2008年の仕事を終え、ほっとしたのか少し身体が「疲れました!」と信号を発信していましたが、無事元気になりました。
秋から冬にかけては演奏会が続きましたので、「ちょっと風邪ひきそう」「微熱!」という時に漢方などの助けを借りてひどくならないようにしたり、休養できる時は身体を休めたりして頑張ってきましたが、最近の急な冷え込みに身体がギブアップしたようです。
インフルエンザや風邪がはやっているようですので、年末年始も健康第一で頑張ってきます。

今年の一文字は「変」

私にとって今年はどんな一年だったのでしょう・・・。今年もいろんなことに挑戦させていただいた年だったように思います。

プログラムをめくりながら振り返ると・・・

まずいつも大変お世話になっている宗研合唱団の定期演奏会から始まり、数多くの宗教曲を歌う機会をいただきました。その中でも11月の「マタイ受難曲」デビューは調整不足で気持ちよく歌えませんでしたが、沢山のことを勉強させていただいた思い出に残る演奏会となりました。

そして憧れだったライプチヒのバッハコンクールを受けに行くことができたことも素晴らしい体験となりました。1ヶ月も音楽に専念できる環境に身を置き、自然を感じながら集中して勉強できたことはどんなにユーロが高くても行ってよかったと思います(笑)。
1ユーロ=178円までいきましたから。

パイプオルガンとの共演も今年は多く、「お話オルガン」と題してグリム童話「ロバのおうじ」を読みながら絵本の内容に合った歌を歌ったりしました。12月のエグモントで松本さんの朗読を聞かせていただきましたが、あのように味のある朗読ができるようになりたい!

あとは日生劇場のオペラ「魔笛」に出演させていただけたこと。新しい仲間にもめぐり逢い、2ヶ月一緒に稽古して沢山のことを得ました。指揮者の上岡さんや読売響の素晴らしい音楽に触れることができて幸せでした。身体中にアザを作って、八百屋の舞台をワンピースで動きまわって大変でしたけど、振り返れば楽しい思い出ばかりです。


さて簡単ではありますが、来年2009年の予定をコチラに載せました。

来年も宗教曲が中心でオペラも2つ入っています。
楽しみなのは「ヨハネ」と「マタイ」の両受難曲を歌わせていただくこと。こうして回数を重ねて徐々に自分のものにしていきたいです。

今から緊張しているものは5月のオーケストラ・リベラ・クラシカとのハイドン「Salve Regina」です。
楽譜を見てあまりの難曲に挫折したのですが、マエストロが「この曲はあなたの声のイメージにぴったりだから!」という大変光栄なお言葉を頂きまして、挑戦させていただくことにしました。

声楽アンサンブル ラ・フォンテヴェルデ の演奏会もございます!

来年も温かく見守っていただけたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。
よいお年をお迎え下さいませ。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-12-28 19:00 | つれづれ写真日記

名古屋フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会にデビューさせていただきました!

d0047297_1783976.jpg2日公演でしたので、赤味噌パワーで乗り切ろうと、1日目の公演直前にはホールの近くにある「オアシス21」という広場で「鈴の屋」の味噌田楽をいただきました。

曲目はベートーヴェンの「エグモント」。序曲のみはよく演奏されますが、全曲演奏という形は珍しいと思います。
今回でエグモントを歌うのは3回目。2006年9月に初めて歌った時と指揮者は同じ下野さん。下野さんは歌手に無理させることなく、バランスをコントロールしてくださるのでとても安心して歌うことができます。

今回はP席のパイプオルガンの場所で歌いました。左右の席にはお客さんがいらっしゃいますのでいつもとは違う緊張感があったことと、手すりがあるとはいえ、ちょっと足元が怖かったですが、何とか震えずに歌ってきました。

「エグモント」全曲の中で歌は2曲のみ。ちょっと低めの音域なのでオケの音になじんでしまうのですが、もしかしたらオルガン席で歌ったことによって幸いオケと溶け込むパーセンテージが低くすんだかも知れません。でもちょっと指揮者やオケとの距離がありすぎて、オペラを歌うよりもタイミングを計ることが難しかったです。。。
また劇音楽ということで、演技をするべきなのかということを指揮者と話しましたが、中途半端な印象を受けてしまうかもしれないということで、音楽に集中することになりました。

d0047297_17104227.jpg公演終了後は、ホールの隣にあるNHKの地下2階でお寿司を!!


そして公演後は2日だけですが実家でのんびり・・・いや、姪っ子たちに振り回されてきました!

左は柿が豊作。実が沢山ありすぎて小ぶりですが、とても甘い!右は父の作品。どちらも大きくて立派で美味しかったです。
d0047297_1772644.jpg
d0047297_1774060.jpg

[PR]
by mihokohoshi | 2008-12-23 17:14 | 演奏会報告

味噌パワー

d0047297_21205655.jpg

いま名古屋に来ています。
19、20日の2日間ベートーベン『エグモント』を歌うためです。

このあと一週間ほど帰省する予定なのですが、14日に頂いたバラがまだ元気に咲いていて、このままポツンと枯れるのは可哀想だなと思い、東京からはるばる運んで来ました。
稽古で疲れてホテルに戻ってくるとあたたかく迎えてくれます。

名古屋に来てランチは「味噌煮込みうどん」、夕飯は「三河豚の味噌カツ」と早速赤味噌三昧しています!

味噌パワーで二回公演頑張ります。

明日はドリンクを注文するだけでトースト半分と茹でたまご一個が付いてくる名古屋の《モーニングセット》から始めよう!
[PR]
by Mihokohoshi | 2008-12-18 21:20 | つれづれ写真日記

d0047297_21292640.jpg無事今週の演奏会を終えました。
演奏会で頂いたお花たちが癒してくれます。

12月は演奏会が続くのでただでさえ大変なのに、ちょっとでも調子を悪くするとドっと疲れが増します・・・

連日の稽古に続き、本番を2回行うのはやっぱりハード。

12日のラ・フォンテヴェルデのクリスマスコンサートは、お昼の公演は緊張して慎重になりましたがハーモニーの具合はなかなか良かったと思います。アンコールはご愛嬌で。

夜の部はリラックスした分、前半は音楽を楽しめましたが、後半の難しい曲にあたふたしてしまったかなと。1日2回公演のペース配分と集中力はまだまだ経験不足のようです。

打ち上げは53階で「豆腐と豚しゃぶ」を頂きました。みんな無言で食べること2時間。
d0047297_1614281.jpgd0047297_16144325.jpg


明日はお休み。耳鼻科に行って、マッサージに行って、ケアしてきます。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-12-14 21:50 | 演奏会報告

ラ・フォンテヴェルデ

d0047297_18275122.jpg

明日は本番です!
今日もクタクタの体に気合いを叩きいれて頑張って稽古してきました。

今回は男性が5名なので、男性のみのアンサンブル四重唱があります。
これが品格アリで美しい!これを聴き逃す訳にはまいりませんよ!
是非お越し下さいませ。
[PR]
by Mihokohoshi | 2008-12-11 18:27 | 稽古風景

メサイヤ in  名古屋

d0047297_15325254.jpg愛知県芸術劇場コンサートホールで「メサイヤ」を歌ってきました。

木のぬくもりと赤い客席が美しく、雰囲気がとても素敵なホール。

このホールでは何度か歌わせていただいていますが、なかなかすんなり溶け込むことが出来ないホールです。
舞台からは客席がとても近く感じるのですが、意外と客席が広いので、落ち着くのは2曲ほど歌ってから。
そして頭から足先まで身体全体からエネルギーを空間に放出するようで、歌い終わるとぐったりしてしまい、楽屋まで歩いて戻るのも大変なぐらい魂までも吸い取られる感じです。

合唱団は「ヘンデル協会」さん。44回目を迎える今年は100名以上の方たちが舞台に立ちました。昨年は3時間の演奏会をずーっと立ちっぱなしで歌い切っていらして、合唱団の前でゆったりと座っていることが申し訳なく思ったのですが、今年はひな壇に座れるように工夫されていて、皆さんも昨年以上に力強く歌っていらっしゃいました。お疲れ様でした。

さて次は12月12日(金)のLa Fonteverdeクリスマスコンサート」です。
急遽テノールのCさんが特別参加してくださることになり、豪華なメンバーでお送りできることとなりました!是非皆様お時間ございましたら近江楽堂までお越し下さいませ。
まだチケット持っています。お申込はコチラ↓へ。

mihokohossie@hotmail.com
[PR]
by mihokohoshi | 2008-12-08 15:56 | 演奏会報告

稲沢市混声合唱団演奏会

愛知県稲沢市(いなざわし)は私の生まれ故郷。

d0047297_14353614.jpgサザンカ」という椿に似た花が”街の花”で、今ちょうど満開になっています。
祖父に「椿とサザンカってどうやって区別するの?」と質問したら、「花がぽとっと落ちるのが椿で花びらが散るのかサザンカだと思うよ」と教えてくれました。
写真は薄ピンクですが、赤いサザンカもあります。

d0047297_14385849.jpgクリスマスツリーのように三角形の木は、3メートルぐらい。

このように大きくなる木もあれば、2メートルぐらいで止まる木もあるようです。
子供の頃、庭に植えてあったサザンカに登り、木を揺すって花びらを散らして遊んでいました・・・。


d0047297_14453938.jpgさて、2年に一度のペースで定期演奏会を行っている稲沢市混声合唱団
今回もお声をかけていただき、モーツァルトのミサ曲とアンコールを歌ってきました。2年前の様子はコチラをクリックすると見られます。

今回は男声が増え、よいバランスで歌声を響かせていました。
「平均年齢が高くてねぇ」と気にされている団員さんもいらっしゃいましたが、まだまだ!!「平均年齢90歳になっても歌いましょう!」と皆さん元気です。

d0047297_14484677.jpgいつも美味しくて豪華なお弁当。
こちらをペロリと平らげて、打ち上げでもモリモリ食べてきました。
慌てずゆっくり噛んで食べることが胃腸にも負担をかけず、沢山食べられるみたいです。
この感じで沢山食べられるようになると、もうちょっと身体が大きくなるかなぁ。やはりドレスを着て舞台に立つと、どうしても貧弱に見えてしまうので、もうちょっと立派になりたい!

無料の演奏会ですが、お客様は459名いらして下さったそうです。500名のホールなのでほぼ満員。寒い中ご来場ありがとうございました。雨女の異名を持つ私と母が居たにも関わらず、快晴でお天気に恵まれました。

団員のご友人やご家族が聞きにいらしてくださっていることもあって、客席にはほんわかと温かい空気が漂っていて、気持ちよく歌うことが出来ました。
昨年のミサ曲も難しかったのですが、今年の作品337も手強くて、身体に入るまでかなり時間が必要でしたが、雰囲気にも助けられ、伸び伸びと歌えたように思います。

そしてピアニストのチズルさんのサポートにも感謝です。2時間弾きっぱなしで、しかもピアノソロも演奏され、ミサ曲ではオーケストラをピアノで弾ききってしまうパワーと確かな技術は素晴らしいですし、ぴたっと歌に寄り添ってくださるので、安心して歌うことができました。

さて次回の演奏会は12月7日名古屋で「メサイヤ」です。出来ればメサイヤまで実家でゆっくり出来たらなぁなんて思っていましたが、12月12日のラ・フォンテヴェルデのために練習もしなくてはならないので、11月30日の本番後すぐ東京に戻ってきました。12月は東京と名古屋の往復が3回ありますが、元気に乗り越えたいと思います。
[PR]
by mihokohoshi | 2008-12-01 15:06 | 演奏会報告