<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

宗研合唱団ヨハネ

d0047297_2037295.jpg

今、最終通し稽古が終わりました!
1年半をかけて繰り返し繰り返し練習を重ねてきた成果が実を結び、明日は素晴らしい演奏会となりそうです!
お天気もよさそうですし、お時間ございましたら是非杉並公会堂へお越し下さい。
きっと心に残るコラールが響くと思います!
[PR]
by Mihokohoshi | 2009-05-30 20:37 | 稽古風景

幸福感

d0047297_12205063.jpg
初めて浜離宮朝日ホールで歌ってきました。(写真はオルガンコンチェルトリハーサルの様子)
舞台は広すぎず狭すぎず、木目の色合い、ライトのやわらかさ、舞台から見る客席の雰囲気・・・と全てが温かく感じられ、気持ちの良い舞台でした。

25、26日の2日間、午前11時からオーケストラ合わせを行いました。
15分の曲とはいえ午前中から歌うにはちょっと厳しい曲だったこともあり、なかなか気持ちがのらず、緊張からよく眠れず、最後の最後まで悩みを抱えたまま練習を終えましたが、本番前夜は2日間の睡眠不足のお陰(?)なのかぐっすり眠れ、当日の最終リハーサルは落ち着いて演奏することができました。

オルガンコンチェルトのリハーサルを見学していたら、オルガンソロのイマコさんがそれはそれはとても楽しそうににこやかに演奏されているのを聴いて、「あーー!私もこう歌いたい!」と心底願い、本番ではとにかく振り向かず、失敗を恐れず、何があっても秀美さんとオケとアンサンブルのみんなが付いている、思い切って音楽しよう!と何度も言い聞かせてから舞台へと向かいました。

足が震えるぐらい緊張していましたが、秀美さんに「まずは第一声を落ち着いてしっかりとね」と直前にアドヴァイスいただいたので、最初の♪Sa~を言われたとおり落ち着いてしっかりと歌うことだけをまず考えて、あとは秀美さんの指揮の呼吸と、夏美さん率いるオケの音楽にのせてもらいながら、「こう歌わなきゃ」ではなく「こう歌いたい!」という気持ちを持って強い心で歌い切ることができたと思います。
間奏やアンサンブルの曲を舞台上で聴いていると、音楽に浸っている!というなんともいえない幸福感に包まれ、ソリストとして立っていることを忘れそうになるほどでした。
プログラムの最終曲目交響曲44番は客席で聴かせて頂きましたが、音楽をするってこういうことなんだ!と改めて感じることができ、一緒になって興奮して心拍数が上がりっぱなしでした。
この44番が収録されたCDはコチラでお求めできます。
オーケストラ リベラ クラシカのHPはコチラです。
平日にも関わらず沢山のお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。

さて私が歌ったSalve Reginaは、今まで私が避けて通ってきてしまった試練が満載の曲でした・・・。「高音は苦手なの」「メリスマはちょこっとならね」というように逃げようと思えばいくらでも逃げられた試練。
秀美さんから送られた譜面を見た時「もう逃げていてはダメなんだ。ここで挑戦しておかないとダメなんだ。」と思い知らされたというか、現実を突きつけられた思いでした。
腹をくくって練習を始めましたが、その道のりは厳しく、「この曲、本当に歌えるようになるのだろうか」と楽譜を見つめるだけの日もあったり。幸い素晴らしい仲間や先輩から的確なアドヴァイスや練習方法を伝授していただき、とにかくコツコツ練習を重ねるのみでした。
本番まで5ヶ月かけて試練と立ち向かう体と心ができて、オケ合わせでは楽器のフレーズと共に音楽の方向性など多くを学ばせていただきました。こうした貴重な機会を与えてくださった秀美さんに感謝です!
本番では振り返らず突っ走ったことで失敗も沢山ありましたが、この曲と向き合ってきたプロセスと共演者の方たちから感じた音楽によって、技術云々よりも歌手としてちょっと大人になれた気がしています。

今週末はバッハの「ヨハネ受難曲」です。
こちらもカンタータクラブの先輩方と共演ということで緊張しますが、思いっきり音楽できるように頑張ります!チケットはまだございます。少し割引できるそうなのでご注文はコチラまで↓
mihokohossie@hotmail.com
まずは今日一日ゆっくり休んで緊張した体とノドをほぐしたいと思います。
[PR]
by mihokohoshi | 2009-05-28 13:21 | 演奏会報告

大切なこと!

私の悪い癖は、余裕がなくなるとどうしても頭で解決しようと悪戦苦闘して、音楽にもその苦痛が現れてしまういうこと。
d0047297_16191751.jpg昨日は「メサイヤを歌う会」の方たちと一緒に演奏させていただき、「音楽への感謝と喜びを忘れてはいけない」という大切なことを思い出すことが出来ました!
これを忘れてしまっては、歌っていても無意味で、お客様にも心が空っぽということが伝わってしまいます・・・。ダメですね。
とってもステキな合唱団の皆様とモーツァルトをご一緒させていただき、そして皆様から大切なことを教えてもらい、昨晩は反省しながらもとても嬉しい気分で感謝をして過ごすことができました。ありがとうございました。

d0047297_16205319.jpg共演させていただいたソリストの先輩後輩です。
アンサンブルが重要な曲だったので、先輩の後を追っていくのではなく、一緒に音楽が鳴るように歌えていたのがよかったよと終演後オケの方がおっしゃってくださいました。

d0047297_162741.jpg
d0047297_16331669.jpg

演奏会場が麻布十番と六本木の間だったので、後輩が「浪花家総本店」のたい焼きを買ってきてくれました。
先日のリハーサルの時は1時間待ちと言われたから、昨日は朝に電話をして予約注文をしてくれたんだとか!ありがとう。
元祖・たい焼きという感じで、皮は薄くぱりっとしていて、中身のアンコも余分なものが入っていない素朴で美味しいたい焼きでした。アンコはこのようにむっちりと詰まっておりました。ご馳走様!

d0047297_16351745.jpg昨日もキレイに東京タワーが見えました!
暑かったけど雨が降らなくてよかった。

さて明日からOLCの練習が始まります。
今日は1時間だけ自主練習をして、明日に備えました。
きっとOLCのオケに支えられて自由に楽しく歌えると思います。
大切なことさえ忘れなければ!
[PR]
by mihokohoshi | 2009-05-24 16:47 | 演奏会報告

初夏演奏会

毎日日替わりで練習していますが、やっぱりハイドンのSalve Reginaは手強いです。調子が良くても難しい!!ものすごく良い曲だから美しすぎて、その理想になかなかたどり着けず、もがいております。

d0047297_23381751.jpgさてそんな中、23日に行われる「Early Summer Concert」の練習のため六本木にある東洋英和女学院記念講堂へ行って来ました。
こちらの講堂は残響が3秒ぐらいあるそうで、とても豊かな音響に包まれ、正面のパイプオルガンも美しく、落ち着いた雰囲気がありました。
こじんまりとした舞台ではありますが、客席は意外と広いように思います。

今回演奏しますのはモーツァルトの「ミサ・ブレヴィス変ロ長調K275」で、女声4声の編曲バージョンです。ソリストも女声3名、オーケストラも編曲されているようで、原曲とは一味違ったミサ曲となっています。。
「ミサ・ブレヴィス」以外にも、ディヴェルティメントなどオケの曲も演奏されますし、B.ChilcottのPesce Massという曲も演奏されます。
もしお時間ございましたら、六本木散策とともに是非お越し下さい。
まだ私もチケット何枚か持っていますので、ご入用は22日夜22時までにこちらまでメールをお送りいただければご用意いたします!
mihokohossie@hotmail.com

d0047297_23455738.jpg六本木から東洋英和女学院へ向かう途中、立派な東京タワーが見えました。
本番の日、雨が降らなければいいのですが・・・週間天気予報によるとちょっと危険のようです。
[PR]
by mihokohoshi | 2009-05-21 23:52 | 稽古風景

コツコツと

GWの後、23日まで本番がないので忙しくないはずなんですけど、なかなか時間が作れずブログも更新できず・・・。
ようやく今日はほっと一息付いて穏やかな一日を過ごしております。

先日27日のOLCハイドン演奏会に向けて、マエストロ秀美さんと個人稽古をしてきました。テンポや音楽作りに関して前もってマエストロと相談や稽古が出来たことで、なんとなく先が見えたような気がしてほっとしました。それでもあの難曲をしっかり歌うには、体調が万全でないと無理だろうなと気を引き締めています。5月は後半に3つも演奏会がありますので、体とノドのケアは気をつけないと・・・。

今は21日からの稽古開始に備えて「今日はハイドン、明日はミサ・・・あっ、ヨハネも練習しなくちゃ」と毎日日替わりで曲を練習しています。幸い時代が近いのでそれほど大変ではありませんが、ハイドンはA=430、ミサはA=442、ヨハネはA=415とピッチが違うのでそのあたりはオーケストラと一緒の練習になって来た時に神経を使わなくてはならないので大変になるかも。

最近「ファン・ジニ」のDVDを見はじめました。衣裳や装飾品の美しさはもちろんのこと、ハンス・ペンムの言葉に心を打たれます。芸術を志す者としての心構えをずばりと言われるので、襟を正しながら見ています!
[PR]
by Mihokohoshi | 2009-05-16 12:47 | 稽古風景

久々の晴れ

毎年GWは衣替えをするのですが、今年のGWは後半が雨・・・。気温も上がらず、洗濯も出来ず・・・。
d0047297_14503249.jpgやっと今日太陽が顔を出し、絶好の洗濯日和になったので、洗濯機をフル活用して衣替えをしました。
第一弾の洗濯物はすでに乾いています!
お天道様ありがとう!!
梅雨入りするまでは気持ちよい気候を楽しみたいですね。
ベランダでは昨年植えたオシロイバナの芽が顔を出していました!


さて5月は後半に大きな演奏会が3つも入っております。
まずは23日の「初夏演奏会」。モーツァルトのミサ・ブレヴィスを歌います。女声三声に編曲されているので原曲とはまた違う雰囲気のミサになるのではないかなぁと楽しみにしています。

それから27日はチェロの秀美さん率いるオーケストラ・リベラ・クラシカの演奏会で、ハイドンの「Salve Regina」を歌います。
ハイドンってステキなんだけど難しい!!!このSalve Reginaはもしかしたら日本初演かもしれないんですって。ステキに歌えたらいいのですが、今の私にできることを全て出し切るだけだと頑張っています。
他の曲も魅力的ですので是非浜離宮朝日ホールまでお越し下さい。

最後は31日の「ヨハネ受難曲」。杉並公会堂大ホールでヨハネを歌うのは2回目。
宗研合唱団の皆さんもGWは長時間の臨時練習を行い、一生懸命本番に向けて練習しています。こちらもお楽しみに。

世田谷区で見つけたサクランボ?!
d0047297_1458559.jpg
[PR]
by Mihokohoshi | 2009-05-09 15:01 | つれづれ写真日記