子供たち向けの演奏会は朝が早いですよね。
午前中のほうが、子供って集中力があるんだそうで。

日曜、武蔵野市民文化会館小ホールで行われた「ロバの王子」は4歳以上から入場できるファミリーコンサートでしたので、10時半~と15時~の2回公演でした。

可愛い子供たちが楽しみにしているんだったら、朝6時起きであろうと、10時半から演奏会であろうと、2回公演であろうと、ノドと体が疲れていようと、子供たちの笑顔のために頑張ろうって思えます!

d0047297_17275178.jpg8時半に会場入りして、子供たちに喜んでもらえるように、まずはお姫様に変身~!
ドレスはもちろんのこと、お姫様アイテムに欠かせないティアラと巻き毛もトッピング。
ついこの間までは10時頃ムクっと起きる生活を名古屋のホテルでしており、完全に夜型だったので、午前の公演に身体を合わせることが大変でした。
でも子供たちの顔を見れば、なんだって頑張れるのです。


d0047297_17303419.jpg私の姪っ子たちに聞かせるつもりで、ゆっくり丁寧に語り、選曲も昨年の公演より有名で親しみやすい曲にしました。

写真は午後の部の様子。
大パイプオルガンの演奏で演奏会がスタートしましたが、オルガニストのM居さんが足鍵盤のみで弾く箇所になると、会場からは「足、足!」と驚く声も!
オルガンの横にある2つのスクリーンには、ぬくもりのある手書きのイラストが20枚映し出されました。
子供たちは静かにお行儀良く物語と演奏を聴いてくれ、中には連日の熱帯夜で眠れないお父さんや子供たちがスヤスヤ眠っている姿も。リラックスしていただけたようでよかったです。

今まで2回公演はどうしても集中力が切れてしまい、難しいなと思っていたのですが、最近いろんな方たちが公演の前に体を横にして休ませるという話を聞いていたので、思い切って公演と公演の間、ソファーに横になってみました。少しウトウトっとしましたが、これがすっきりして効果覿面!これからもやってみようと思います。

d0047297_17492529.jpg演奏会の後は、子供たちのみオルガンに触れるという体験コーナーが!!
鍵盤に触れて音が出ると、笑顔になってアシスタントのお兄さんを見る子もいれば、恐る恐る鍵盤をなでる子、知っている曲を弾いてみる子・・・と様々でした。
舞台袖でその様子を見守っていると、「大きくなってお姫様になったらこのドレス着たい!」なんて言ってくれた女の子もいましたし、ちゃんと「一緒に写真撮ってください」って自分でお願いできる子もいました。

無事に公演を終え、帰宅してリラックスしていたら、緊張の糸が切れたのと同時に声帯も切れてしまったのか声が出なくなってしまいました!!よかった、公演中に起こらなくて・・・。

今朝耳鼻科に行って診ていただいたら、症状は軽いのに声の嗄れ具合が酷いので、よく休むように言われました。やっぱり強行スケジュールすぎました。今週は心と体をゆっくり休めます!!
[PR]
by mihokohoshi | 2009-07-27 17:58 | 演奏会報告

《フィデリオ》終了!

d0047297_2295034.jpg

d0047297_2295011.jpg

ドイツから帰国してこの3週間、「フィデリオ」がとりついたかのように、半分狂ってBeethovenと戦い続けました…

ようやく先程解放されたところです。

ホテルで荷造りを済ませ、やっとほっと一息つきました。


今回の公演はシングルキャストで、たった1週間しか稽古がなく、ほとんどの方が初役…

暗譜はもちろんのこと、台詞も体に入るまでの稽古時間がなく、本当に血眼になって覚えてました。

こんな状態では、寝たくても頭の中で台詞や音楽がノンストップで廻ってしまい…布団の中でうだうだなんて夜も。


本番当日しかホールで練習出来ないということで、当日衣裳を着けて通し稽古をしてから、夜本番というキャストだけでなく、オケも合唱も指揮者も裏方さんにとっても、ハードな一日でした。

私にとってマルツェッリーヌは大変な役で、本番ではついつい力んで頑張りすぎてしまいましたが、ドイツでレッスンを受けている時は、アリア一つ歌うだけで汗だくフラフラになっていたことを思い出すと、なんとか前半30分歌い切れて本当によかった~


レオノーレ役のN河さんには、稽古場でのアドバイスだけでなく、地方巡業にはどのような準備が必要なのかといったことまで教わりました!

地方巡業は慣れているつもりでしたが、まだまだ詰めが甘かったです!

マエストロは大学時代の同級生、S藤さん。
彼の指揮で歌うのは10年以上振り!!不安をなるべく取り除くように配慮してくれたりして、技術の進歩はもちろんのこと、マエストロとしての人間性に温かみがより増していて、私もこのように成長したいと刺激を受けました。


さて、明日東京へ戻り、日曜は「ロバの王子」です。
Beethovenが体から抜けるといいけど…
[PR]
by Mihokohoshi | 2009-07-25 02:29 | 演奏会報告

蒸し暑い名古屋より

d0047297_23413494.jpg

いま名古屋に来ています。

もちろん大相撲を観戦しにではありません!
24日のオペラ「フィデリオ」のためです。

土曜から稽古が始まりましたが、まだ梅雨が明けていない名古屋は息苦しく、朦朧としながら稽古へたどり着きます…

24日の本番までハードスケジュールなので、体調管理をして頑張ります!


相撲ですが、中日新聞に九重親方(元横綱千代の富士)が15日間毎日「一刀両断」というコラムを書いてらっしゃいます。

厳しい視点で相撲を見てらっしゃるのですが、その厳しさが、現役の強さだったのだなとひしひしと感じます。

世界は違うけど、音楽にも共通する文章も沢山あり、毎日ホテルで読みながら、襟を正しています。
[PR]
by Mihokohoshi | 2009-07-19 23:41 | 未分類

続き

d0047297_1111695.jpgライプチヒの花屋さんで花束を注文すると、必ずこのように紙で包むのです。
日本のような透明のシートではなく・・・
毎回花束を受け取る人は「ありがとう!」と言いながらビリビリと紙を剥がします。
開けてみて初めてどんな花束なのか分かるというドキドキ感も味わえます。
d0047297_114450.jpgジャガイモと一緒に頂いたのはトルコ料理。
ひき肉をコンソメとワインで煮込み、その中にナスとズッキーニを入れて煮込み、最後にミニトマトを散らしたもの。
ワインの香りが食欲をそそりました。

d0047297_1154941.jpgトーマス教会で「マタイ受難曲」を聴き、バスソロを歌ったペーターと終演後一緒に。
BCJでペーターはマタイのイエスを歌っていたので、アリアやピラトを聴くことができました。
彼の音楽性が素晴らしかった!!!!
[PR]
by mihokohoshi | 2009-07-08 11:08 | つれづれ写真日記

写真

ご無沙汰してしまいました。
ヨーロッパから帰国して今日で5日目。

実は帰国したその日の夜から、急にノドが痛くなり、「も、も、も、もしや豚さん??」と怖くなったのですが、次の日発熱はしなかったので、とりあえずマスクをして近所の耳鼻科へ。
事情を正直にお話して、ノドを診ていただいたら、扁桃腺に膿がついているとのこと。
疲れと寝不足が原因だそうで、お薬をいただいて帰ってきました。

おかげさまで薬がよく効いてくれて、発熱もなく、ノドの痛みもなくなり、
今は連日レッスンと自主練習で、ベートーヴェンを歌いすぎたことによる声帯の疲れを癒しながら、少しずつ練習を始めたところです。

やっぱりベートーヴェンを歌うのは難しいんだそう。歌ってみて実感しています。
ちょっと一生懸命練習しすぎました・・・。

頑張ったドイツでの写真です。それにしても寒かったです・・・。
d0047297_1852128.jpgちょうど菩提樹が満開で、いい香りを街中に漂わせていました。

市場で買った芍薬。滞在の最後の日まで美しく咲いていました。
d0047297_1853730.jpg
d0047297_18532292.jpg

d0047297_18555331.jpg街の至る所にバッハ音楽祭のポスターが!!

d0047297_1856352.jpg音楽評論家の○藤浩子さんとバッタリ。
「バッハへの旅」でいらしたんだそう。

d0047297_18573220.jpgレッスンの伴奏をしてくれたちずるさんが、私の大好きなジャガイモをご馳走してくれました。
美味しかったぁ。

d0047297_1858375.jpg入試や試験でものすごく忙しいところ、朝9時半からレッスンしてくださったWartenberg先生と。
最後の日はいつも花束を持って感謝の気持ちを伝えます。

d0047297_18594649.jpg今回はミラノへ足を延ばし、
大学からの友人郁ちゃんに会ってきました。
夜のDuomoはライトアップされて美しい!!
うっとりです。

d0047297_1905793.jpgスカラ座ではバレエを観ました。
現代ポップスにコンテンポラリーダンスとかっこいいライティングで面白かったです。
入口のところで郁ちゃんの大好きなロッシーニと一緒に。

d0047297_1921829.jpgグルメな郁ちゃんが「めちゃくちゃ美味しいジェラートがあるよ」と教えてくれたのは、最近新宿に進出した「○ROM」というお店。
本当に美味しかったです。
ラズベリーとチョコチップと桃を頂きましたが最高!
これなら毎日通ってしまうのもうなずけます。
3種類で3Euroなり。
[PR]
by mihokohoshi | 2009-07-07 19:09 | つれづれ写真日記