d0047297_12512371.jpg


天気予報では午後には止むと言っていた雨は、無情にも霧雨となって降り続いていました・・・
ですが、300人収容の会場には280名近いお客様がお越しくださり、ラ・フォンテヴェルデの10周年を祝う最初のコンサートに耳を傾けてくださいました。
心から感謝いたします。

私たちもたくさんのお客さまに見守られて、10年目の第1歩が踏み出せたことを幸せに思っております。
これからももっともっと磨きをかけて、お客様にマドリガーレを楽しんでいただけますように頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回はいつものメンバー6名に、テノールの克っちゃんを加えた7名編成でした。楽器はおなじみとなりましたチェンバロのウエオさんとリュートのカネコさん。お話にはコンサートソムリエの朝岡さんをお招きしました。

ハクジュホールはもう何度もLFVの演奏会で歌わせていただいているホールですが、それでも毎回楽器の場所、歌う位置はどこが良いか・・・と、ベストポジションを探るべく、リハーサルの最初はみんなでうろうろします。
前回見つけたリュートポジションは今回もベストポジションでした。

余裕を見ながらリハーサルをすすめ、演奏会前はそれはそれはおいしいステーキ丼(差し入れをいただきました!!)でエネルギー満タンになり、本番を迎えました。

今回は10周年記念演奏会第1弾ということで、男性は燕尾服という正装、女性も華やかなピンクと真っ赤なドレスに身を包んでみました。LFVは全員黒い衣装というステージが多いので、ステージ上はいつもと違う素敵な印象になったのではないでしょうか??残念ながら写真はありません・・・

1曲目「おお春よ」という曲の雰囲気にもあっていて、お客さんも華やかな衣装を見て、心が春になり、会場の雰囲気がぱっと明るくなったように感じながら、気持ちよく1曲目を歌い終えることができました。

朝岡さんのお話は面白くて分かりやすいのですが、じっくり聴いていると演奏する側としては緊張がとけてしまい、次の曲に影響してしまうため、ある程度集中しながら話を聞くというスタイルになりました。

後半にはLFVに所属してから初めての「どソロ」をいただき、「ああ、つらい別れ」(カッチーニ)を歌いました・・・
ソロのマドリガーレはまだ1曲しか歌ったことがなく、リュートのカネコさんに導かれて支えられて何とか歌うことが出来ました。でも心臓ドキドキという緊張ではない緊張みたいなものが体を支配して、声が自由にならなかった気がします・・・。これも勉強ですね。
5月19日に横須賀にてもう一度演奏できるので、より良い演奏ができるように頑張ります。

こちらは舞台からみた客席です。
d0047297_12512351.jpg

[PR]
by Mihokohoshi | 2012-04-28 12:51 | 演奏会報告

1歳9ヶ月

d0047297_22251395.jpg最近はべらべらしゃべるようになり、朝から晩まで叫んでいます。
もちろんまだ発音がはっきりしませんし、単語をならべているだけですが、一生懸命状況を説明しています。

週末パパと一緒にスペーシアに乗って日光に行ったら、スペーシアの中で頭をぶつけたようで、「ぱぱぱぱ、ぱぷぱぷ(スペーシアのことはパプパプなのです。)、ごっちん!!」と会う人すべてに話しています。

トイレに行くことは怖がらず水が流せることが楽しいようで、誘えばついて来て補助便座に座り、小が出ると「でーたー!」と拍手をして、誇らしげに水を流します。「パンチュ、パンチュ」とパパみたいにパンツが履けるようになることを夢見て頑張っています。

教育番組の音楽にお気に入りが出来て、それを何度も繰り返し聞いて踊っています。おかげで私の頭の中にもエンドレスで流れています・・・

ママの歌の練習は相変わらず嫌いで、歌い出すとたたたたっと近寄って来て「ママッ!」と怒ります。なぜに・・・。いつになったら慣れてくれるのかなぁ。

毎日クラビノーヴァにさわり、私が録音したアニメソングに合わせて「めーー(羊のまね)」と声を出したり、鍵盤を叩いて弾いているつもりになっています。弾く姿もだんだん形になってきました。

公園で遊ぶお友達も出来、「ばんばんこ(じゅんばんこ)」と言いながら滑り台を滑っています。意味は分かっていないみたいですが、滑り台に登ると「こーく、ばんばんこ」(コー君、順番こだね)と言います。

「かーしゃん、だいじ、とーしゅん」は、「お母さん、大好き、お父さん」という意味ではなく、「おかあさんと○○」で20秒流れる新幹線が見たい!トーマスも見たい!」ということなんです。残念なことに。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-04-11 22:25 | 結婚・妊娠・育児

d0047297_18575786.jpgお天気に恵まれ、さわやかに目覚めて、朝からサントリーホールへ行って来ました。

昨日から主人と息子は私が本番に集中できるようにと実家の日光へ帰省してくれたので、私はゆっくり身体を休めて、本番に備えることができました。食事の心配をしたり、洗濯や掃除をしなくてもよくて、歌に集中できるなんて本当に有難いです。

合唱団は児童合唱も入れると300人近くの方が歌ってらっしゃいました。舞台の隅から隅までびっしりです。
これだけの人数で「バラバ!!」と叫ぶと圧巻。またこの人数を郡司先生の棒1本でまとめあげ、繊細なコラールも聴かせてくださいました。合唱団に拍手!

サントリーホールでソロを歌うことは初めてでしたので、リハーサルは恐る恐る探りながら歌っていましたが、本番は指揮とオーケストラに身を任せて歌わせていただきました。
マタイはもっともっと経験が必要です。全部のソロ曲をしっかり歌いこなせるようになるのはまだまだ先ですね。難しい!

今回のソリスト7名のうち、同級生や同窓生が4名もいました。久しぶりにみんなと顔を合わせ、一緒に舞台で歌えたことは幸せでしたし、みんなの成長ぶりに目を見張りました。みんな歌手として人間として立派になっていました。嬉しいです。

d0047297_18575736.jpg本番終了後サントリーホール近くの桜でほっと一息。あっという間に満開になったのですね。
散る前に息子と散歩しながら花見をしたいと思います。
そういえば昨年は大震災があったので、息子にとって、東京での花見は今年が初めてです。2年前はまだ息子がお腹の中にいましたし。今年は東京でゆっくりお花見できそうです。

この3日間離れているので、息子が・・・ではなく、私が息子にべったり甘えたいと思います。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-04-08 18:57 | 演奏会報告

もう4月ですか?!!早いです・・・
気がつけばダウンコートが必要ないくらい温かい陽気になっていました。

4月8日の「マタイ」に向けて練習がスタート。先日は立川までピアノ合わせに行って来ました。託児が予約できなかったので、この日は国立まで息子を連れて行き、知人のお宅で約2時間預かっていただきました。国立へ向かう途中、久々に抱っこ紐で昼寝をした息子。まだ10キロちょっとですが、重かった・・・
背中ばきばきになってしまったので、練習前は入念にストレッチ。
よく響く練習会場だったので、気持ちよく歌ってきました。「こういう音楽しない?」と分かる指揮って「うんうん、そうする!!」って反応したくなるんですよね。

ママが頑張って歌っている間、息子は小学4年のお兄ちゃんと2年のお姉ちゃんと一緒に楽しく遊んでいたみたいです。春休みで大変なところ、もう一人子供を増やしてしまってごめんね、でもありがとう、なおちゃん!!

d0047297_21541435.jpg練習や予定がない日は、午前中買い物に行くことと公園で遊ぶことが日課になっています。
今日の午前中はさすがにちょっと風が強めでしたが、公園でしっかり30分遊んできました。公園にある滑り台を後ろ向きに腹で滑り降りることが最近のブームです。

道端では可愛い花がちらほら咲き始めています。
「つんつんしてごらん」というと、人差し指でつんつんと花を突っついて揺らして笑う息子です。

昨日あたりから鼻水たらしているから、風邪→発熱→うつるというパターンにならないとよいのですが。8日の本番が終わるまでは元気でいておくれ。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-04-03 21:54 | つれづれ写真日記