<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヘルシーキッシュ

d0047297_23163619.jpg

月に1~2回のペースで、宗研合唱団の《女声強化特別練習》を指導させて頂いています。

毎回日曜の午後だというのに、「月曜の定期練習を実りあるものにしたい!」という女声団員の方々が10~15名集まり、みっちり3時間練習するんです。
これもご自宅に素敵なスタジオをお持ちのWご婦人が練習場所を提供して下さるから出来るんですね。感謝です。

先週は少し早めにスタジオへ行って、ちょっと練習させて頂こうかなーなんて40分程早めに伺ったら、W婦人が「丁度キッシュが焼けたから食べて!お昼まだでしょ。」と、焼きたてのキッシュをご馳走して下さったんです。
そのキッシュはまるで茶碗蒸しのような軽さでびっくり。早速作り方を教わり、作って見たのが上記の写真です。

W婦人のキッシュもヘルシーでしたが、よりヘルシーにしてみました。

材料:(二人分)
卵3個(本当は卵二個と卵黄二個)、豆乳(本当は牛乳と生クリーム)、とろけるチーズ、胡椒
ほうれん草、シメジ、ベーコン、トマト、(これに鮭も入っていました)

以上です。本当はパイ生地をひくのですが…なくても美味しいオムレツという感じで充分満腹感を味わえました。
ベーコンとチーズの塩だけで十分ですし、トマトの酸味が食欲をそそります。
野菜は何をチョイスしても合うそう。茄子とか、ズッキーニとか。

この強化特別練習は最近おやつだけでなく、軽食まで皆さん持ち寄るようになり、テーブルは食べ物で一杯なんです!!

こうして栄養補給をしながら皆さん頑張ってます。私も頑張ってます。
[PR]
by Mihokohoshi | 2008-05-29 23:16 | つれづれ写真日記

ロバのおうじ

d0047297_1810054.jpg

昨日はココ↑日本キリスト教団小金井教会(武蔵小金井駅)で、歌と朗読をしてきました。

昼の公演も夜の公演も沢山のお客様に来ていただき、私のつたない朗読にも熱心に耳を傾け、想像を膨らませて聞いていただいた皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。

「朗読しっぱなしでしたね」といわれるぐらい、かなり沢山のページを読みましたが、オルガンの松居さんが気を使ってくださり、挿入されるオルガン曲を沢山弾いてくださったので、なんとか2回公演を行うことが出来ました!

会堂は木の天井が心地良い空間を作っていて、雰囲気も音響もよく、歌いやすく話しやすい会堂でした。なんどもリフォームされているので見た目は分かりませんが、戦後すぐに建築されたんだそうです。とても暖かい教会でした。

今回は「ロバのおうじ」という絵本を読みながら、その内容にあった曲を選び、演奏しました。松居さんのセンスは素晴らしく、この絵本のために作曲されたのではないかと思うぐらい、ぴったりの選曲をされ、映像がなくても楽しむことができたと思います。私のお気に入りは「魔法使いが魔法を懸けている場面」と「風の歌を奏でる場面」の曲でした。

次回の「ロバのおうじ」は、8月1日のミューザ川崎「こどもフェスタ」です!
ここでは、大きなパイプオルガンが加わりますので演奏も華やかになりますし、なんといっても子供たちのために舞台上に設置されたスクリーンに絵が映し出されます。絵が出来上がったらまた登場人物のキャラクターなど考え直して、こどもたちに楽しんでもらえる演奏会にしたいと思っています。

その前に!!
6月10日(火)杉並公会堂小ホールにてラ・フォンテヴェルデの定期演奏会です。
どうぞお楽しみに。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-05-25 18:26 | 演奏会報告

ロバの王子

美しい五月晴れが続いて気持ちよいです。桜並木も若葉がびっしりと茂り、心地良い木陰を作っています。そろそろ毛虫が登場する頃でしょうか・・・。

5月24日に小金井教会で、オルガニストの松居さんと一緒にミニコンサートを行います。14時~と18時~の2回公演です。

ミニコンサートとはいえ、かなりハードな演奏会となりそう。
というのも、私は「ロバの王子」という絵本を朗読しながら、途中で絵本の内容に合ったリートやマドリガーレ、アリアを5曲歌うからなんです!まるで一人芝居やるような感じです。
もちろんオルガンの曲も挿入されますので、ほっと一息つくことは出来るのですが、まだ歌うことと話すことを交互に行うことに慣れていなくて・・・。
しかも朗読が難しい。
昨夏、ミューザ川崎の「こどもフェスタ」で「魔法使いの弟子」という絵本を朗読しましたが、今回の「ロバの王子」は登場人物も多く、物語もより道徳的なので、内容がちゃんと伝わるように早口にならないよう気をつけています。が、話しが長いので、だらだら感がでないように工夫しなくてはと思考錯誤中。

今回の「ロバの王子」は小金井教会のミニコンサートだけでなく、8月1日のミューザ川崎「こどもフェスタ」9月5日の小倉・北九州厚生年金会館でも公演があります。公演によって時間の短縮やオルガン曲の変更などをしながらお客様に楽しんでいただけるよう工夫する予定です。

ところでこの「ロバの王子」。とても良い絵本です。姪っ子たちにも読んであげようと、絵本を購入予定。いろいろ調べましたら区や市の図書館にもありましたので、興味のある方は是非。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-05-17 11:10 | 稽古風景

感謝

d0047297_18241110.jpgd0047297_18242744.jpgd0047297_18265814.jpg

ゴールデンウィークが終わりました!
最後の最後にカラカラの晴天がやってきてくれたおかげで、すっかり衣替えも終わり、夏を待つばかりです。

・・・あっ、その前に梅雨が・・・。

さて今年のゴールデンウィークは、歌の先輩方に大変お世話になり、沢山のことを吸収させていただきました。
せっかくのお休みの時間を割いていただき、ドイツリートとイタリアンバロックのレッスンをしていただいたのですが、ドイツリートの先輩はたった2曲を2日間かけて5時間も!そしてイタリアンバロックの先輩は1曲をじっくり1時間半教えてくださいました。

どちらの先輩も、今までご自身が吸収された情報を惜しげもなく提供してくださり、私が納得するまでトコトン付き合ってくださいました。
私がこれまで仕入れてきた情報がしまってある頭の中の引き出しを全部引っ張り出して、どの引き出しと先輩のアドヴァイスが共通しているのか、または私が取り違えてしまっていた情報をどの引き出しにしまうのが適当なのか、または新たな引き出しとなるのか・・・。
洋服の衣替えとともに、頭の中の整理整頓をしたような感覚です。まだ実感しきれなくて引き出しからはみ出している情報もありますが、それは今後少しずつ整理していけたらと思っています。

教える立場になってから、正しい情報を生徒さんに提供したいし、中途半端なことは教えたくないし、「○○らしいよ」という伝聞ではなく、なるべく自分が体験し納得したことを提供したいので、必然的に頭の中の情報を整理してもう一度体験したくなったみたいです。

どかーんと情報公開してくださった先輩方に心から感謝!

そしてレッスンの後は美味しいご飯が待っていました。
d0047297_18205140.jpgd0047297_1821972.jpg

左のペンネはたっぷり煮込んだトマトソースがポイント。右の魚ソテーには、オリーブとトマトとタマネギと・・・いろいろ入ったソースがパンチをきかせていました。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-05-07 18:33 | 稽古風景

宗研合唱団

ゴールデンウィーク後半はあまりお天気よくありませんね。一気に夏に向けての衣替えをしてしまおうと思っていたのですが・・・。これでは洗濯機をフル活動させられません。
昨日の湿気は梅雨の気配を感じました・・・

今日は朝10時から、ゴールデンウィーク唯一のイヴェント「宗研合唱団ボーリング部」のボーリング大会に初参加してきました。
宗研合唱団との関わりは2002年ぐらいから。指導をされている大島先生から「次回の演奏会で合唱のお手伝いと一声ソロの箇所を歌ってもらえないかな?」とお願いされて、それから留学中の1年を除いて毎回定期演奏会のソロを歌わせていただいています。
当時なかなか宗教曲のソロをする機会に恵まれなかったので、宗研合唱団の定期演奏会でソロをさせていただけることは私にとって貴重な体験でしたし、大島先生とアルトの中巻先生(同門の先輩でもあり、何でも相談にのってくださる)と一緒の舞台に立って演奏できるだけで、ものすごく勉強になりました。
宗研合唱団の皆さんは本当に温かく私の成長を見守ってくださり、特に留学後の演奏会には毎回のように足を運んでくださって応援してくださいます。
歌手としての成長を支えてくださっているだけでなく、指導者としての成長にも大きな影響を与えてもらっています。大島&中巻両先生が忙しくてどうしても練習へ行くことができない時は私が指名され、しどろもどろになりながら阿波踊りのように手をパタパタさせて指揮をしている私を目を細めて見守り、私の一言に対して全力で反応してくれます。どのように合唱指導をするのか、発声はどのように表現すると皆さんに伝わりやすいのか。こうした経験も宗研合唱団の皆さんに協力してもらい、勉強させてもらっています。

そしてこの合唱団には「ボーリング部」があり、15名ほど所属しているそうで、3~4ヶ月に一度合唱団の練習の前に集まって毎回4ゲームしているんだとか。
今日は私も誘っていただけたので、5年ぶりにボーリングをしてきました。
皆さん、めちゃくちゃ上手!!ハンディ50をもらいましたがとても太刀打ちできません。半分以上の方が4ゲームの合計500点前後出されるんですよ。今日の優勝者Aさんはなんと「666」点!!素晴らしいテクニックでただただ感嘆するのみでした。皆さんにコツを教えてもらい4ゲームで上達できたので又次回頑張ろうと思います。

ここで合唱団へのお誘いを♪
来年5月31日に杉並公会堂大ホールにて宗研合唱団が定期演奏会を行います。曲目は「ヨハネ受難曲」です。大島先生がエヴァンゲリスト、私と中巻先生がソロを歌い、イエスは田代先生、オケは古楽器オーケストラになるそうです。
初心者の方、ご安心下さい。今は最初から丁寧に音取りを始めたところです。
経験者の方、是非いらして下さい。大島先生が正しい発音と歌詞の解釈、音楽のアプローチを一つずつご指導していらっしゃいます。
「一度ヨハネを歌ってみたかった」「歌ったことはあるけど、もう一度一から勉強したい」「もっと上手く歌いたい」などなど、どんな方でも充実した練習を体験できます。
興味のある方は、毎週月曜日18時~20時45分 同仁教会幼稚園(護国寺)へどうぞいらして下さい。
HPはこちらです。
■お問い合わせ先
近江: 090-2255-7178  jirohmi@gmail.com
[PR]
by mihokohoshi | 2008-05-05 16:29 | つれづれ写真日記

すごい曲!!

気持ちの良いお天気のよい日が続いています。
街中へ出ると人があふれ、皆さん楽しそうに目的地に向かっていきます。

私はというと、今日はラ・フォンテヴェルデの練習へ行って来ました。
d0047297_1841273.jpg
そう、第7回定期演奏会6月10日(火)
19時から杉並公会堂小ホール
で行われます。

今日からスイス留学を終えたスミが加わり、より一層楽しい練習になりました。

今回の目玉はカルロ・ジェズアルドシジスモンド・ディンディアではないでしょうか。
←こちらのチラシから雰囲気が伝わるかと思いますが、とにかく曲が濃くて、和音進行が斬新で、驚きの連続なんです。

特にジェズアルド。彼は16世紀後半から17世紀前半にかけてイタリアのフェラーラやナポリで沢山のマドリガーレなどの声楽曲を書いています。
そして音楽史で習った「彼が殺人者だ」という衝撃的な事実!美人で有名な奥様の浮気が発覚し、浮気相手と奥様、さらには生まれたばかりの幼子まで自分の子がどうか疑って殺してしまったんだとか・・・。
晩年はうつ病に苦しんでいたようで、そうした精神不安定な部分が曲にも見て取れます。美しい和声が現れては、ふっと消えてしまい、突拍子もない調性が出現するのです。
一体どんな曲なのかを掴むまでが大変で、一度構成が分かると驚きの和声展開が美しく感じられます。今日も一つずつ丁寧に和声を解きほぐし、「この瞬間だけハ長調になるんだね」と分析しながら噛み締めて歌ってきました。

ディンディアもジェズアルドやモンテヴェルディと同時代に活躍した作曲家で、ジェズアルドよりは穏やかではあるけれども衝撃的な和声を紡ぎ、モンテヴェルディのような言葉と音楽の一体感がある曲を作っています。

「なんだか難しそうな曲ばかりね」と思われた方、どうぞご安心下さい。
この二人の曲ばかりではなく、この二人に強い影響を与えたマレンツィオやモンテヴェルディのマドリガーレもちゃんとご用意いたしております。より一層美しい音楽に出会えること間違いなしです。
歌っている私たちが「このほっとする美しいメロディって素晴らしいね」と感じるのですから。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-05-01 19:34 | 稽古風景