母親学級

只今、里帰り出産の病院で「母親学級」と「健診」を受けるために一時帰省しております。
名古屋はお天気もよく、ゆったり過ごしています。

無事に本番を終えてほっとしたからなのか、またまたお腹が大きくなったような・・・
「9ヶ月、臨月でぼーーんとお腹が大きくなるのよ」と数人の方からお話を伺いましたが、コレ本当!!
ウインドーショッピングをしながら、ガラス越しに映った自分のお腹を見てビックリするぐらい大きくなりました。
お腹の赤ちゃんがむぎゅーっと伸びをしたり、ぽんぽんとお腹を蹴ったりすると、お腹の皮が破けてしまうのではないかと心配するぐらいです。

5月28日は「母親学級(後期)」に参加してきました。
2時間コースで、栄養士さんからの「体重管理について」、医師からの「医療的処置について」、助産婦さんからの「栄養アドバイス」と「出産への心構えについて」、そして病棟見学を行いました。

参加者は5名×2グループの合計10名のプレママたち。
私が入ったグループは出産予定日が7月前半のプレママたちだったので、「ではきっと入院中にまたお会いできますね」と話し、仲良くなりました。

妊婦さんの体重増加に関しては、時代や病院によって考え方が変わるようで、今は「7~10キロの増加が望ましい」とのこと。
それ以上増えないためにも運動をしっかりしてくださいとアドヴァイスがありました。

まずは散歩を一日30分~1時間するように心がける!
東京にいると買い物をしにスーパーまで行って帰ってくることで大体30分になりますし、お稽古に通うと駅構内や会場まで歩いたりと、自然と体を動かしているのですが、実家に帰ると車での移動が主体になってしまうので、大型スーパーへ行ってうろうろすることが一番の「散歩」になります。

そして体操、特に股関節をやわらかくするように、スクワットなど積極的にする!
だったら天気も良いことだし、庭で父が育てたイチゴを摘もうと、昨日は午前中黙々とイチゴ狩りをしました。

d0047297_10364211.jpgこれが思いのほか重労働・・・

しゃがみこんで、イチゴの葉を避けながら(葉がギザギザなので手の甲がひりひりします)赤いイチゴを見つけ、裏表赤いかをチェックしてOKが出ると摘みます。

イチゴの最盛期も終わり、形は様々。味も様々。
いくつかイチゴはそのままいただきましたが、あとは母がジャムにしてくれました。

d0047297_10421670.jpg
ボールいっぱいに摘みました。
甘酸っぱいイチゴの香りがたまりません!!
[PR]
by mihokohoshi | 2010-05-30 10:47 | 結婚・妊娠・育児

d0047297_1756767.jpg昨日の本番が最後の舞台で、これで残すはラ・フォンテヴェルデの録音のみとなりました。

妊娠33週を迎えてまたまたお腹が大きくなったので、移動が思いの外大変でした。2日かけて稽古と本番をこなすのが辛かったのですが、宗研合唱団の皆様のパワーとサポートにより、無事何事もなく本番を終えることができました。
本当にありがとうございました。

本番前日はからっと晴れて気温も心地よく過ごしやすかったのですが、本番当日は一日中大雨・・・
気温も20度に達することなく、肌寒い一日となってしまいました。
雨の中、傘をさしながら勝どきまで集ってくださったお客様、本当にありがとうございました。
おかげさまで会場はほぼ満員となり、温かい雰囲気の中、合唱団のみんなと一緒に演奏させていただくことができました。

今回は「ルターとバッハ」というテーマで、バッハのカンタータ大曲、難曲が揃い、合唱もソロもオケも「難しい!」と悲鳴をあげていました。
1年かけて稽古を積み重ねて、立派に歌い上げた合唱団の皆さんに拍手です。

皆さんは同じプログラムを今年の8月中旬にドイツ・アイゼナハとヴィッテンベルグで演奏されます。より充実した演奏会となりますよう、日本からお祈りしております。
[PR]
by mihokohoshi | 2010-05-24 18:17 | 演奏会報告

5月19日は「10日ぶりの恵みの雨が降るでしょう」との天気予報の言葉通り、土砂降りの雨が名古屋を湿気で包んでくれました・・・

どうしてこの日だけ雨になったんでしょうね。せっかくのラ・フォンテヴェルデ名古屋公演なのに。

そんな大雨の中、300名近いお客様が電気文化会館に足をお運び下さり、会場でマドリガーレを楽しんでくださいました。
本当にありがとうございました。

また受付、裏方、チケット関係を一手に引き受けてくださった「ヘンデル協会」の皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

地元名古屋ということもあり、終演後ロビーでご挨拶していましたら、たくさんのお客様に「無事に演奏会を終えられて本当によかったわね。身体に気をつけて元気な赤ちゃんを産んでくださいね。」と声をかけていただきました。
のしのしと舞台の上を歩いていましたので、ご心配をお掛けしてしまったかなと思います。

メンバーのみんなに助けてもらい、必要最低限の曲数だけを歌わせていただき、無理せず稽古と本番を終えることが出来ました。ありがとう!!
でもさすがに3曲続けて歌うと、おなかがちょいと重く感じましたが、いまはすこぶる元気です。

本番前日に里帰り出産の病院で初めて健診を受け、順調に33週(9ヶ月)を迎えていますよと先生の診断を受けました。
体重管理もちゃんと出来ているとお褒めいただき、無理せず仕事を続けて身体を動かしていることも良いとおっしゃっていただき、ほっと一安心。

あと1回「5月23日」の本番を終えると2週間ほどゆっくりできるので、頑張ります。

ラ・フォンテヴェルデの名古屋公演は、年内発売予定の初CDに入る曲を中心にプログラミングされていました。
ラ・フォンテヴェルデというグループはこういう雰囲気のグループです!という紹介的なCDに仕上がる予定です。どうぞお楽しみに。

15世紀〜17世紀のイタリアンマドリガーレの美味しいところをぎゅ〜〜っと集めたプログラムだったと思います。
また二重唱、三重唱といった小編成も演奏いたしました。

ミドリさんとの二重唱は今回で4回目。毎回新しいアイディアが生まれ、今回は音楽と言葉の流れを大切に歌わせていただきました。
女声三重唱は、いつもモリモリと激しく歌ってしまうので、今回は「チャーミング」をテーマにかわいらしく!!

後半のプログラムは、ディンディアとモンテヴェルディを中心に、不協和音の緊張感をお楽しみいただきました。

ディンディアを歌うのは久しぶりで、あの和声をびしっと決めるのは難しい〜。
録音まで少し時間があるので、慣れていこうと思います。

モンテヴェルディはもう何度も歌っている曲3つでした。
プログラムの最後だったので、ちょっと疲れてしまいましたが、それでも身体が自然に反応し、みんなと音楽を作っている感覚が幸せでした。

プログラム前半と後半に1曲ずつ、ちょっと肩の力を抜いて聴いていただける曲も挿入しました。
こちらの2曲もCDに入る予定です。楽しく録音して、いいCDに仕上げたいと思います!!

電気文化会館ザ・コンサートホールは2年ぶりに歌わせていただきましたが、響き過ぎず、歌詞もきちんと聞こえる、マドリガーレを歌ったり聴いたりするには、本当にぴったりのホールなんです!
2年前も「このホール、東京へ持ち帰りたい!」とみんなで話していたほどです。

リハーサルでは毎回ステージのどの場所に立って歌ったら良いか、楽器をどのように配置するか・・・などなど30分ほど時間をかけてじっくり考えます。
今回はチェンバロの前にみんなが並び、その前にリュートがセンターに座りました。

全体的に前に出たほうが響きすぎず、お客さんが入った方がより歌いやすくなりました。
またリュートを囲むようにコンパクトに立つと、ハーモニーがぼやけなくなりました。

気持ちよくアンサンブルできるホールはなかなかありません!!
今後も定期的にザ・コンサートホールでラ・フォンテヴェルデの公演が出来たらいいなと思います。
[PR]
by mihokohoshi | 2010-05-20 21:16 | 演奏会報告

楽しい練習

今日はようやくお休み!!

朝食とお弁当の用意だけして、主人を玄関でお見送ることはお休みさせていただき、再び布団に潜り込み、お昼過ぎまで爆睡。
ようやく身体の疲れが取れました。

今週はヨハネ本番の疲れを背負ったまま、ラ・フォンテヴェルデの稽古に通う毎日でした。
妊婦って思った以上に疲れが残るみたいでして・・・

ぼ〜〜っとした身体と頭で果たして集中して練習できるんだろうか・・・と思うのですが、不思議と練習が始まるとすこぶる元気になって、あっという間に4時間が過ぎます。
そして練習が終わった途端、再びぼ〜〜っとし始めるのです。

それだけフォンテヴェルデの練習は楽しいってことですよね。

ただいま5月19日の名古屋公演と6月の録音に向けて練習中!
モンテヴェルディだけでなく、ディンディア、マレンツィオ、ヴィラールトなどなど、たくさんの作曲家をお楽しみいただけるプログラムとなっておりますので、お時間ございましたら是非電気文化会館までお越し下さい!
ラ・フォンテヴェルデメンバー全員、お待ちしております。
詳しくはコチラをご覧下さい。

名古屋公演プログラム

録音は埼玉・秩父で行います。今年中(12月)には出来上がる予定ですので、こちらもどうぞお楽しみになさっていてくださいね。
[PR]
by mihokohoshi | 2010-05-14 18:24 | 稽古風景

先週末は良いお天気に恵まれましたが、もう下り坂で部屋干しされた洗濯物に居間は占領されています・・・

5月9日は横浜合唱協会の第59回定期演奏会に参加させていただき、ヨハネ受難曲を歌ってまいりました。

このお話をいただいたのはちょうど1年前。
宗研合唱団の定期演奏会でヨハネ受難曲を歌ったのを横浜合唱協会の方が聴いていらしたことがきっかけで、今回の共演が実現いたしました。

指揮は芸大時代に室内合唱を指導されていた八尋先生!
先生の指揮は知的で温かく、力強い表現では内面が燃えるようで、学生時代を思い出し、とても懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

横浜合唱協会は今回で40周年なんだそうです。
八尋先生が指導を始められてから35年が過ぎたそうで、この35年の重みというか、35年を経て凝縮された音楽が流れ出たというか、テクニックはもちろん、音楽の深みを感じる合唱でした。

3月28日に第1回演奏会を終えた「ジングアカデミー東京」も、このように年月を重ねて深みが増していくといいですよね。


お腹の赤ちゃんは今日で9ヶ月目を迎えました。
経産婦さんからは「あらっ?5−6ヶ月かと思っていたわ。お腹小さいのね」と良く言われますが、中身は9ヶ月なので重たいです。
もうお相撲さんのようにどすどすとしか歩けません(泣)

産休までの本番はあと2つ。重いお腹ですが、一緒に舞台に立つのもあと2回。よい思い出になるように、胎動も楽しみながら歌っていこうと思います。
[PR]
by mihokohoshi | 2010-05-11 22:33 | 演奏会報告

歌の合宿

4月までは「また冬に逆戻りだよ〜」と泣いていたのに、GWは夏に先回り!!
この気温差、妊婦には厳しいです・・・
鼻風邪はずいぶんよくなり、昼寝も気持ちよくできるようになりましたが、突然の暑さに私もお腹の赤ちゃんもびっくりしています。

さて、ラ・フォンテヴェルデのメンバーが講習会をこの夏開くことになりました。
ご紹介させていただきますね。

歌の合宿2010
高原と温泉と音楽!信州で充実の3日間

●日程:2010年8月20日(金)14時集合〜23日(月)昼食後解散
●場所:信州戸刈温泉深雪野パークプラザ
     長野県飯山市太田わらび野戸刈温泉 Tel:0269-65-2112
●講師:鈴木美登里、上杉清仁、谷口洋介、浦野智行
●内容:♪個人レッスン(発声から丁寧に指導します)
    ♪アンサンブルレッスン
    ♪マドリガーレ体験
    ラ・フォンテヴェルデのメンバーとマドリガーレを歌ってみよう!
    ♪講師ミニコンサート
    ♪受講生コンサート
●参加費:一人48,000円(受講料・宿泊費・食事代)
●募集人数:25名
●募集締切:7月10日(満員になり次第締め切らせていただきます。)
●お申込み・お問い合わせ:

オフィス・サワイ
Tel:042−394−9199/Fax:042−394−9040
E-mail
info@officesawai.com

なんだか面白そうでしょ!
暑〜い夏は、信州の高原で避暑をしながら、温泉で身も心もリラックスしながら、音楽を聴いて楽しむだけでなく、自ら体験する!!
いかがですか??

お申込み人数は25名だそうです。

皆様、夏休みの計画はこれからだと思いますが、「歌の合宿」への参加をちょっと考えてみてくださいね。
[PR]
by mihokohoshi | 2010-05-06 13:24 | つれづれ写真日記