも大変なのに!!
演奏会当日は朝から舞台の準備、楽屋の準備などで走り回り、3時間歌ったあとも、お片づけとパーティー会場の準備など、合唱団の皆さんは休むことなく働いていらっしゃいました。お疲れになられたことと思います。本当にありがとうございました。

d0047297_093263.jpg「メサイヤ」のソプラノソロは、舞台に登場してから30~40分じっと待っていて、繊細なレチタティーヴォから歌いださなくてはなりません。
以前はこの待ち時間が嫌で嫌でたまりませんでしたが、今回は意外と他のキャストの演奏を楽しみながら待っていたので、気分的には20分ぐらいの待ち時間に感じられました。
が、体は40分待っていたわけでして・・・。どのようにこの40分を過ごすかは、今後の課題のようです。
アルトは同級生のゆきえちゃん。もう10年以上一緒の舞台に立ったり、二重唱をしたりと、信頼しきっている友人です。今回初めて一緒に「メサイヤ」のソロを歌いました。衣裳はブルー系で揃えて、皆様から好評でした!!いろいろありがとうね。

d0047297_017585.jpg「名古屋に来たんだから、朝食は喫茶店の「モーニング」を試してみたいな」と発言されたのはテノールのちぇりーさん。
飲み物を注文すると、バタートースト半分とゆで卵が1つ付いてきます。せっかくなのでサラダを注文してみたら、予想をはるかに超えた大きなサラダが山盛り出てきました。

d0047297_023713.jpg名古屋名物は味噌煮込みうどんや味噌カツ、ひつまぶしだけではありません。
こちらは名古屋コーチンの手羽先です。
ゆきえちゃんもちぇりーさんも無心に頬張ってました。
きっとコラーゲンで次の日お肌ぷりぷりだったことでしょう。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-11-15 00:28 | 演奏会報告

次は名古屋

10月25日のラ・フォンテヴェルデ定演後、その余韻を引きずりながらあっという間に10日が過ぎてしまいました・・・。

11月2日に同級生が指導している合唱団「東京ゾリステン合唱団」の演奏会に友情出演してきました。ちょっと疲れが残っていたのか、体調が万全ではなかったので、全力投球できなかったことが残念です・・・。

そして昨日は先輩の結婚式。
やはり幸せな気分にさせてくれる結婚式って素敵ですね。感動的なお式でした。
末永くお幸せに!!

さて11月は名古屋と群馬という地方公演があります。
最初は11月11日の名古屋で「メサイヤ」公演です。今までメサイヤは3回歌ったことがありますが、すべて全曲ではなく抜粋での演奏でした。
しかし今回全曲演奏ということで、新しく歌う曲が3つもあります。オケ合わせまでにちゃんと準備しなくてはなりません。

群馬では「ロ短調ミサ」を歌うことになっています。
こちらも以前歌ったバージョンと違う曲が入っているので、準備が必要です。

風邪をひいてはいられません。
明日はゆっくり休養します。
[PR]
by mihokohoshi | 2007-11-04 22:47 | つれづれ写真日記

東京バロック・ゾリステン合唱団定期演奏会
11月2日(金) 19時開演
日本福音ルーテル東京教会

メンデルスゾーン「テ・デウム」
シュッツ「主に向かって新しい歌を歌え」
アルカデルト「白く優しい白鳥」他

指揮:大井哲也
ソプラノ:星川美保子 アルト:田村由貴絵
テノール:安保克則 バス:斉藤洵
チェロ:本倉信平 オルガン:佐藤麻衣子

「メサイヤ」
11月11日(日) 4時開演
愛知県芸術劇場コンサートホール

指揮:鈴木秀美
ソプラノ:星川美保子
アルト:田村由貴絵
テノール:櫻田亮
バス:河野克典
名古屋フィルハーモニー交響楽団
合唱:ヘンデル協会

「ロ短調ミサ」
11月25日(日) 14時開演
群馬県富岡:かぶら文化ホール

指揮:十束尚宏
ソプラノ:星川美保子
アルト:日野妙果
テノール:大島博
バス:高橋啓三
群馬交響楽団
合唱:富岡・群響と第九をうたう会
[PR]
by mihokohoshi | 2007-11-04 22:29 | 終了したコンサート情報