充電中

10月があっという間に過ぎ去りました・・・

今年の10月はLa Fonteverdeの2nd アルバム録音から始まり、息子と一緒に大好きな特急電車に乗ったり、息子の風邪の看病をしたと思ったら自分がひどい風邪にかかり、治ったところで動物園デビューをして・・・と充実した月となりました。

まだ息子は私が歌を練習しはじめると、「まま、れんしゅ、しないの!」と怒るので、2時間ファミリーサポートへ預けて練習しなければならず、今月は何度か自主練習のために託児を利用しました。
おかげで集中して練習でき、今年度歌う曲はざっと譜読みをすることができました。お利口に待っていてくれた息子くん、ありがとう!

息子も日々成長を見せてくれ、かけっこも早くなり、言葉も増えてきました。「なおこしぇんしぇに、でんわ しよっか?」なんて言うからびっくりです。よく聞くと尚子先生と一緒にスカイライナーに乗りたいから電話したかったんだそうです。動物園より電車が大好き!動物園ではモノレールにくぎ付けでした。

さて次回の演奏会は12月14日(金)19時よりハクジュホールで行われますLa Fonteverdeのクリスマスコンサートです。
今回はトマス・ビクトリアの「レクイエム」と「マニフィカート」を中心にスペインものをお楽しみいただきます。
「マニフィカート」がダブルコーラスですので、出演者は歌手12名+オルガンのウエオさん!!素晴らしい歌手の皆さんとの共演が楽しみです。

2013年の演奏会情報も更新いたしますので、どうぞお楽しみに。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-10-31 14:54 | つれづれ写真日記

2歳3ヶ月

無事に(!)2歳3ヶ月を迎えました。
1週間離れて暮らしていた時、お利口さんだったらしいので、ご褒美とお祝いを兼ねて、大好きなニューレッドアローに乗せました。予想以上に大喜びで乗車してくれ、往復約1時間半の旅を楽しみ、興奮して叫びながらの乗車となりました・・・周りのお客さんにはちょっとご迷惑をおかけしてしまったかと思います。

2歳3ヶ月になってできるようになったことは「でんぐり返し」!!
今まで大人の助けを借りてくるんくるんを回っては大はしゃぎしていましたが、自分だけの力で成功することが出来て自信がついたのか、何度も何度も練習して成功率を高めています。時々布団の外に背中を打ち付けてしまうのですが、いくら教えても布団の端から床に向かってくるんと回りたいようです。


d0047297_23265254.jpg

[PR]
by Mihokohoshi | 2012-10-10 23:26 | つれづれ写真日記

d0047297_22425728.jpg録音会場となる音楽堂は激しく雨が降ると録音マイクに雨音が入ってしまうため録音をすることができないのだそうです。
台風が近づいて心配でしたが、10月1日の録音開始日は台風一過の快晴で雲一つないお天気となりました。
みんなで「ジェズアルドさまに見守ってくれているんだ!」と予定通り録音が開始できたこと、感謝しました!

1日5~6曲を目標に丁寧に録音が進められます。
初日の午前中は音決め。立つ位置、マイクの位置、楽器の位置など、バランスを考え、歌いやすいかどうか、アンサンブルしやすいかどうかも考えてセッティングされます。

場所が決まったら、「腹が減っては・・・」ということでランチ!!
お腹が満たされてちょっと眠くもなりましたが、録音開始となればそんなことも言っていられません。

d0047297_2252577.jpgまず1回歌い、録音を聴いて音などチェックをします。これでバランスなどを整えて、本格的な録音が始まります。
ただでさえ難しい音、和声が並ぶジェズアルドのマドリガーレを、ディレクターの厳しい耳で音程や発音などをチェックして、何度も納得がいくまで続けます。
今回いつもよりも頭を抱えたのはミーントーンという調律です。モンテヴェルディなどを歌った1stアルバムでもミーントーンで歌っていますが、そのミーントーンで現代曲のような転調と半音階と16分音符の細かい音を歌い分けることが大変難しく、頭を使って歌わなくてはならず、頭が飽和状態になりました・・・。
頭と集中力と体力勝負です。だって5人の音程と楽器のタイミングが合わないとOKもらえないのですから!!責任というかプレッシャーもかかりました。
この音楽を聴き分けるディレクターもすごい才能と忍耐です。お疲れ様でした。

曲と曲の間はおやつで和み、ランチと夕飯は体力つけるためにトンカツや牛丼を食べ、頑張りました!
11時~20時の録音を丸3日間行った後は絶対にやつれて痩せてしまうと思ったのですが、なんと2キロ増でした。そのぐらい沢山食べないとみんなについていけなかったです。

みんなの頑張り、私のあがきの賜物!!録音は予定よりも大幅に早く終了し、ホテルをキャンセルしてリーダーのお宅へ転がり込み、美味しいシャンパンで感動の乾杯をしたのでした!!
今ピアノを弾いて平均律を聴くと無表情といいますか、しっくりこないといいますが、美しく聞こえなくなりました。それだけミーントーンという調律にどっぷり浸かっていたのですが、16世紀のイタリアではこのピュアの響きで音楽が奏でられていたのですね。

この2ndアルバムは5月に発売予定です。美しいミーントーンの響きをどうぞお楽しみに。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-10-07 00:00 | 演奏会報告

名古屋公演と東京公演

d0047297_15545290.jpg9月25日、この日の東京は寒かったそうですね。東京から来たメンバーがみんなジャケットを羽織って名古屋へ降り立ちました。
先に名古屋入りしていた私だけ半袖!!(いや、もう一人いつも半袖の方が半袖でしたね)残暑厳しい名古屋らしい暑さとなりました。

夏の富士山が美しいです。

d0047297_1555824.jpg名古屋・伏見にあります電気文化会館での演奏会は2年ぶり。前回のステージと同じような位置にまずついてリハーサルを開始してみましたが、しっくり来なかったので、前に出てみたり、リュートの場所をくるくる移動させてみたり。。。といろいろ試した結果、リュートを一番上手側に座っていただき(台付)、メンバーはチェンバロの前に半円を描いて立って歌うこととなりました。こうした場所決め、音決めに約30分かかります。
2年経ったことと、曲が違うこと、メンバーが違うこと、編成が違うことなどあり、2年前と同じ場所にセッティングすることはできませんでした。2年前は私も妊娠9が月という大きなおなかでしたし。そうそう、この2年でメンバー9名のうち3人が親となりました!!めでたいですね。

名古屋公演はいつもとは違う緊張感に包まれていました。「ジェズアルド、こんなに沢山練習したけどちゃんと音楽できるかしら?お客さんは楽しんでくださるかしら??」という不安もありました。
しかしたった3~4ページに収められた濃厚な音楽を集中して演奏することができ、私たちが目指したい音楽も見えてきて、手ごたえを感じた演奏会となりました。
お客様は230名と会場の半分ほどでしたが、皆様笑顔で拍手してくださっていたように思います。
ご来場ありがとうございました。
何人かのお客様は私が大きなおなかだったことを覚えてらしたのか「お子さんは大きくなりました?」と話しかけてくださいました。はい!息子は2歳になり、「いやいや期」に突入しております。

終演後メンバーは名古屋泊ということで打ち上げに向かいましたが、私は実家で息子が待っているので帰宅。すでに息子は眠っていましたが、夜中に突然泣いて起きて、しばらく泣き続けていました。
この日は妹家族と一緒にトーマス展とプラレール博を見に行ったそうですが、途中で「ママ?いないね」とさびしそうにしていたとのこと。我慢して待っていてくれたのでしょう。夜はゆっくり二人で眠りました。


2日間お休みでしたので、実家でゆっくりさせてもらい、再び新幹線に乗って東京へ!!新幹線の中でもお利口にしていてくれたので助かりました。

9月28日、東京は雨・・・曇り・・・。あまり気持ち良いお天気とはいえませんでしたね。
メンバーは名古屋公演の録音を各自聴いて、反省して東京公演に臨みました!
d0047297_15551788.jpg東京公演ではバックの壁に簡単に省略した訳詩を縦に映し出すという、初めての試みをしました。私はとても雰囲気があってよかったと思います。略した訳詩でも十分音楽をわかりやすくしていましたし、ハクジュホールのバックにぴったり合っていました。

この日も最初は場所決め。名古屋では使用しなかったテオルボという楽器を使用するかもということで、場所決めにはじっくり時間をかけました。
今回名古屋も東京も譜面台を立てて演奏しましたが、これはメンバーの一人が足を悪くしており、その方の負担を少しでも減らそうということで使用しました。
リハーサルも2時間半みっちり。名古屋よりもよい演奏をしたいという気持ちが出すぎて上手くアンサンブルできないという状況も見られましたが、本番は落ち着いて、メンバー一丸となってよい演奏が出来たと思います。
私も名古屋の反省を生かし、緊張から体を固めないようにリラックスを心がけて歌いました。今私が出せる力は全部出し切って、歌い切ったという気持ちです。
お客さまも沢山ご来場いただき本当にありがとうございました。
終演後のご挨拶でもメンバーよりお客様のほうが興奮しているようにも思いました!!

d0047297_15553013.jpg衣装はラ・フォンテヴェルデ結成10周年ということで、東京はドレスアップ(名古屋はチラシと同じ全員真っ黒!)しました。
舞台に立つと地味に見えてしまうかなと思いましたが、このシルバーのドレス、意外と好評いただけたのでよかったです。

さてこの余韻に浸れたのも2日。
9月30日には秩父へ入り、10月1日から録音が開始されました。
9月30日といえば台風17(18?)号が東京を直撃した日でした。夜秩父へ入ろうと思っていたメンバーでしたが、東京接近が夜ということでしたので、早めに秩父へ移動しました。
私は息子がとーーーっても好きなニューレッドアローという特急に乗って秩父へ。このジェズアルドプロジェクト中、息子は頑張って待っていてくれたと思うので、今度NRAに乗せてあげようと考えています!!
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-10-06 00:00 | 演奏会報告

Gesualdo Project 

d0047297_15422359.jpg10月4日13時半、予定よりもすごく早く録音を終了することができました!
風邪をひくことなく、無事に全曲録音できて、本当にほっといたしました。

今回のプロジェクトは8月の集中練習から始まり、9月後半からは直前練習がみっちり入っていました。そして名古屋への遠征公演、東京での定期公演、そして4日間の録音と長期に渡っておりました。
特に直前練習が始まってからは、まともに夕飯を作ることもできず、家族は御惣菜やカレー三昧の夕飯を文句言わずに食べてくれました。また朝起きることが出来ず、目覚ましも聞こえず、爆睡している私も見守り、そっと出勤してくれた主人。主人もくたくたで帰宅しているにも関わらず、私が稽古から帰宅して動けず唸っていると「寝てていいよ」と息子をお風呂に入れ、寝かしつけ、皿洗いまでしてくれた主人。主人なくしては今回やり遂げることができませんでした。本当にありがとう!
また息子は連日預けられていたにも関わらず、「まま、おうた、れんしゅう。おわった~」と我慢して待っていてくれたことにも感謝です。お礼に大宮から東京まで憧れのMaxやまびこに、東京から名古屋は大好きな新幹線のぞみ号に乗ってもらいました。録音中は約1週間離れていたので、大大大好きなNRAに乗せてあげようかなと思っています。

名古屋公演では両親と妹家族に大変お世話になりました。録音中は義妹家族と義理の両親にも助けていただきました。こうした家族の温かいサポートにより、私の歌手活動が続けられること、心から感謝しています。

家族だけではありません。練習中は区のファミリーサポートを活用し、〇田さんにはいつも温かく息子を見ていただいています。大宮での練習がある時は、△田さんにお世話になりました。息子も「○田さん、△田さん」と呼び分け、見ていただいている時はのびのびの遊んでくれています。今回はどうしても息子を見ていただく方が見つからず困っていた日が1日ありましたが、歌手仲間からの紹介で以前1度見ていただいた□野さんにお願いすることができ、大変助かりました。
いろいろな方から「東京で子育てしながら音楽活動なさるのは大変でしょう」とお声をかけていただきますが、こうした温かい協力を得て頑張ることが出来ております。皆様に感謝感謝です。

セカンドアルバムは5月に発売予定です。きっときっとよいアルバムが出来上がると願っております。どうぞお楽しみに。

演奏会(名古屋と東京)報告は別にUPさせていただきます。
[PR]
by Mihokohoshi | 2012-10-05 15:47 | 演奏会報告