秋の三連休はお天気が不安定でしたね。
よって息子の運動会は雨天順延となり、「メサイヤ」本番と重なってしまいました…。

私としては、小雨であっても土曜日に開催してもらいたかったのですが、土曜日は午前中しっかり雨が降ってしまいましたから仕方ありませんね。
園児らが良いコンディションの園庭で、気持ちよく楽しく走ったり踊ったり競ったりできるように、先生方が考えた結果の順延だったと思います。
そして速やかに順延を決定し、前日には幼稚園から連絡をもらうことができたので、私も家族も心構えをして準備することができました。

指揮の先生からは「当日GPはソプラノの出番までに来てくれればいいからね」とお気遣いいただけたので、運動会のプログラムと、演奏会当日のタイムスケジュールと、乗換案内をにらめっこして考えた結果、開会式と1番最初の「かけっこ」は見られる、ダンスまではムリという結論に。

土曜日の夜、義理の両親が泊まりに来てくれたのですが、私は早めに就寝させていただき、日曜日当日は朝から5人分のお弁当を準備し、8時開門に合わせて無事登園しました。
そしてかけっこも応援して来ました!接戦を制し、見事1番!!
後ほど息子から話を聞いたのですが、練習でどうしても勝てなかった子が、本番は違うグループだったんだとか。運も味方につけて、三年間連続1番となりました。

息子の頑張りに感激し、勇気と元気をもらい、「今度は私が頑張る番だ」と、本番を迎えることができました!

会場はオペラシティコンサートホール。
よく響くホールで、レチタティーヴォでは客席で声がふわっと響き、気持ちよく歌うことができます。

本番では1030名を超すお客様がご来場下さり、三階席まで一杯でした。
オーケストラによる序曲が始まった時、最初のe:の和音にゾクゾクっとし、より良い緊張感と、このオーケストラと一緒に歌えることの喜びを噛み締めました。

合唱もパワフルに歌い、この合唱団特有のエネルギーを背中で受け止めながら聞いていました。
美しい和声だけでなく、劇的な表現を全員で一丸となって歌い表していたことが印象的でした。

今回は全曲演奏ということで、あまり歌う機会のない最後のアリアを演奏する機会をいただきました。最後の最後まで丁寧に歌えるように練習し、本番では集中力も体力も限界でしたが、オケに支えられ、歌いきることができました。

ここ10年は、体調を崩しながらメサイヤの本番を迎えることがほとんどでしたので、今回は風邪もひかず、幼稚園で大流行していたウイルスももらわず、元気に公演を迎えることができたことが嬉しかったです。

さて、次の演奏会は12/24。今年最後の演奏会です。
初めて「ガイヤ フィルハーモニック クアイヤ」という合唱団と共演させていただきます。曲目はシャルパンティエ作曲「真夜中のミサ」です。
久しぶりにソプラノの広瀬奈緒ちゃんとの共演なので、楽しみにしています。
今回の同級生は3人!!
d0047297_005715.jpg

10年ぶりに着た思い出のドレス。
d0047297_003776.jpg

[PR]
by Mihokohoshi | 2016-10-15 00:02 | 演奏会報告