ようやく

この一週間は雨が降ったとしても気温が15度~20度と凍えるほど寒くはなく、快適に過ごすことができました。
湿度が95パーセントもあると友人が教えてくれましたが、気温が高くないため、まったくその湿気を感じません。洗濯物がなかなか乾かないわけですね!

今週もレッスンを4回受け、分かったり分からなかったりと一進一退を繰り返しましたが、昨日のレッスンではなんとなく先生のおっしゃることが体験できたような気がします。
日本に帰っても一人でその体験を再現できるとよいのですが・・・。

もう少しで帰国。蒸し暑い日本に帰ることがちょっと恐怖。

「フィデリオ」を暗譜しなくては!!
オペラは一人で歌っていても、掛け合いとかアンサンブルなどのイメージがつかみにくいので、なかなか暗譜できず・・・。気持ちのよい気候に滞在しているうちにがんばります!!
[PR]
by mihokohoshi | 2009-06-28 18:57 | つれづれ写真日記

雨季??

雨季かと思うほど、連日どじゃぶりの雨が降っているライプチヒです。
しかも朝は白い息がでるほど寒い!!
今日もレッスンで先生とも「6月なのに!!」と話していました。
確か2004年の6月も寒くて、毎日マフラーしながらバッハ音楽祭に通っていたので、ドイツでは良くある天気なのかも知れません。

そのバッハ音楽祭も昨日のロ短調ミサで閉幕しました。
ちょうど滞在時期が音楽祭と重なったことは幸運で、4つの演奏会を聴くことができました!!
やはりこちらの教会で宗教音楽を聴くことは、特別な気分になります。

あと1週間は「フィデリオ」の練習に費やします・・・・
ようやく1,2,3,5番の音取りが終わり、あとは1,2幕のフィナーレだけ。
1曲1曲が長いので、めくってもめくっても終わらない譜読み・・・。
とにかく頑張ってきます。

日本は蒸し暑い梅雨が続いていることと思います。
どうぞお身体大切に。

寒くて震えているライプチヒより
[PR]
by mihokohoshi | 2009-06-23 02:22 | つれづれ写真日記

Leipzigより

ライプチヒに到着したのが月曜日の夕方。
火曜から今日の金曜まで毎日レッスンを受けてまじめに勉強しています!

今回は共同のキッチンのついたペンションに宿泊しているので、自炊ができるんです!!しかも他のお客さんは料理しないみたいなのでキッチンは使いたい放題。
金曜は旧市庁舎の前で市場が開かれる曜日なので、今アスパラガスを500グラム800円ぐらいで購入してきました。アスパラガスとベーコンにチーズをかけてオープンで焼いてみます。おいしくできるといいのですが。
花屋さんにはシャクヤクが沢山並んでいたので、こちらも5本を購入。これで殺風景の部屋も少しはやわらぐでしょう。

ライプチヒは火曜、水曜と雨が降って気温が20度にもとどかず、とても寒かったのですが、木曜は太陽が顔を出し、24度ぐらいまで上がりました。それでも湿度がなくてからっとしているので、とても過ごしやすいです。
まだ朝と夜は冷え込むので要注意!いつも上着を持って演奏会へ出かけたりしています。

水曜の夜、何年か振りにGewandhausへ入り、演奏会を聴いてきました。
今ライプチヒはバッハ音楽祭の真っ最中。街中の教会や演奏会場で演奏会が行われています。

水曜の演奏会は現代曲2曲とハイドンのネルソンミサでした。
現代曲の1つは、今回のために作曲された委嘱作品で、楽器の常識を覆すような扱い方をして音を出したり(例えば、トランペットはラッパの部分を手でたたいて音を出したり、コントラバスの弦を何往復もしながら指でこすっていたり・・・)、水の入ったタライにタオルを浸して引き上げてから水がぽたぽた落ちる音を使ったり。。。と、まるでジャングルに迷い込んだような音があふれていました。
でもいろんなことを一生懸命やっているオーケストラのメンバーを見ていると面白くて、時差で眠くなっていましたが舞台に釘付けになり、ほかのお客さんもおかしかったようでくすくすと笑う声が聞こえてきました。
また見たい!なんて思わせてくれる現代曲は初めて。楽しかったです。

昨日はGewandhausでブロムシュテット指揮の「パウルス」があったのですが、何ヶ月も前から売切でチケットが手に入らず。
当日チケット売り場の前でちょっと粘ってみたのですが、手に入らず・・・。やはり人気の公演はなかなかチケットが手に入りません。2005年ぶりにブロムシュテットの指揮が見たかったのでほんと、残念!

今日はトーマス教会で「マタイ」を聴いてきます。

その前に今日のレッスンの復習しなくちゃ。
[PR]
by mihokohoshi | 2009-06-19 18:59 | つれづれ写真日記

お待たせいたしました!!
待ちに待ったラ・フォンテヴェルデの公式ホームページが出来上がりました。

LA FONTEVERDE

これからの活動や最新情報はもちろんのこと、これまでの演奏会内容、写真など盛り沢山の内容となっております。是非ご覧下さい。

5月27日のOLC演奏会写真を頂きましたので一枚だけ。
d0047297_2246355.jpg
photo by K. Miura
[PR]
by mihokohoshi | 2009-06-13 22:48 | つれづれ写真日記

アスパラガス

宗研のヨハネ受難曲演奏会が終了してもう1週間が経ってしまいました!!
5月下旬はコンサートが続いたため、合唱団の指導やレッスン生を見る時間がほとんど取れず、6月に入ってからは毎日のように先生モードになって指導しておりました。それと平行しながらドイツ行きの準備とオペラ「フィデリオ」の音取り練習を行っています。

こちらの「フィデリオ」は7月24日が本番。初役ですし、会話のようにドイツ語が沢山出てくるので、毎日ブツブツ発音練習しながら頑張っています。1曲1曲が長いので、楽譜をめくってもめくっても曲が続いていき、先の見えない練習です・・・。
日本の梅雨を逃れて、からっとしたドイツで頑張って勉強すれば何とか暗譜まで出来るかなと考えていますが、O先生は「経験上それは甘いと思います」とのこと。やっぱり誘惑が多いのかしら??とにかく頑張ってきます。

こちらは「北海道産の美味しいアスパラガス」です。
別件で大島夫人にお電話したら「あらっ、そろそろアスパラガスが届く頃だと分かっていて電話したんじゃないの?」と突っ込まれましたが、鼻が効いたわけでもなく、全くの偶然です!でもホワイトとグリーンの両方をちゃっかり頂きました。丸々と太ったアスパラガスは瑞々しくて甘くて美味しかったです。ご馳走様でした。
d0047297_11335081.jpgd0047297_11343414.jpg
[PR]
by mihokohoshi | 2009-06-10 11:39 | つれづれ写真日記

あじさいのかおり

d0047297_1626728.jpg無事に5月31日の「ヨハネ受難曲」宗研合唱団演奏会が終了いたしました!!
途中雨に降られましたが、道端で雨を連想させるアジサイが美しいブルーに染まっていて、「今日も頑張ってね」と応援してくれているようでした!!

宗研合唱団の「ヨハネ」は1年半かけて、大島&中巻両先生が毎週コツコツ繰り返し練習を見てくださり、合唱団の方たちもそれに一生懸命応えて本当によく頑張り、素晴らしい音楽を作り上げてくださいました。
私も女声パートの臨時練習を何度か指導させていただいて、1年半一緒に「宗研のヨハネ」を作り上げてきたという思いが強く、皆さんと同じ舞台に立ってヨハネを歌えたことを心から感謝しています。

今年3月あたりにどどっと新しいメンバーが増え、コツコツ練習してきた元メンバーと、他の合唱団でヨハネを歌って来た新メンバーとうまく音楽が混ざるかしら?と心配もありましたが、そこは先生方の指導力で本番までには宗研合唱団の新しい色として合唱が出来上がり、感動的でした。

また合唱団を支えてくださったオーケストラのメンバー、ソリストの方々にも感謝です!なかなかこれだけ素晴らしい方々は揃いません。大島先生も「チーム・ヨハネ」と呼んでらっしゃいましたが、指揮&福音史家&テノールソロ(1曲)の3役を見事にこなされた大島先生をがっちりサポートされたオケとソリストは、まさに信頼関係で結ばれた「チーム」でした。私もその「チーム」の一員として歌わせていただけたことが本当に嬉しくて嬉しくて、今までですと演奏会終了後の打ち上げに参加しても2次会まででしたが、今回は4次会まで参加して、何年かぶりに始発に乗って帰宅してしまいました!!それぐらい嬉しくて合唱団のみんなと離れがたかったということです♪

5月下旬に集中した3つの演奏会も風邪をひいたりせずに無事に終えることができほっとしています。
6月は何も本番が入りませんでしたので、今年もまたドイツへ渡り7月24日に名古屋で行われるオペラ「フィデリオ」の勉強をしてきます!昨日から「フィデリオ」の譜読みを始めましたが、私の苦手な早口が多くてかなり手強いです!!焦らずしっかりと作り上げていきたいと思います。
[PR]
by mihokohoshi | 2009-06-03 16:46 | 演奏会報告