d0047297_22513270.jpgまずは3月9日@聖パウロ教会。
ランチタイムコンサートでPie Jesuとコラール2曲を歌わせていただきました。
寒い寒い小雨が降る中でしたので、お客様はいつもより少なめだったそう。
沢山のストーブに囲まれていても、キーンと冷えてくるのは冬の教会ならではですね。
オリジナル最後の姿になるパイプオルガンは6月に新しく鞴(ふいご)をプラスして、生まれ変わり、新しい響きを奏でてくれることでしょう。
震災から1年を迎える3月は、教会でもたくさん祈りの時間が過ごされたそうです。前日珍しくおとなしく遊んでいてくれた息子に感謝して、どどーーーっと練習し、無事歌うことができました。息子はきっとママが歌えなくて緊張してきたことを察知してくれたんでしょうね。ありがとっ。

11日、この日は日曜日。世界中が祈りに包まれました。私も礼拝に特別に参加させていただき、またまたPie JesuとBist du bei mirをアカペラで歌わせていただきました。
礼拝では牧師先生の力強い言葉に勇気をいただきました。また礼拝後会衆の皆様から温かい言葉といただきました。
歌うことでお役に立てたのであれば、これ以上うれしいことはありません。

そして18日。16日朝から息子を抱っこすると少しホカホカ・・・。夕方熱を計ると・・・38度9分!!!でも元気に走り回っている・・・。慌てて病院に行ったけど、まだインフルエンザの検査をしても判定できないから、明日も熱があったら来てねと言われ、とりあえず抗生物質をいただいて帰宅しました。
この日は尚子先生に託児をお願いしてあったので、先生宅へ連れて行き、PCで動画を見て楽しむ息子の姿に少し安心。「ではママ練習に行ってくるからバイバイね」というと、笑顔で「バイバイ」と手を振る息子。これなら大丈夫だろうと、急いで練習会場へ向かいました。
17日朝、熱を計ると38度6分・・・むむむ。。。まだ発熱!!インフルエンザの検査をしてもらいましたが陰性とのこと。仕方なく抗生物質を与え続けることに。この日の託児はキャンセルして、本来は一緒に練習に参加するはずだった主人は自宅で息子の子守りをすることになってしまいました。2月からずーっと仕事が忙しくて練習に参加できなかった主人は、不安のまま本番当日を迎えたことでしょう。
でもおかげで18日当日は37度2分と熱も少しおさまり、家族3人で浜離宮朝日ホールまで向かうことができました!!ベビーシッターを引き受けてくださったHさんは、なんとプラレールを持参してくださり、息子も楽屋で「でんでん」「がっちゃん!」と叫び、楽しそうに過ごしてくれました。

息子の発熱で本番直前までどたばたしてしまったけども、大島先生の求めている幅広い音楽の力に支えられました。
SAT(ジングアカデミー東京)では、ソロだけでなくアンサンブルというか合唱も一緒に歌わせていただき、勉強させてもらっているのだけど、とても厳しくて難しくて高度な音楽を要求されるので、練習中は自分の音楽の甘さに反省してばかり。
本番はお客さんが少なくて残念でしたが、みんなで作り上げてきた音楽をみんなで精いっぱい歌えたかなと思います。

さて次回は4月8日(日)イースターですが「マタイ受難曲」を歌います。。。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-03-20 23:30 | 演奏会報告

2012年

☆混声合唱団クール・ドゥ・シャンブルマタイ受難曲
日時 2月5日(日)15時開演
場所 第一生命ホール

全席自由 前売3000円 当日3500円

福音史家&テノール 水越啓 イエス 小原浄二
ソプラノ 星川美保子 カウンターテノール 上杉清仁
バス 小笠原美敬

古楽器オーケストラ
指揮 小泉明子



第2回被災地のためのチャリティーコンサート
日時 2月11日(土・祝)14時開演
場所 代田教会(世田谷代田駅より徒歩5分)

出演:星川美保子、原田静香、青木麻里子、栗原剛、聖歌隊他

2000円


第99回 聖パウロ教会 ランチタイムコンサート
日時 3月9日(金)12時20分~12時50分
場所 日本聖公会 聖パウロ教会

出演:ソプラノ 星川美保子
    朗読 益海 愛子
    オルガン 佐藤礼子

入場無料


ジングアカデミー東京第3回定期演奏会
日時 3月18日(日)14時開演
場所 浜離宮朝日ホール

前売3000円 当日3500円 学生2500円

H.シュッツ「音楽の葬送」
J.ブラームス「2つのモテット」
L.マウエルスベルガー「葬送のモテット」

オルガン:能登伊津子 コントラバス:蓮池仁
指揮:大島博

合唱と、ソロを歌います。

マタイ受難曲
日時 4月8日(日)開演 13:30
場所 サントリーホール

指揮 郡司博 中嶋克彦(T)、宇野徹哉(Bs)、
星川美保子(S)、押見朋子(A)、大井哲也(Bs)
演奏 オラトリオ・シンフォニカJAPAN

料金 S5,000 A4,000 B3,000 学生2,000

La Fonteverde第15回定期演奏会
≪忠実な羊飼い Il PASTOR FIDO≫
 結成10周年記念
日時 4月27日(金)19時開演
場所ハクジュホール

全席指定・税込み
一般4,500円 ペア8,000円 学生2,000円 (当日学生証をご提示下さい)
*学生券はアルテ・デラルコ・ホームページとヴォートル・チケットセンターでのみ扱い
 
ソプラノ:星川美保子・鈴木美登里 カウンターテノール:上杉清仁
テノール:谷口洋介・中嶋克彦 バス:浦野智行・小笠原美敬
リュート:金子浩 チェンバロ:上尾直毅:
ナビゲーター:朝岡聡

G.バッティスタ・グァリーニ 作
G.Battista Guarini (1538-1612)  
牧歌劇≪忠実な羊飼い≫の詞によるマドリガーレ

無慈悲なアマリッリ Cruda Amarilli
ベネデット・パラヴィチーノ Benedetto Paravicino (1551-1601)
シジスモンド・ディンディア Sigismondo D’India (1582-1643) 
クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi (1567-1643)

さえずるあの小鳥は Quell’augellin che canta
シジスモンド・ディンディア Sigismondo D’India (1582-1643)
クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi (1567-1643)

ああ、つらい別れ Ah, dolente Partita
ジューリオ・カッチーニ Giullio Caccini (1556-1612)
バルトロメオ・ムティス Baltolomeo Mutis (?-c1575-80)
ジャッケス・デ・ヴェルト Giaches de Wert (1535-1596) 
ルカ・マレンツィオ Luca Marenzio (1553-1599)
クラウディオ・モンテヴェルディClaudio Monteverdi (1567-1643)  他

みんなの古楽♪2012
第1回オペラ以前の劇的音楽~G.B.グァリーニ没後400年
「忠実な羊飼い」の音楽~

日時 5月19日(土)14時開演
場所 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

ソプラノ:星川美保子・鈴木美登里 カウンターテノール:上杉清仁
テノール:中嶋克彦 バス:小笠原美敬
リュート:金子浩 

S席3000円、A席2500円


コーロ・ヌオーヴォ第53回演奏会
日時 6月30日(土)18:30開演
場所 ティアラこうとう

モーツァルト:レクイエム
シューベルト:ミサ曲 第2番 ト長調

全席自由3000円

指揮:手塚幸紀
ソプラノ:星川美保子 アルト:田村由貴絵
テノール:鈴木准 バス:大塚博章
管弦楽:アンサンブル・アルス・ノヴァ
オルガン:草間美也子
合唱:コーロ・ヌオーヴォ


レクチャーコンサート La Fonteverde
  歌から見た器楽の世界
         器楽から見た歌の世界
日時 7月24日(火)19時開演
場所 三鷹芸術文化センター風のホール

前売3500円/当日4000円 学生2000円
出演
ラ・フォンテヴェルデ メディオ・レジストトロ
ナビゲーター 今谷和徳

「歌と器楽。それはお互いに知る由のない世界。音楽が歌から先に生まれた事は疑う余地はないが、ルネサンスのマドリガーレがどうやって「ソナタ」や「アリア」や「カンツォン」になっていったのか。そもそも「アリア」や「カンツォン」って歌の曲なんじゃないのか?器楽曲の誕生に至るまでにどのような過程をたどっていったのか。そんな事を探るレクチャーコンサート。」


La Fonteverde講習会「歌の合宿」
日時 8月4-6日
場所 湘南国際村


エリア
日時 9月1日(土)13時開演
場所 サントリーホール

ソプラノⅡを(時々Ⅰも)歌います。

La Fonteverde定期演奏会@名古屋
日時 9月25日(火)19時開演
場所 電気文化会館

カルロ・ジェズアルドのマドリガーレ


La Fonteverde定期演奏会10周年記念
日時 9月28日(金)19時開演
場所 ハクジュホール

カルロ・ジェズアルドのマドリガーレ

LFVクリスマスコンサート
~スペイン・ルネサンス音楽の巨匠~

日時:12月14日(金)19:00開演
場所:Hakuju Hall

ソプラノ:鈴木美登里・星川美保子・阿部雅子・清水梢
アルト:上杉清仁・穴沢ゆう子
テノール:谷口洋介・中嶋克彦・及川豊・鹿野浩史
バス:浦野智行・小笠原美敬
オルガン:上尾直毅

曲目:
ビクトリア:第1旋法によるマニフィカト
       レクイエム(1605年) 他

全席指定:一般4,500円(TINO会員3,500円) ペア8,000円(TINO会員6,500円)
学生2,000円
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-03-20 23:15 | 終了したコンサート情報

3月9日と11日は教会で

もうすぐ3月11日。あの信じられない津波の光景をTVで見て、背筋がさーーっと冷たくなってから1年。原発事故との戦いが始まって1年。早いです。

この1年の間にたくさんのチャリティーコンサートに参加することができました。

2月11日に行った代田教会2回目チャリティーコンサートでは、38万円もの支援金を送ることができました。少しずつですが、長く続けてまいりたいと思います。

3月はまず9日に祐天寺にあります「聖パウロ教会」にて、ランチタイムコンサートに出演することになりました。
この教会にあるオルガンは1976年に作られたもので、このランチタイムコンサートの後、改修工事を行うそうです。ということは、オリジナル最後の姿と音でお届けするコンサートということになります。震災から1年ということで、フォーレのレクイエムから「Pie Jesu」とコラールを2曲歌わせていただきます。

11日はチャリティーコンサートでお世話になっている代田教会の礼拝で、2曲アカペラで歌うことになりました。感謝の気持ちと祈りの心で、しっかり歌いたいと思います。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-03-02 22:34 | つれづれ写真日記